料理

使い分けたい!チーズ用のナイフが波打っている理由とは?

チーズ用のナイフが波打っている理由に関する雑学

チーズを食べようとナイフ入刀! 次の瞬間、悲鳴が上がり惨劇が目の前に広がった。

ワインのコルクを抜いて、いざアペリティフ(食前酒)という大事なとき、おしゃれな空気がガラガラと崩れ去った…。

「どうして、波打ってるチーズナイフを使わなかったんだぁ~!」

・・・という夢を最近見た。だが、筆者はチーズナイフをもっていない。チーズ用の波打つナイフは普通のナイフと何が違うのか、それを知っていればあのときの惨劇を防げたかもしれない!

【食べ物雑学】チーズ用のナイフが波打っている理由とは?

普通のナイフや包丁と異なり、波打つことで摩擦を減らし、チーズがくっつきにくくなる!

【雑学解説】チーズ用のナイフは波打っている理由は摩擦

健康を気にする人を中心に、発酵食品が大人気だ。中でもチーズはコンビニやスーパーで手軽に手に入れられる。カマンベール・モッツァレラ・青カビ・ヤギ乳チーズなど、その種類も豊富だ。

包丁でチーズを切った経験のある人は、切るのに苦労したのではないだろうか? 刃にチーズがベットリつき、しかも無残につぶれてしまうのだ。そこで、チーズ用の波打ったナイフの登場となる!

チーズ用のナイフが波形になっているのには、深いワケがある。チーズナイフの波形の刃は、チーズと触れる面が小さくなるので、刃にベタっとチーズがくっつくこともなく、キレイに切ることができるのだ。波形には摩擦を少なくする役目があった。

それに切断面が波打ったクリンクルカットという飾り切りになり、見た目も楽しくお皿にオシャレに盛りつけることができる。

なぜ刃に穴が空いている?

定番のチーズナイフに、刃に穴が空いたタイプのチーズナイフがある。この穴もまた波形のナイフと同じように、チーズと刃の摩擦を小さくして切りやすくするためのものだ。

特にやわらかいチーズを切るとき、空いている穴のおかげで刃の通りがよくなり、キレイにカットできる。

スポンサーリンク

先端が割れてるのはなぜ?

先端が二股に割れているチーズナイフをよく目にする。この先端が割れているのはどうしてか、どのように使うか疑問に思う人も多いようだ。

この割れている先端はピックと呼ばれ、切り分けたチーズを軽く引っかけて、取り分け用の皿に移すときに使うのだ。

切り分けたチーズをうっかり触ると、ベッタリとくっついたり、崩れたり体温で溶けたりして、せっかくのチーズのおいしさが台無しになりかねない。それを防いでくれるので、しっかり活用しよう。

【追加トリビア】様々な種類のチーズナイフ

チーズ用ナイフは、いろいろなチーズに合わせて様々な形状をしたものがある。一種類のチーズごとに一つのナイフがあるのかと思うほどの豊富さだ…というのはいい過ぎか。

こんな分け方はチーズ通には怒られそうだが…ざっくりと大まかに分けると、チーズはハードとソフトの2種類になるので、それぞれに合ったナイフをご紹介しよう。

ハードタイプ用

ハードタイプのチーズには、

  • 薄く削るスライサー型のナイフ
  • 突き刺して砕く短い刃のナイフ
  • 両端に取っ手があるナイフ
  • チーズを粉チーズにかえるチーズグレーター
  • 花びらのように美しく削れるジロール

などがある。

ソフトタイプ用

ソフトタイプのチーズを切るときは、すでに紹介した波形のナイフがオーソドックスだ。また、刃に穴が空いたナイフもやわらかいチーズをカットするのにうってつけだ。

だが、もろくてホロホロ崩れやすい青カビタイプのチーズなどは、ピアノ線のチーズカッターや鋭角な形の短い刃をしたクロタンナイフ(シェーブルナイフ)がオススメになる。

トリビアまとめ

チーズ用ナイフは、チーズの固さや形に合わせて様々な種類がある。その中で、ソフトチーズを切るときは、オーソドックスな刃が波打っているタイプのチーズナイフを使おう。

この波形がチーズとの摩擦を減らし、刃にくっつきにくくするから、テクニックいらずで上手にカットできるのだ。

この波形のチーズナイフがあれば、華麗なチーズのオードブルが作れて、ワインやシャンパンで楽しいアペロ(フランスの軽食パーティー)が楽しめるぞ!

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.