健康

保険適用で爆睡できる!不眠解消におすすめな"シーパップ(CPAP)"とは?【動画】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

爆睡できる「シーパップ(CPAP)」に関する雑学

あなたは毎日ぐっすりと眠れているだろうか? 実は日本人の成人の5人に1人が不眠に悩んでいるらしい。「しっかりと寝ているはずなのに、疲れがとれない…」という場合は要注意である。

では、手っ取り早く熟睡できる方法はないのだろうか? …実はある! それは「シーパップ(CPAP)」を使用する治療法だ。今回は、シーパップに関する雑学を紹介していくぞ。

【人体雑学】これさえあれば爆睡できる「シーパップ(CPAP)」とは?

科学者くん
ボクのお父さん、最近夜しっかり寝られてないみたい…ちょっと心配です。
ダヴィンチさん
なるほど…。もしも睡眠時無呼吸症候群が原因の不眠ならば、『シーパップ』という治療法があるよ。気道に空気を送ることで無呼吸を防止し、快適な睡眠を得やすくなるんだ。

【雑学解説】睡眠時無呼吸症候群による睡眠不足には「シーパップ療法」が有効

睡眠時無呼吸症候群による睡眠不足には「シーパップ療法」が有効というトリビア

熟睡できない原因はさまざまだが、そのひとつに無呼吸症候群という病気が隠れている可能性がある。以下の症状に当てはまる人は注意が必要だ!

  • 大きないびきをかく
  • 睡眠時に呼吸が止まっていると指摘される
  • 肥満気味である
  • 寝ても疲れがとれない
  • 日中に眠くなることがある
科学者くん
お父さん、そんなに太ってはないけど…ほかは当てはまってるかも…。
ダヴィンチさん
やせ型でもこの病気にかかってしまうことはあるよ。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に無呼吸になってしまう病気のことである。そのまんまだが…。生まれつき顎が小さい人肥満の人は上気道が狭くなりやすく、特にリスクが高いといわれているぞ。

睡眠時に呼吸が止まっているのだから、それは熟睡できるはずがない。そんな状況を助けてくれるのが、今回キーワードとなる「シーパップ」だ!

シーパップとは、鼻に装着したマスクから空気を送ることで、気道を広げて睡眠中の無呼吸を防ぐ治療法である。装置によって無呼吸を防ぐことで、快適な睡眠が得られるというわけだ。

こちらの動画は、実際にシーパップ療法行なった「なかじさん」によるレポートである。

科学者くん
けっこう大掛かりな装置なんですね~!

動画の中ではシーパップの装置も登場する。「チューブ長っ」とツッコんだのは、おそらく筆者だけではないだろう。人工呼吸器のような感じで、最初は装着するのが怖いかもしれない。

スポンサーリンク

【追加雑学①】「シーパップ療法」は保険適用される

シーパップ療法に欠かせないのが、先ほど動画でも登場したシーパップ装置だ。当たり前だが、家電量販店などでは購入できない。では、シーパップ療法を受けるためには入院しなければいけないのだろうか?

答えはNOである。シーパップ装置は医療機関からレンタルして、自宅で使うのが一般的だ。入院しなくてよいのは嬉しい! しかも、一定の条件を満たせば保険適用となる。

ダヴィンチさん
定期的な通院は必要になるけど、入院せずに病気を治すことができるんだからありがたいよね。

3割負担の場合、毎月5,000円程度で治療が受けられるそうだ。「自分は無呼吸症候群かも…」と思っている人は、一度医療機関を受診してみてはいかがだろうか。

【追加雑学②】「シーパップ療法」に副作用はあるの?

「シーパップ療法」に副作用はあるの?というトリビア

もうひとつ気になるのが、シーパップ療法の副作用についてだ。筆者の勝手なイメージだが、「なんだか苦しそう」「一晩中つけているのは怖い」と感じてしまった。

調べてみたところ、シーパップ療法自体に副作用はない。ただし、鼻・口の乾燥や痛みを感じることはあるらしい。治療自体に副作用はないが、不快感や痛みを感じる可能性はゼロではないということだ。

雑学まとめ

今回は、睡眠時無呼吸症候群の治療法「シーパップ療法」をについて紹介してきた。筆者の母親も睡眠時に呼吸が止まってしまうことがあり、少し気になっていたところだ。

睡眠時無呼吸症候群の患者は、心筋梗塞や脳卒中になるリスクも高い。単に「熟睡できない」「疲れがとれない」という問題だけではないのだ。自分、もしくは家族に睡眠時無呼吸症候群の疑いがある人は、医療機関を受診したほうがよいかもしれない。

科学者くん
ボクのお父さん、いびきがすごくうるさいしときどき止まる…もしかしたら睡眠時無呼吸症候群かもしれないんですね…。
ダヴィンチさん
キミのお父さんがこの病気に当てはまるかはまだ分からないから、一度病院で診てもらった方がいいと思うよ。とにかく寝づらさが改善されると良いよね。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー