ヨーロッパ

ビールの本場・ドイツ人の飲み方は…おつまみを食べない!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ビールの本場であるドイツ人は、おつまみをほとんど食べないという雑学

ビールの本場といえば、まずドイツが思い浮かぶ。案の定ドイツ人は大抵ビールが好きで、水替わりかと思うぐらいの量を飲む人も珍しくない。スーパーへ行けば、日本円にすれば50円にも満たない値段でビールが売られていることもある。

ドイツへ旅行に行くなら、ビールを飲まなきゃ損とさえいえるが、ドイツ人のビール文化は日本人からしてみるとちょっぴり変わっている。

日本でお酒を飲む機会といえば、必ずといっていいほど、何かおつまみと一緒にたしなむ。しかしドイツでは、ビールはガブガブ飲んでいても、一緒におつまみを食べている人をほとんど見かけないのだ。

料理をお酒と一緒に楽しめば、さらに美味しくなるのに…これはもったいない。そこで真相を探ってみると、ドイツの興味深い国民性が明らかになってきた! 今回はビールの本場、ドイツのおつまみ事情についての雑学に迫る!

【世界雑学】ビールの本場であるドイツ人は、おつまみをほとんど食べない

ロバート
ビールにピッツァ、たまんねぇコンビだぜ!!
エイミー
最高よね。でもドイツでは、ビールは他のものと一緒に楽しんだりしないらしいわよ。

【雑学解説】ドイツの食事は基本的にワンプレート。ビールも他のものと一緒に楽しむという感覚がない

ドイツの食事は基本的にワンプレート。ビールも他のものと一緒に楽しむという感覚がないについてのトリビア

ワンプレートのドイツ料理

日本のレストランだと、一人で食べるにしても複数の品を頼むことは多々あるだろう。しかしドイツのレストランでは、一人が複数の品を頼むことはまずない。

ドイツの食事は基本的にワンプレートで完結する。一皿頼めば、他はもう注文しなくてもいいぐらいの量が盛られて出てくるのだ。

そして個人を尊重するドイツでは、一人で一皿を食べるのが基本。たくさん盛られているからといって、仲間とシェアすることなどほぼない。「このお皿はその人専用!」となっているような感じだ。

エイミー
みんなで料理をシェアするの、楽しくってアタシは好きなんだけどね。

つまりドイツの人たちは、一つに集中して食事をすることに慣れている。ビールを飲みながらおつまみを食べないのも、そういった文化の影響だと考えられる。ビールを飲むと決めたら、ビールだけを味わうのがドイツ人流なのだ。

ただ、ドイツの人に「どうしておつまみを食べないの?」と聞いても、明確な返答は得られないだろう。おそらく「食べちゃいけないわけじゃないけど、別にいらなくない?」のような感じだ。

誰が決めたわけでもなく、自然と馴染んでいった文化だから、本人たちも明確な理由はわからないのだ。

ロバート
まぁ、それぞれの考え方があるし、好きにビールを楽しめばいいと思うな。
エイミー
そりゃあそうよね。

【追加雑学①】乾杯の後は一度ボトルをテーブルに置くのがルール

ドイツでは乾杯の後、一度ボトルをテーブルに置くのがルールというトリビア

日本の乾杯というと、「乾杯!」とやった後にグイっと一気飲みする印象がある。しかしドイツの人たちは乾杯した後、一度テーブルにボトルを置いてから飲み始めるという、暗黙のルールがあるのだ。

なんでも中世ドイツでは、あまり親しくない人とお酒を飲みかわす際、毒を入れていないことの証明として乾杯が行われていたという。相手のビールがグラスに流れ込んでしまうほどの勢いで乾杯をして、毒を入れていないことを証明するのだ。

エイミー
ドイツの乾杯の由来って、けっこう暗いのね…。

乾杯の後に一度テーブルに置くのは、そういった証明が終わった後の、仕切り直し的な意味ではないだろうか。「疑いも晴れたところで…」といったところだ。

もちろん現代ではビールに毒を盛るなんてことはない。それでも習慣として根付いているのは興味深い。

ロバート
ビールに毒なんて盛られない今の時代に生まれてきてよかった~!

おすすめ記事

イタリアでは「乾杯!」という掛け声は「Cincin!」に関する雑学
イタリアでは"乾杯"を”Cincin(チンチン)”と言う。下ネタではない。

続きを見る

【追加雑学②】中世ドイツでは、修道士が断食期間を乗り越えるためにビールを飲んでいた

中世ドイツでは断食中の修道士が、物を食べてはいけないからと、代わりにビールを飲んでいたという。ドイツ人はどこまでビール好きなんだとツッコミたくなるが、これは「物を食べずにいかに栄養を補給するか」を考えた末の行為である。

ビールは麦を発酵させた液体だ。パンやパスタだって、麦からできているではないか。いうなれば修道士たちにとって、ビールは飲める主食だったわけだ。しかも身体にいいとされる発酵食品ときた。

ロバート
オレ、こういう発想嫌いじゃないぜ。
エイミー
だからアンタは太るのよ!

当時はスポーツドリンクやスムージーなどもちろん存在しない。飲めるもので栄養があるといえばビールだったのだろう。

ただ、断食中の修道士が赤ら顔で酔っぱらっていては、禁欲とはかけ離れているというか…なんともかっこがつかない印象を受ける…。

雑学まとめ

おつまみを食べない!ビールの本場・ドイツ人の飲み方についての雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。ドイツ人は一皿で食事を完結させる文化がある。ビールと一緒におつまみを食べないのも、きっとその流れからだ。

外国へ行くと日本と違った文化に驚かされることが多々あるが、どんなに異様に思えても、辿ってみると必ず理由があるものだ。

その背景を「素敵だな」「なるほどね」と味わうのもまた、外国文化に触れる醍醐味だろう。

エイミー
そうよね、異文化に触れるのっていろんな発見があって楽しいわよね。
ロバート
そうだな。いろんな文化を知っていきたいぜ!

おすすめ記事

世界最古のビール醸造所は?に関する雑学
さすが本場ドイツ!世界最古のビール醸造所はいつ作られた?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー