犬・猫

外国由来だった!日本の犬の名前に"ポチ"が多い理由とは?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

犬の名前の「ポチ」の由来は?に関する雑学

昔ながらの犬の名前の定番といえば「ポチ」だろう。国民的アニメ「サザエさん」の登場人物である伊佐坂(いささか)先生が飼っている犬の名前も「ポチ」だ。

でも、どうして「ポチ」という名前なのだろうか? 何か由来があるのだろうか? そう! 「ポチ」という名前にはちゃんとした由来があるのだ。

犬好きなら知っておきたい、「ポチ」にまつわる雑学を解説していこう。

【動物雑学】犬の名前の「ポチ」の由来は?

ウサギちゃん
犬の名前の定番の1つである『ポチ』は、フランス語で『小さい』を意味する『petit(プチ)』が由来とされているんだよ。
ライオンくん
『ポチ』ってスゲェ和風なイメージだったんだけど…意外にオシャレな由来だったんだな!

【雑学解説】「ポチ」は外来語発祥だった!

「ポチ」は外来語発祥だった!というトリビア

「ポチ」という名称が付けられたのは、鎖国が終わって、海外との交流が始まった明治時代ごろだと考えられている。

ある日、フランス語圏の宣教師が小さな犬を見て「Petit.」と言った。これは「プチ」という発音なのだが、日本人の耳には「プチ」が「ポチ」に聞こえたのだ。

そして日本人は「あ、外国じゃ犬のことを「ポチ」って呼ぶんだ!」と思ってしまい、犬の名づけに「ポチ」という名前が使われるようになったという説がある。

ライオンくん
聞き間違いが由来…まぁありがちだよな。

ちなみに、フランス語の「petit(プチ)」説以外にも、「ポチ」の由来となった言葉がいくつかある。

  • 英語の「pooch(プーチ=犬のこと)」
  • 英語の「spotty(スポッティ=ブチ犬)」
  • チェコ語の「pojd'(ポチュ=来い)」

どれも外国語由来なので、「petit(プチ)」同様、日本人が「海外では犬をそう呼ぶのか」と勘違いして「ポチ」になったと考えられる。

ウサギちゃん
こんな風にいろんな説があるけど、どれが正しいかはまだ決着がついていないみたいなんだ。

スポンサーリンク

【追加雑学】猫の名前の「たま」はどんな由来?

猫の名前の「たま」はどんな由来?というトリビア

さて、犬といえば「ポチ」だが、猫といえば「たま」を思いつく人は多いだろう。「ポチ」同様、国民的アニメの「サザエさん」では、磯野家の飼い猫の名前は「たま」となっている。それほど、「たま」という猫の名前は定番なのだ。

それでは、「たま」の由来はどうなっているのだろうか? 実は、外国語由来の「ポチ」とは違い、「たま」は日本語由来の名前である。由来として挙げられる説は、以下の通りだ。

  • 猫が日本に来た当時、珍しかったことから「宝玉(ほうぎょく)」にちなんだ説
  • 招き猫発祥のお寺で飼われていた猫の名前が「たま」だったから説
  • 丸まって寝るのが「玉」のように可愛らしかったから説
  • 霊や魂の意味を込めた説
ライオンくん
『たま』の名前の由来には人間の猫に対する愛情を感じるな!

このように、「たま」という名前だけでも様々な説がある。こういった意味を知ると、猫を飼ったときに「たま」と名付けたくなってしまうのは私だけだろうか?

雑学まとめ

外国由来だった!日本の犬の名前に"ポチ"が多い理由についての雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。犬の名前として定番の「ポチ」。実は外国語が由来だった!

外国語を聞いて「犬は海外ではそう呼ぶのか」と日本人が思ったところから、「ポチ」の名前が定着していったのだろう。

今となっては「ザ・日本の犬の名前」という感じの「ポチ」だが、当時の人たちにとって「ポチ」はハイカラな名前だったのかもしれない。

ウサギちゃん
ちなみに2020年の犬の名前ランキングの1位は『ココ』なんだよ。『ポチ』はランク外だね。
ライオンくん
オレ、ポチって名前けっこう好きなんだけどな…。またいつか人気が出ると良いな。

おすすめ記事

"フランダースの犬"の日本語版にはネロとパトラッシュが登場しない。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー