鳥類

寒いんすよね…フラミンゴが片足立ちしている理由がかわいい。

フラミンゴが片足立ちしているのは寒いからという雑学

ピンク色の動物といえばと聞かれて、すぐに想像するのはフラミンゴだという人は多いはず。動物園でも、鮮やかなピンク色のフラミンゴは人気な動物だ。

そして、フラミンゴといえばやっぱり片足立ち! 片足で立ったフラミンゴをイメージするのは、とても簡単なこと。フラミンゴのイラストなどを見ると、ほとんどのフラミンゴは片足立ちをしている

それぐらい、フラミンゴといえば片足立ちというイメージは、我々にとても馴染み深いものだ。では、なぜフラミンゴは片足立ちをしているのか? 今回はそんなフラミンゴの片足立ちについて、雑学を紹介していくぞ!

【動物雑学】フラミンゴが片足立ちしているのは寒いから。

ライオンくん
フラミンゴっていつも片足立ちしてるイメージだけど、バランス感覚すごいよな。
ウサギちゃん
彼らにとっては、片足立ちの方がバランスがとれるんだ。ああやって片足を羽毛で包むことで、体温を調節してるんだよ。

【雑学解説】フラミンゴは片足立ちで体温を調節している

フラミンゴは片足立ちで体温を調節しているというトリビア

野生のフラミンゴは、比較的暖かい場所に住んでいる。しかし、そんなフラミンゴでも長時間足を水中に沈めていれば、どうしても体温は奪われてしまう。そんなとき、フラミンゴは片足を温かい羽毛に押し込んで、体温が下がりすぎないようにしているのだ。

わかりやすく人間でたとえると、寒い日に上着やズボンのポケットに手を突っ込むような感じだ!

実際に、動物園などでフラミンゴを見たときは、足とその日の気温に注目して見てほしい。暖かければ両足立ちの、寒ければ片足立ちのフラミンゴが見られるはず!

ライオンくん
暖かい日のフラミンゴの両足立ち…見てみたいぜ!

【追加雑学①】フラミンゴは片足立ちの方がバランスがいい

片足立ちのイメージが強いフラミンゴだが、片足立ちでよろめいている姿は想像できない。

なぜフラミンゴは長時間バランスを崩さずに、片足立ちで生活をすることができるのか? それは、フラミンゴの身体構造に秘密があった!

とある実験で、フラミンゴの死体に両足立ちをさせたところ、重心の位置が悪く簡単にバランスを崩して倒れてしまった。しかし、片足立ちにすると重心が身体の中央になり安定し、この状態が1番バランスが取れた姿勢だった

このことから、フラミンゴは片足立ちの方が両足立ちよりもバランスがよく、その姿勢がフラミンゴにとっては自然で身体への負担が少ない状態だということがわかる

片足立ちの方がバランスが取れるなんて、我々人間とは身体の構造が違ってもびっくりだ!

ウサギちゃん
人間の世界だと、片方に重心をかけて立ち続けるのは良くないっていわれてるみたいだけど、フラミンゴは別なんだよ。

スポンサーリンク

【追加雑学②】フラミンゴの膝は逆に曲がる

フラミンゴの膝は逆に曲がるというトリビア

動物園では、たまにフラミンゴがしゃがんでいる姿を目にすることがあるが、フラミンゴの膝は人間とは真逆の方向に曲がっているのだ。

フラミンゴの膝はなぜこんな方向に曲がるのか。それはなんと…フラミンゴの膝は、実は膝ではなかったからなのである! では、普段見えている膝のような部分はなにか、詳しく解説していくぞ!

普段見えているフラミンゴの膝は本当はかかと

普段我々が膝と認識している部分、あれは人間でいうところのかかとなのだ。そう考えれば、人間と曲がる方向も同じなので不思議なことではない。

実は、フラミンゴは常につま先立ちをして生活していて、本当の膝は身体の中に隠れているのだ!

フラミンゴの膝があり得ない方向に曲がっていても、それはかかとなので心配はいらないぞ!

ライオンくん
え!アレ、かかとなのか?!
ウサギちゃん
フラミンゴって意外性の多い生き物だね!

雑学まとめ

寒いんすよね…フラミンゴが片足立ちしている理由がかわいい。という雑学まとめ

今回はフラミンゴについての雑学を紹介したが、フラミンゴの片足立ちの理由ついては、人間の皆さんも共感できるのではないだろうか?

フラミンゴには今回紹介できなかった秘密もまだまだあるはず。今度動物園に行ったときは、是非注目してみてほしい!

ライオンくん
フラミンゴといえば、あのピンク色も独特だよな~。
ウサギちゃん
そうだね。あの色にも秘密があるんだよ!

関連雑学

フラミンゴが赤くなる理由は"モテるため"という雑学
フラミンゴは実は灰色。赤くなる理由は"◯◯のため"だった…!

続きを見る

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー