コンドームの選び方

初心者はどんなコンドームを選ぶべき?おすすめ商品はコレだ!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

初心者はどんなコンドームを選ぶべき?という雑学

彼女との初エッチ…その最大の難関となるのはコンドームの装着でしょう。

初めてとはいえ、彼女の前ではかっこつけたいのが男の心理。コンドームを着けるのにモタモタするのは絶対に避けたいし、失敗して途中で外れたりなんかしたら、それこそかっこ悪い…。

【性の雑学】初心者はどんなコンドームを選ぶべき?

今回はそんなあなたに向けて。実はコンドームにも失敗しにくい初心者向けがあることを知っていますか?

初心者におすすめのコンドームとは?

「コンドームなんてどれも同じじゃないの?」と思ってしまいがちですが、初心者におすすめの失敗しにくいコンドームはたしかにあります。

ポイントは”厚めで伸縮性があるもの”を選ぶこと。以下のラインナップを参考に、自分に合いそうなものを探してみてください!

厚めで値段も手ごろな「オカモト ベネトン」

最初におすすめするのは、「オカモト ベネトン」。オカモトがイタリアのアパレルブランドとコラボした、オシャレなパッケージが売りのコンドームですね。

「え? これってオシャレなだけで普通のコンドームじゃないの?」とか思いました? 普通だからいいんです。

流行りの0.01〜0.02ミリなどの薄型は伸縮性に劣るので、装着するのにちょっとコツがいるんですよね。その点ベネトンは0.05ミリほどと厚めで伸縮性があり、巻き下ろしがスムーズにいきます。

そしてお値段も6個入りで500円ほどと、とってもリーズナブル。これなら練習に1つぐらい使ってももったいなくないですよね!

空気抜きがしやすい「グラマラスバタフライ」

ジェクス社の「グラマラスバタフライ」はジェルトップ加工といって、先端のくぼみにゼリーがたっぷり入ったちょっとおもしろい構造になっています。装着するとコンドームの中からゼリーが飛び出る仕組みで、挿入時に先端からジワっと広がる感じ。

そんな濡れにくい女性も安心のコンドームですが、この加工の利点はもうひとつあります。

コンドームを着けるときって、先端をつまんで空気が入らないようにしますよね? グラマラスバタフライは先端にゼリーが入っているので、その重みでより、空気が入りにくいんです。

装着しやすいうえにゼリーたっぷりで女の子にも優しい。これは初心者にバッチリですね!

伸縮性抜群!「SKYN」シリーズ

伸縮性でいうと、国内で唯一イソプレンラバー素材を使っている不二ラテックスの「SKYN(https://www.fujilatex-healthcare.jp/products/condom/brand/skyn/index.html)」シリーズは隋一でしょう。着けやすいのはもちろん、肌にフィットするので使用感も◎。アレルギーなどでラテックス製が苦手な人にもおすすめですね。

難点をいうと、5個入りで900円とちょっぴり高いので、練習には使いにくいかなー…ということぐらい。ただ値段だけの価値があるのは間違いありません。とりあえず高級感がすごい。

早漏も安心「サガミ009」「ニューゴクアツ」

厚めのコンドームの利点といえば装着しやすいこと以外にも、感度がほどよい感じになり、ロングプレイを楽しめることにありますよね。そんなロングプレイに特化した極厚タイプのコンドームが、相模ゴム工業の「サガミ009」やオカモトの「ニューゴクアツ」です。

初心者の人は特にセックスに慣れていないぶん「予想外に早くイってしまった…」ということもありがちですし。

また「極厚タイプを使ってるって女の子はどう思うんだろう…」みたいな心配も無用。むしろ分厚いほうが破れたりしなさそうで安心という人が多いです。

もったいなくても一度は自宅で練習を!

…と、ここまで装着しやすいコンドームをいくつか紹介してきましたが、いくら初心者向けといっても、ぶっつけ本番だと失敗する確率が高いです。セックスの前に一度は自宅で練習しておきましょう。

実際「コンドームの着け方ぐらい…」と思っていても、使い方を間違ってる人は多いんです。そのせいでコンドームの避妊失敗率も平均14%まで上がってしまっています。

特に空気抜きや皮になじませる行程はやってみないとわからないものなので、以下の動画などを参考に練習しておきましょう。

雑学まとめ

コンドームは、初心者のうちは厚めで伸縮性のあるものを選ぶのが◎。薄いものを試してみたくなる気持ちもわかりますが、それは装着にもセックスにも慣れて余裕が出てきてからのお楽しみ。

気持ちよさも重要ですが、何よりきちんと装着できていないとコンドームの意味がないですからね。それに気に入ってずっと使ってる人もいるぐらいですから、厚めだって侮れないですよ!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー