役に立つ

悲しい現実…。日本の年間中絶数は自殺数よりも多い

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

日本の年間の中絶の数は自殺者より多いという雑学

妊娠は本来、とても希望にあふれたライフイベントのはずだ。多くの人々は、明るい未来を思い描き、その命の誕生を心待ちにすることだろう。

しかしすべてのケースがそうであるとは限らない。悲しいことに、その命が生まれる前に摘み取ってしまわざるをえないケースがある。いわゆる「中絶」だ。

そして日本での中絶数は、あなたが想像しているよりもずっと多いかもしれない…。

【生活雑学】日本の年間中絶数は自殺者より多い

孫ちゃん
この前学校でさ、妊娠とか中絶とかいわゆる性教育っていうの?そういう授業があったんだけど、なんか中絶ってやっぱり悲しいね。
おばあちゃん
当事者にならないと意識することはないだろうけど、日本の中絶の数は、国内の自殺者数の6倍にもなるんだよ。報告されてない分まで入れたらもっと多いんだろうね。

【雑学解説】妊娠したうち、6人に1人は中絶の道を辿っている

公表されている日本の年間自殺者数は、ここ数年の間およそ2~3万人前後を推移している。直近8年で見ると減少傾向にあるが、それでも先進国の中ではダントツだ。

海外と比べ、日本人にはそんなに何か、思い悩んでいる人が多いというのだろうか…この数字だけでも十分にショッキングである。

…しかしそれに対して年間の中絶数は、なんと6倍近くの18万人前後にも及ぶ。

厚生労働省は「平成30年(2018)人口動態統計の年間推計」で2018年の出生者数の年間推計を92万1千人と発表している。そのため5人の子供がいたらその影に1人、この世に誕生出来なかった命が隠れていることになる。1クラスだったら、だいたい5~6人…そう考えると、この問題がいかに深刻なものかがわかる。

孫ちゃん
中絶って、結局はお腹にいる命を殺しちゃうってことだもんね…。なんかな~…。つらいな~…。

中絶の実態

まず、中絶には下記の2種類がある。

  • 自然妊娠中絶
  • 人工妊娠中絶

前者は、いわゆる「流産」。何らかの原因により、妊娠22週目よりも前に妊娠を終えてしまった状態…つまり故意ではない中絶のことを表す。

後者は我々が「中絶」と口にするものである。今回取り上げている18万人前後という数字は、この人工妊娠中絶の件数だ。しかし流産も中絶も、実際は公表されている数字より遥かに多いという。

スポンサーリンク

報告されていない隠れた中絶の存在

流産に関しては、妊娠0週〜3週の早い段階で、妊婦本人が気づかないまま妊娠・流産をしてしまうケースがあるのだとか。…たしかに、男性にも負けないくらい仕事を頑張る女性が多い現代の日本では、こういったことは起こりやすいのかもしれない。

一方、中絶が公表されている数字を上回っているとされる理由は、悲しいことに、違法中絶(ヤミ中絶)をしてしまうケースがあるからである。

当然だが中絶は簡単に行えるものではなく、法律で決められた条件が整っている場合にのみできることだ。法律を破って中絶をした場合、公的機関には報告されず、中絶数にもカウントされないのである。

おばあちゃん
人工妊娠中絶ができるのは妊娠22週未満で、なおかつ施術できるのは、母体保護法で定められた指定医のみって決められてるからね。

違法中絶はクリニックにて行われることもあれば、なんと海外で出回っている中絶薬をインターネットで手に入れて、自分で違法中絶を行ってしまう人もいるという。もちろん、日本の法律で薬を用いた人工中絶は認められていない。

子どもを産むかどうかというのは、最終的には親の決めることだ。しかし軽はずみにしてはいけないことだからこそ、中絶にも法律が設けられていると忘れてはいけない。

【追加雑学①】中絶件数自体は減少傾向にある

日本における中絶件数の多さには正直驚いたが、ここで朗報だ! 実はこの中絶件数は近年、徐々に減少している。2012年にはおよそ19万6千人だったものが、2016年には16万8千人まで下がってきているのだ。

厚生労働省の資料によると、特に10代の中絶件数が下がっていることが分かる。

欧米諸国のようにオープンではない日本は、これまで性教育が遅れていることを指摘されてきた。しかし近年、若者の間に正しい性知識が浸透してきているということだろうか。

孫ちゃん
でもこれも結局、「報告された数としては」ってことでしょ?
おばあちゃん
まぁそうだろうね。中絶は母体への影響もあるから減ってほしい気持ちもあるけど、そうせざるを得ない事情がある場合も多いからねぇ…。

変わりつつある日本の性教育

10代の若者の中絶件数が特に少ない富山県富山市では、産婦人科医たちが直接小・中・高校に出向いて、性教育に関する授業を行なっているとニュースにもなっている。

コンドームの値段、キスの断り方など、かなりストレートに性知識を教えているようだ。すごい…ちょっと前なら、子どもにはとても教えてもらえないようなことばかりではないか。

こういったことは、多感な時期に聞くとちょっと恥ずかしい内容かもしれない。しかし妊娠はできても責任の取れないその年齢だからこそ、性教育が必要なのだ。

孫ちゃん
いや、うん、たしかにこの前の授業は正直恥ずかしかった。でもなんだろ、先生が淡々と話してくれたからかな、結構みんなちゃんと聞いてたよ。
おばあちゃん
今は情報もすぐ手に入るしそういうことに興味を持つ時期だろうけど、「自分を守る」「相手を守る」「心と体を傷付けないようにする」って意味では、ストレートな性教育が必要かもしれないね。

雑学まとめ

自殺者の数にしても多いといわれる日本だが、中絶の数はその約6倍にもなることには驚かされた。しかも報告されていない違法中絶を含めると、さらに数は膨れ上がる。

中絶はデリケートな問題だけに、やはり第三者は首を突っ込みにくい。紹介したような教育の変化が、この先の日本をさらに変えていってくれることを期待しよう。

おばあちゃん
中絶は体だけじゃなくて心も傷つくからね。とりあえず、避妊もしてくれないような男ならあんたから振ってやんな!おばあちゃんからはこれだけ。
孫ちゃん
はっ、はいっ!しっかり心に留めておきますっ!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー