コンドームの悩み

コンドーム忘れたけどエッチはしたい…どうする?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

【性の雑学】コンドーム忘れたけどエッチはしたい…どうする?

「パートナーといい雰囲気になって今すぐエッチしたいけど、コンドームがない! わざわざ買いに行くのもめんどうだし…」

これっていかにもありがちなシチュエーションですよね…。こんなとき「今日ぐらい、いいじゃん」って、そのままやっちゃう人もけっこう多いのでは?

しかし本当のところ、コンドームなしのエッチはどんなやり方でもやめておいたほうがいいんです。

【性の雑学】コンドーム忘れたけどエッチはしたい…どうする?

今回は「コンドーム忘れた! どうする?」というそんな展開から、コンドームの重要性を解説していきます。「そのままやっちゃう」という人も、記事を参考によく考え直してみてください!

外出しは避妊にならない

まずコンドームなしで挿入をした時点で、外出しだろうと安全日だろうと、妊娠のリスクはけっこう高いです。

「外出しすれば大丈夫」と思っている人は多いですが、精子は射精前のカウパーのなかにも微量に含まれているので、これは避妊にはなりません。

そして女性の月経周期は体調などで常に変化するので、安全日を完全に予想することもできません。精子は放出後も4~5日は生き続けるといいますから、そのあいだに排卵日がくることも十分にあり得ます。

排卵日とセックスのタイミングが重なったときの妊娠率は20代で30~50%ほど。とても「一回ぐらい大丈夫」なんて言える確率じゃないですよね。妊娠を望まないなら、いかなる場合もコンドームなしの挿入はNGです。

またたとえ挿入していなくても、女性器の付近に精子が付着した程度でも妊娠の確率はあります。精子ってそれぐらいでも、膣のなかまで泳いでいけちゃうものなんですよ。

口での愛撫でも性病は移る

「今日はコンドーム忘れたから、挿入なしでエッチしよう」という場合でも、油断はできません。

たとえばコンドームを着けずに口での愛撫をしている人って、割に多いんじゃないですか? これはパートナーが性病をもっていたとしたら、挿入していなくても口からの感染を許してしまうことになります。

「私は彼一人だし、彼も性病はないって言ってたから大丈夫」などという人もいるでしょう。しかし、どんな人でもないとは言い切れないのが性病なんです。

クラミジアのような症状がわかりにくいものもありますし、HPV(ヒトパピローマウイルス)になると、男性は検査の方法が確立されていないので、知らずに感染している場合もあります。

HPVは口から感染すると口腔がんや舌がんの原因にも…。こういった性病予防の観点から、コンドームなしで性器を愛撫するのはNGなんです。

男女ともにコンドームを常備しておくのがおすすめ

結論、コンドームなしでエッチをするのって、挿入してもしなくても、割にリスクがあるものなんですよね…。

それならいつ何時そういう雰囲気になってもいいように、常備しておきましょう。女性は少し恥ずかしいかもしれませんが、男女ともに携帯しておけば、どちらかが忘れても安心です。

Amazonなどで注文すれば買うのも恥ずかしくないですし、今はオカモトの「ラブドーム」や、ジェクス社の「グラマラスバタフライ」など、可愛くて女性が携帯しやすいパッケージのものも多いんですよ。

チョコフレーバーのコンドームなら愛撫もしやすいですね!

せっかくいいムードになったのに、「今日はコンドームがないから」といって抑えられるような人は稀です。それが人間の本能ですから。

雑学まとめ

コンドームなしでエッチをすると、外出しでも安全日でも妊娠の確率があるし、挿入をしなくても性病などのリスクがあります。そんな不安を残したままエッチしても気持ちよくないですよね。

せっかくなら毎回コンドームを着けて、ちゃんと最後までエッチを楽しみましょう! 結局それが一番安全で、一番気持ちいいんです。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー