肉・魚

雪国らしいグルメ!北海道では魚を凍らせて食べる料理がある【ルイベ】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

魚を凍らせたまま食べる地域があるという雑学

ニシンのルイベ

刺身や焼き魚など、魚にはいろいろな食べ方がある。生魚は苦手でも煮魚なら好きというように、調理法によって好き嫌いが分かれる人もいるだろう。

日本には魚を凍らせたまま食べる地域があるそうだ。凍らせるのは調理法ではなく保存法では…? しかも凍らせたままって、噛み切れるのか…? 今回の雑学では、いったいどんな料理なのかを調べてみたぞ!

【食べ物雑学】魚を凍らせたまま食べる地域がある

ガリガリさん
北海道の郷土料理の『ルイベ』はサケやマスなどの魚を凍らせて作って、解凍せずにそのまま食べるんだ。
ぷよぷよくん
え…それって美味しいの?

【雑学解説】ルイベは魚を凍らせて作る北海道の郷土料理

ルイベは魚を凍らせて作る北海道の郷土料理についてのトリビア

サケのルイベ

魚を凍らせたまま食べる地域というのは、北海道らしい。雪国の北海道なら、冬は魚が簡単に凍ってしまうだろう。しかし、食べるときは解凍したほうが食べやすいと思うのだが…。

北海道にはいろいろな郷土料理がある。魚を凍らせて食べるのも郷土料理の1つで、「ルイベ」という料理だ。ルイベは北海道に住むアイヌ民族の料理が発祥であり、アイヌ語で「溶けた食べ物」を意味する「ル・イペ」が名前の由来である。

ぷよぷよくん
不思議な名前だと思ったけど、アイヌ語だったんだね。

アイヌ民族は秋の北海道でよく獲れるサケなどの魚を雪に埋め、凍らせていた。雪が自然の冷凍庫だったのだろう。そして凍ったサケから食べる量を切り分け、火で少し溶かしてから食べていたようだ。

このアイヌ民族の料理から発展したのが、現在のルイベである。現在のルイベはサケ以外にも、マスやイカなど北海道の海の幸で作られる。実際にルイベを作り食べている動画を発見したので、見てみよう。

ガリガリさん
イカの内臓のルイベか…酒も進みそうだな。
ぷよぷよくん
イカの内臓がウニみたいな味になるの?!食べたい…食べたい…食べたい…

おいしそう…! ルイベがあれば白米がいくらでも食べられそうだ。動画を見るとカチンコチンに凍った状態で食べるのではなく、包丁で切れる程度まで解凍していると思われる。半解凍のルイベが舌の上でとろけるのを想像したら、よだれが出てきた…。

ルイベは販売もされており、気軽に購入できる。食べたいけれど北海道旅行の予定がない人は、北海道物産展などで探してみるといいぞ!

スポンサーリンク

【追加雑学】一度は食べてみたい魅力的な北海道グルメ

ルイベ以外にも、北海道にはたくさんの魅力的なグルメがある。鳥のからあげの「ザンギ」や羊肉の「ジンギスカン」などは、有名なので知っている人も多いだろう。

ぷよぷよくん
名前を聞くだけでよだれが出てきちゃうよ…

そこで今回は、ザンギやジンギスカンほどの知名度はないけれど、北海道では広く親しまれているグルメを紹介していこう。北海道を訪れたときには、ぜひ味わってみてほしい。

室蘭焼き鳥
室蘭焼き鳥についてのトリビア

室蘭焼き鳥

焼き鳥は串に刺した鶏肉を焼いて食べる、日本人にとっては馴染み深い料理だ。北海道の室蘭市にも焼き鳥屋さんがあるが、室蘭市では一般的な焼き鳥とは違う焼き鳥を食べることができるぞ!

「室蘭焼き鳥」と呼ばれる焼き鳥は、タマネギと一緒に豚肉を串に刺して焼く。鶏肉を使わないなら、焼き鳥ではなく焼き豚では…? しかし、名前は焼き鳥だ。

なぜ豚肉なのに焼き鳥なのか。昔は今のように鶏肉がいつでも手に入る時代ではなかったため、室蘭市では焼き鳥屋さんで渡り鳥の焼き鳥が販売されていたらしい。渡り鳥を食べるとは、ワイルドな焼き鳥である。

ぷよぷよくん
渡り鳥の焼き鳥…いったいどんな味がするんだろう?気になるなぁ…

昔の室蘭では養豚が行われ、渡り鳥のほかに豚の肉や内臓の串焼きも食べられていた。渡り鳥は鳥の訪れるシーズンにしか捕獲できないことから、地元で調達できる豚焼き鳥屋さんの定番メニューになり、「焼き鳥=豚」となったようだ。

ちなみに、鶏肉の焼き鳥は「鶏精(とりせい)」や、「鶏精肉(とりせいにく)」と呼ばれている。精肉とは、お店で売っているような、カットされすぐに調理できる肉を意味する。室蘭で焼き鳥を食べるときのために、覚えておこう!

山わさび
山わさびについてのトリビア

山わさび

北海道グルメでわさび? わさびはお刺身やお寿司にちょっとつけるだけで、それを目的とする食べ物ではない気がする。むしろ、わさびをそのまま食べろといわれたら遠慮したい…!

わさびはわさびでも、北海道グルメのわさびは「山わさび」という名前だ。お刺身などにつけるわさびとは違う種類のわさびで、粗くすりおろして醤油をかけ、ご飯にのせたりおにぎりの具にしたりする。

わさびおにぎりなんて、罰ゲームでは…? だが、ピリッとした刺激とツーンとした香りがクセになると、人気のグルメなのである。辛いものが好きな人におすすめだぞ!

ガリガリさん
山わさびは別名『ホースラディッシュ』とも呼ばれていて、市販の練りわさびに入っていたりするぜ。
タチ
タチについてのトリビア

タチの味噌汁

冬の北海道でよく食べられるのが、タチである。タチはタラという魚の白子と呼ばれる部位、つまり精巣だ。北海道では冬になるとスーパーでもタチが販売されており、家庭でも気軽に食べられている。

タチは家庭ではお味噌汁の具にすることが多い。居酒屋などの飲食店では、ゆでたタチにポン酢をかけた「タチポン」が定番メニューだ。タチポン、響きがかわいい。

タラの白子はクリーミーな味わいが楽しめるが、見た目が脳みそに似ていると感じ、苦手な人もいるようだ。冬の北海道を訪れたときには、食べてみてはいかがだろう。

ぷよぷよくん
精巣とか見た目が脳みそっぽいっていわれるとちょっと戸惑っちゃうけど、クリーミーな味わいっていうのにはすごく惹かれるなぁ…うふふ…

雑学まとめ

「ルイベ」についての雑学、いかがだっただろうか。魚を凍らせたまま食べる地域というのは、北海道だった。北海道は海産物が有名だが、お寿司やお刺身といった生魚の印象が強い。まさか凍らせて食べていたとは…。予想外すぎる。

北海道だけでなく、日本各地にはその土地でしか味わえないグルメがある。旅行の際には、その土地のおいしいものを思う存分味わおう!

ぷよぷよくん
北海道グルメ、奥が深いね…ガリガリさん、ボクと一緒に旅…
ガリガリさん
男と2人旅は絶対嫌だぜ。特にお前とは。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー