コンドームの使い方

実は大事。使い終わったコンドームの処理ってどうすればいいの?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

使い終わったコンドームの処理についての雑学

みなさんは使い終わったあとのコンドームの処理ってどうしてますか? 「コンドームの処理…? 避妊さえできりゃいいじゃん!」って? …いやいや、コンドームを使い終わったあとの扱い方って、意外と重要なんですよ!

「何ゴミになるの?」のような疑問もあれば、避妊に関する気を遣うべきポイントも。せっかく気持ちよくセックスできたなら、事後も後腐れなくいきたいところです。

【性の雑学】使い終わったコンドームの処理ってどうすればいいの?

今回はそんな使用済みコンドームの処理の仕方について、詳しく迫っていきましょう!

コンドームは射精したらすぐに処理

まずコンドームの処理において重要なことは、射精し終わったらとにかくすみやかに片付けることです。射精が終わっても挿入したままにしておくと、コンドームが外れたり、隙間から精液が漏れ出したりということにもなりかねません。

また膣外に出してからも、精液が漏れないように注意してペニスから外すようにしましょう。そして外したらすぐにコンドームの口を縛ること。精液は身体につくとベトベトなってなかなか取れないですし、臭いも残ります。シーツや部屋の床に垂れてしまうのもいただけません…。

コンドームが破れていないか確認するのも大切!

コンドームをペニスから外して口を縛るタイミングで確認しておきたいのが、破れている箇所がないかです。コンドームをしているからそれでOK! ではなく、ちゃんと役目を果たしたか毎回見届ける癖をつけましょう。

外している彼に向かって「破れてない?」と確認するのもいいですね。

万が一避妊に失敗していたとしても、ここでコンドームが破れていることを発見できれば、病院でアフターピルを処方してもらうことで妊娠を防ぐことができます。

ものにもよりますが、アフターピルが効果を発揮するのはだいたいセックスから72時間以内に服用した場合です。このことからも、事後にすぐコンドームの破損を確認するのが大切だとわかりますね。

コンドームを捨てるときはティッシュに包むなどの配慮を

コンドームはほかのゴミと一緒に燃やせるので、可燃ゴミとして問題なく捨てることができます。しかしそのままゴミ箱にポイ! というのは品がありませんよね。

もちろんゴムは水に溶けないのでトイレに流すのもダメ。捨てるときはティッシュで包むか、コンビニの袋などに入れて中身がわからないようにしておきましょう。

そうすれば部屋に臭いが広がることもありませんし、ゴミ捨ての際にご近所さんに中身を見られて恥ずかしい…なんてこともありません。

またホテルを利用するときなんかも、コンドームをわからないようにしておくのはスタッフさんへのエチケットです。私は客室清掃のバイトをしていたことがあるのですが、ゴミ箱から精液の臭いが漂っていて不快な思いをしたことが何度もありました…。

コンドームの再利用は絶対にNG

まさかとは思いますが…なかにはもったいないからといって、一度使ったコンドームを洗って再利用している人もいるかもしれません。いうまでもありませんが、これは絶対にNGです。

精液は洗ったからといって完全に取れるようなものではありませんし、コンドームは一度使うと、ゴムが伸びて使い物になりません。前回の精液が残っていたり、隙間から漏れ出したりなどで、避妊に失敗してしまう可能性があります。

もったいないといってコンドームを惜しんだ結果、妊娠したり性病になったりすれば、そっちのほうがよっぽどお金がかかります。

セックスの後、パートナーとうまく接するには?

コンドームの処理についてはここまで。そしてここからはそれと同じぐらい頭を悩ませるであろう、終わったあとのパートナーとの接し方について触れていきましょう。

女性からしてみると、セックスはその最中だけではなく、終わったあとに彼とイチャイチャするのもまた楽しみだったりします。しかし、セックスが終わるや否や彼にそっけない態度を取られてしまった経験がある人も多いはず。

「賢者タイム」という言葉があるように、男性は射精の直後、一時的に性欲がなくなってしまいます。

女性が受精することに限りはありませんが、男性の精液には限りがありますから、ずっと性欲が続いては大変。射精すると性欲が減衰してしまうのは本能上、仕方がないことなのです。

この点を踏まえておけば、セックスの後に彼の態度が急変しても不安にならずに済むでしょう。とはいえどうしても構ってほしい場合は、「そういう気分じゃないのはわかってるけど、ちょっとだけ抱きしめてほしい」などと伝えると、冷めていた彼もキュンとくるかもしれませんね。

雑学まとめ

コンドームはセックスの道具というデリケートな側面がある以上、その処理にしても気を配っておく必要があります。

せっかく避妊しているのに最後の最後に精液が漏れてしまっては元も子もないですし、破れがないかを見て、ちゃんと避妊できているかを確認するのも大切。またそのまま捨ててしまっても気分のいいものではありません。

セックスをする年ごろになれば、もう立派な大人。事後の処理も責任感をもって行いましょう!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー