鳥類

寒いんすよね…フラミンゴが片足立ちしている理由がかわいい。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

フラミンゴが片足立ちしているのは寒いからという雑学

フラミンゴといえば、まず思い浮かべるのは米津玄師かピンク色の鮮やかな鳥である。今回はもちろん鳥のほうだけど。

彼らに対して、どことなくスタイリッシュというか、セクシーというか…そんな印象を抱いている人は多いんじゃないか。そのイメージを確立しているのは、なんといっても華麗に片足立ちしてみせる姿だろう!

足のラインがスッと真っ直ぐに伸びたフラミンゴの片足立ちはとても美しい。でもさ…片足立ちってめっちゃ疲れるよね? そんなに無理してでも「片足立ちすげー!」って思われたいのか? 

いや…実は彼らが片足立ちをするのは、もっと現実的な理由からだ。また、別に無理しているわけでもなさそうだぞ…?

【動物雑学】フラミンゴが片足立ちしているのは寒いから。

ライオンくん
フラミンゴっていつも片足立ちしてるイメージだけど、バランス感覚すごいよな。
ウサギちゃん
彼らにとっては、片足立ちの方がバランスがとれるんだ。ああやって片足を羽毛で包むことで、体温を調節してるんだよ。

【雑学解説】フラミンゴは片足立ちで体温を調節している

フラミンゴは片足立ちで体温を調節しているというトリビア

なぜフラミンゴが片足で立つのか。その理由ははっきりとは解明されていないが、長らく唱えられている説がふたつほどある。

  • 体温が下がりすぎないようにしている
  • 片足を休めている

というものだ。

まずは"体温が下がりすぎないようにしている"という説から見ていこう。

藻やプランクトンをエサにしているフラミンゴは、基本的に水場で生活している。そんな暮らしのなかで、両足を長時間水に浸けていては、体温が下がりすぎてしまうというのだ。そのため、片足を上げて水と接している部分が少なくなるよう、調節している。

「うわ…水冷てぇ!」とか言いながら片足を上げているのを想像するとちょっとかわいい…。

また水場でなくても、暑い日に比べて寒い日のほうが片足で立つことは多く、足を羽毛で覆うことで暖を取ろうとしているとも考えられる。動物園のフラミンゴも、暖かければ両足立ち・寒ければ片足立ちになることが多いぞ!

以下の動画は東武動物公園のフラミンゴを映したものだ。セミの鳴き声が響く夏の様子で、ほとんどのフラミンゴが片足立ちをしていないことがわかる。

ライオンくん
暖かい日のフラミンゴの両足立ち…見てみたいぜ!

フラミンゴは片足立ちの方がバランスがいい

一方、"片足を休めている"という説に関しては「え? 片足立ちって逆に疲れるんじゃ…?」と思わされる。しかし…近年の研究で、フラミンゴはその身体の構造から、片足で立っているほうがかえって楽な可能性が出てきたぞ!

2017年のこと、アメリカ・ジョージア工科大学のヤン・ウェイ・チャン氏と、エモリー大学のレナ・ティン氏という2名の研究者が、専用の装置やフラミンゴのヒナ、フラミンゴの死体20体を使った実験を行った。

以下の動画で専用の装置にフラミンゴのヒナを載せ、姿勢の揺れを測定しているところが映されている。

この実験でフラミンゴは、片足立ちで目をつむって眠るときに、姿勢が一番安定することがわかった。つまり彼らにとって本能的に一番楽な姿勢が、片足立ちである可能性が高いのだ!

ウサギちゃん
人間が片足立ちで目をつむったりしたらひっくり返ってケガをするから、真似しないようにね!

前出の動画を見てもらってもわかるように、フラミンゴは片足立ちをしたときに、足が丁度身体のど真ん中にくるようになっている。

死体を使った実験でも、この構造によって重心が足に集まるようになり、身体を前後に傾けたときも、足に引き寄せられる形で立ち続けることが可能だったという。厳密には違うけど、身体の中心に重りが入っている"おきあがりこぼし"みたいな原理だ!

そしてなんと…フラミンゴを2本足で立たせると、重心が身体の真ん中に来なくなるため、傾けるとすぐに倒れるようになってしまったのだ。

体温の維持が理由か、片足を休ませるためか…いずれの理由にしてもフラミンゴは片足立ちをする必要があり、それ用の身体に進化したということか…。

このフラミンゴの身体の構造は、ロボットを立たせるときの安定性に役立つのではないかと、その手の分野での活用が期待されているぞ。動物の長所をたくさん取り入れていけば、それこそスーパーロボットが出来上がりそうだ!

スポンサーリンク

【追加雑学①】フラミンゴの膝は逆に曲がる

フラミンゴの膝は逆に曲がるというトリビア

動物園では、たまにフラミンゴがしゃがんでいる姿を目にすることがあるが、フラミンゴの膝は人間とは真逆の方向に曲がっている

ええー! それ、骨大丈夫!? と思ってしまうかもしれない。しかし…そもそもあなたがフラミンゴ膝だと思っている部分は、膝ではない。かかとである。

ライオンくん
え!アレ、かかとなのか?!

鳥類の膝というのは、通常、体内に隠れている。たとえばペンギンの足はほんとはめっちゃ長くて、以下の画像のように、折りたたんだ膝が身体のなかにあるのだ。

ほとんどの鳥類がこれと同じような身体の構造をしていて、フラミンゴの足の体外に出ている部分も、膝から下の部位である。

うん、膝だと思っていた関節がかかとだったなら、逆に曲がることはわかる。でもそれってさ…かかとから先、長すぎじゃね…? 鳥類はみんなつま先立ちだから、かかとがどこにあろうとあんまり関係ないのか…?

【追加雑学②】フラミンゴには興味深い特徴がたくさん!

フラミンゴは片足立ち以外にも、少し変わった特徴をたくさんもった生き物だ! せっかくなのでいくつか紹介しておこう。

ミルクで子育てをする

多くの鳥類は親鳥が捕まえてきたエサをヒナに与えることで子育てをする。しかしフラミンゴはなんと、世にも珍しい母乳で子育てをする鳥である!

といっても、おっぱいがあるわけではない。…というかあったら気持ち悪いよね。

フラミンゴの母乳は口から出てくる。食道の途中からミルクが分泌されるようになっていて、それを口移ししてヒナを育てるのだ。以下の動画でフラミンゴの授乳シーンが見られるぞ!

フラミンゴの口はクジラと同じ構造

フラミンゴは、プランクトンなどの水中の生き物をクチバシで捕まえて食べる。クチバシの構造も、水中の小さな生き物を捕まえやすくなっているぞ!

ヒゲクジラの仲間は、プランクトンを大量に飲み込むとき、くし状になったヒゲをろ過装置にして、エサを残して海水だけを吐き出せるようになっている。実はフラミンゴもこのヒゲクジラのろ過装置のような、"ラメラ"と呼ばれるくし状の構造がクチバシにあるのだ!

ウサギちゃん
すごい!フラミンゴは意外性の多い生き物なんだね!

雑学まとめ

寒いんすよね…フラミンゴが片足立ちしている理由がかわいい。という雑学まとめ

今回はフラミンゴの片足立ちに関する雑学を紹介した。

水が冷たいから片足立ち…まるでポケットに手を突っ込むかのように、羽毛で足を暖める。フラミンゴはピンク色の見た目もかわいけりゃ、習性もやっぱりかわいい鳥だった!

動物園で見かけたら、「水、冷たいよね…」と優しく声をかけてあげよう。

ライオンくん
フラミンゴといえば、あのピンク色も独特だよな~。
ウサギちゃん
そうだね。あの色にも秘密があるんだよ!

おすすめ記事

フラミンゴが赤くなる理由は"モテるため"という雑学
フラミンゴは実は灰色。赤くなる理由は"◯◯のため"だった…!

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー