スイーツ・お菓子

植物性と動物性の生クリームの違いとは?メリットとデメリットがあります

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

植物性と動物性の生クリームの違いに関する雑学

味覚がお子さまの筆者は、コーヒーに砂糖とクリームが欠かせない。クリームには普段、お買い得な「コーヒーフレッシュ」を使っているが、たまには高級な生クリームを入れて、至福の味わいに浸ることもある。

断然「動物性生クリーム派」の筆者だが、家人はあっさりした「植物性生クリーム(いわゆるコーヒーフレッシュ)派」

ふと疑問に思ったのだが、この2つには具体的にどんな違いがあるのだろう。値段や保存期間の差も気になる…!

【食べ物雑学】植物性と動物性の生クリームの違いとは?

ぷよぷよくん
植物性と動物性の生クリーム…違いって、たしか原料が植物油か動物由来かだよね?
ガリガリさん
確かにそうだけど、そもそも植物性のものは法律上『生クリーム』とは呼べないんだ。植物性は『ホイップクリーム』なんて呼ばれるぜ。

【雑学解説】気がついてなかった…そもそも「生クリーム」じゃない!

気がついてなかった…そもそも「生クリーム」じゃない!というトリビア

実は生クリームには「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令=乳等省令」という法律があり、「生乳や牛乳を原料とし、植物性油脂や添加物を含まず、乳脂肪分18%以上のものを生クリームと呼ぶ」と定められている。

まさか「生クリーム」と名乗るための法律があるなんて…。そう思ってよく見てみると、市販の植物性クリームにはたしかに「生クリーム」とは書いていない。植物性油脂を使っている段階で、生クリームとは呼べないからだ。

前述のコーヒーフレッシュしかり、ホイップクリーム植物性ホイップなどと書いてある。筆者は泡立てたものをホイップクリームというのだと思っていた…。

ぷよぷよくん
ボクもそう思ってた…

動物性生クリームは、牛乳が原料の乳脂肪。間違いなく「生クリーム」である。対する植物性は、植物性油を添加物で生クリーム風に仕上げた加工品。「生クリームっぽい」だけで、決して生クリームではないのだ。

【追加雑学①】植物性と動物性の特徴でメリット・デメリットがある

筆者が動物性、家人が植物性クリームを好むように、それぞれには異なった特徴がある。これは一概に「動物性生クリームの方がおいしい」などとは言い切れないものだ。

動物性生クリームはとにかく濃厚でリッチな味が特徴。いかにも「乳脂肪です!」と全力投球してくる濃い味わいだ。濃厚好きにはたまらないが、この乳臭さが乳製品嫌いにはデメリットとなっている。

また、泡立てても固いホイップがたちにくく、絞りだし袋でキレイな装飾をするのが難しい。気合を入れすぎると分離してボソボソした舌触りになってしまう。

少しでも早く泡立てたい人は、ほんの少しレモン汁(ポッカレモンで可)を入れると、タンパク質が固まって早く泡立てられるのでオススメだ。

ガリガリさん
乳脂肪分が40%以上のものを使うのも泡立てやすくするポイントだぜ。

対する植物性は、濃厚な乳臭さがないかわり、さっぱりしていて食べやすいのが特徴。反面、コクや旨みには欠けるので、物足りない人もいるかもしれない。また、動物性より価格が安く保存期間が長いというメリットもある。

最大の特徴は固いホイップクリーム状に泡立つことで、しっかりしたクリームはヘタりにくい。パンケーキの上に鬼盛りにすることが可能なため、インスタ映えするのはこちらのクリームである。

ぷよぷよくん
濃厚でリッチな味、しっかりした鬼盛りクリーム、どっちも捨てがたいよ…!

スポンサーリンク

【追加雑学②】禁断のミックス戦法!店舗でもこの裏技を使っているところが多数

禁断のミックス戦法!店舗でもこの裏技を使っているところが多数についてのトリビア

動物性か植物性かは、お財布事情や好みに合わせて選べばいいのだろうが、やはりどちらのクリームにも捨てがたい部分がある。両方を味わえるようないい方法はないだろうか…。

そんなことを考えていたら、なんと裏技が存在するという。外食店舗ではよくあるらしい、動物性と植物性のミックス戦法だ。業務用製品としては「コンパウンドクリーム」と呼ばれている。

動物性生クリームのコクや風味、口どけのよさを活かしつつ、植物性を混ぜたことで泡が立てやすくなり、製菓材料として重宝されている万能アイテムだ。

ぷよぷよくん
そんな夢のようなクリームがあるなんて…家の常備したいよ…えへへ…

もちろん自宅でも、2種類をミックスして使うことは問題ない。誰かの誕生日ケーキを手作りしよう! と思ったときなど、ぜひ試してほしい裏技である。

もし動物性生クリームが余ったら…バターを作ればいいじゃないか!

自宅用に動物性生クリームを買ってくると、紙パックひとつを使い切るのになかなか苦労させられる。賞味期限も短くて焦ってしまうが…。

これに関してはバターを作れば解決である。

ただし、以下の動画を見てもお分かりのとおり、かなりの力技だ。家族総出で挑戦できる人、腕力に自信がある人はチャレンジしてみよう…。

ぷよぷよくん
ちょっと大変そうだけど…出来立てのふんわりバターは神がかって美味しいだろうなぁ…じゅるり…
ガリガリさん
高カロリーなバターを食べる前のちょっとした運動って考えると良いかもな。

雑学まとめ

今回改めてスーパーなどで生クリームのパッケージを観察してみたら、たしかに植物性には「生クリーム」と書いていなかった。知らないと気にも留めない違いだが、生クリームを名乗るためには厳しい条件があるのだ。

ただし記事内で触れたように、生クリームを名乗れないからといって、植物性が動物性に劣るという話ではない。またミックス戦法など、それぞれの利点を活かす方法もある。目的や好みに合わせて上手に選んで素敵な生クリームライフを送ってほしい!

ガリガリさん
ちなみに、植物性のクリームでもバターの代用品作りは可能だぜ…。ただし乳化剤が入っているから生クリームよりさらに時間がかかる可能性もあるから覚悟して挑戦してくれよな。
ぷよぷよくん
バターは植物性だから…マーガリンみたいなものができるんだね。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー