ヨーロッパの雑学一覧

「真実の口」はもともとマンホールの蓋という雑学

ヨーロッパ

2019/10/6

ローマにある"真実の口"はもともとマンホールの蓋。|面白い雑学

真実の口 オードリー・ヘプバーンが初々しくてうっとりとしてしまう、あの永遠の名画「ローマの休日」に出てきた「真実の口」。ウソの心をもつ人が手を入れると噛み切られてしまうという、ドキドキものの口。みなさんの中にも、実際にローマを訪れてそこに手を突っこんだ人も少なからずおられるのではないだろうか。 その「真実の口」は、もともとマンホールの蓋だったという説があちこちでささやかれている。驚くと同時に湧き上がってきた思いは、うーん…あのローマのことだからあり得るかも…であった(汗)。 そこで、今回は、その「真実の口 ...

リーゼントの由来はイギリスの道という雑学

ヨーロッパ

2019/10/6

リーゼントとポンパドールの由来とは?イギリス皇太子が関係していた|世界雑学

エルビス・プレスリーやジェームス・ディ―ンのトレードマーク的ヘアスタイル! 覚えてる? 前髪はニワトリのトサカ、そして側面から流した髪を後部で一直線にまとめたスタイル。整髪料を使用して、ピッタリと固めている。 そう、この髪型こそが、世界的に流行した「リーゼントヘア」だ! 日本ではヤンキーの代表とされる髪型だが、あの髪型をなぜ「リーゼント」と呼ぶのか知っているだろうか? 【世界雑学】リーゼントの由来は? イギリス・ロンドン市内の「リージェントストリート」に関わるいくつかのことが、あの髪型「リーゼント」の由来 ...

ベルギーでは虫のハンバーグが販売されたという雑学

ヨーロッパ

2019/10/4

原料がイヤすぎる…!ベルギーでは虫のハンバーグが発売されていた【昆虫食】|世界雑学

筆者はクモが大嫌いだ。筆者にかかれば「スパイダーマン」も「ホームアローン」もホラー映画と大差ない…。 世界にはタランチュラを串揚げにして食べる地域がある…その光景をテレビで見た時、非常にショックだった! あのおぞましい生き物を食べるなんて! 狂気の沙汰! 筆者を含め、昆虫食に抵抗をもつ人は、やはり見た目のグロテスクさが原因だろう。たとえおいしかろうが、栄養があろうが虫は虫だ! しかし、見た目が一見普通のハンバーグなら? あなたは食べる勇気があるだろうか? 今回は、一見虫を使っているようには見えない昆虫食に ...

「ねこふんじゃった」発祥の国・ロシアでは曲名が「犬のワルツ」という雑学

ヨーロッパ

2019/10/5

発祥国では猫じゃない!?"ねこふんじゃった"のロシアでの曲名は"犬のワルツ"|世界雑学

ピアノ初心者が演奏する曲の定番といえば、「ねこふんじゃった」で間違いない。「ねこふんじゃった」の軽快なメロディとユニークな歌詞は日本中で親しまれており、誰もが知っている曲といえるだろう。 日本で親しまれている「ねこふんじゃった」の魅力を、ぜひ世界にも伝えたい…と思う方もいるかもしれないが、そんな心配はご無用である。なぜなら、「ねこふんじゃった」は世界中で愛されている曲だからだ! 今回は、世界中で歌われている「ねこふんじゃった」にまつわる豆知識をお伝えしよう。 【世界雑学】「ねこふんじゃった」発祥の国・ロシ ...

スイスの核シェルター普及率は100%という雑学

ヨーロッパ

2019/10/5

スイスの核シェルター普及率は100%。日本は0.02%。|世界雑学

スイスの公共核シェルター 日本で「核シェルター」というと映画の中の世界のように感じるかもしれないが、世界規模でみると、核シェルターはそれほど特別なものでないのを知っているだろうか? え? ウソでしょ? と思った君。ウソではない。実際に核シェルターはスイスでは普及率100%なのだ。ではなぜ、スイスでの核シェルター普及率はそんなに高いのか? 今回はスイスの核シェルター事情について、説明していくぞ。日本の核シェルター普及率と比べながら読み進めてほしい。 【世界雑学】スイスの核シェルター普及率は100% ロバート ...

世界最古のビール醸造所は?に関する雑学

ヨーロッパ

2019/10/5

さすが本場ドイツ!世界最古のビール醸造所はいつ作られた?|世界雑学

日本酒やワイン、ウイスキーなどお酒にはいろいろな種類がある。数多くのお酒の中でも、定番がビールだ。居酒屋での宴会から外でのバーベキューまで、場所を問わずよく飲まれている。 現代でビールはお酒の定番だが、ビールはいつから造られているのだろう? 調べると、現存する世界最古のビール醸造所はドイツにあるとわかった。昔のビールは、意外な場所で造られていたぞ! 【世界雑学】世界最古のビール醸造所は? ロバート プハ~!やっぱビールはサイコーだぜ!! エイミー 世界最古のビール醸造所ってドイツの『ヴァイエンシュテファン ...

イタリアでは鼻をすするのはマナー違反という雑学

ヨーロッパ

2019/10/6

マナー違反!イタリアでは鼻をすするのはNGです。麺をすするのも。|世界雑学

鼻づまりとは、厄介な症状である。呼吸ができない、鼻腔内にあふれる鼻水が不快極まりない。 このような状態におちいってしまったとき、自宅にいる場合は、脳みそが出るんじゃないかというくらいの勢いで鼻をかむことができる。しかし、外出中はそうはいかない。鼻水がたれない程度にすすり続けるという、辛い行為を繰り返さないといけない…地獄である。 しかし、筆者の住んでいるイタリアでは、この鼻をすするという行為はあまりよろしく思われない。イタリア以外でも、欧米諸国ではこれは共通の考え方だとは思われるが、筆者は他の国の事情は知 ...

ヴェルサイユ宮殿は多くの犠牲の上に完成したという雑学

ヨーロッパ

2019/10/6

華麗な姿の裏で…ヴェルサイユ宮殿の建設には多くの犠牲があった|世界雑学

ヴェルサイユ宮殿の内部 フランスの代表的な建築物、ヴェルサイユ宮殿。日本でも、大ヒット漫画「ベルサイユのばら」に登場しているので、名前くらいは聞いたことのある人も多いだろう。 世界中から多くの観光客が見学に来る華やかなヴェルサイユ宮殿だが、完成するまでには実に26年という長い年月がかかっている。年月だけでも驚きだが、さらに完成までに多くの犠牲者を出しているというのだ。 今回は、華やかなイメージのヴェルサイユ宮殿に隠されたトリビアを紹介していくぞ。これを知れば、ヴェルサイユ宮殿へのイメージがきっと変わるだろ ...

イタリアの離婚制度は日本と全然違うという雑学

ヨーロッパ 面白い雑学

2019/10/6

日本は楽!イタリアの離婚制度について、現地に住んでる私が解説するよ!|面白い雑学

  世界の国々の中でも、日本は結婚も離婚も簡単な国だといわれている。 この国では、紙切れ1枚で家族になることやそれを解消することができるが、世界を見渡してみると、それほど楽に結婚や離婚ができない国があるのだ。 今回は、筆者が暮らすイタリアの離婚制度について、ご紹介したいと思う。 【世界雑学】イタリアの離婚制度は日本と全然違う イタリアでは、一定期間の別居の後、裁判所を通さないと離婚できない。 【雑学解説】イタリアでは、裁判を起こさないと離婚できない 日本ではお互いの同意があれば、裁判所などの手続 ...

サグラダ・ファミリアは1885年以降の建築許可を取っていなかったという雑学

ヨーロッパ

2019/10/6

137年の違法工事!サグラダ・ファミリアは最近まで建築許可を取っていなかった|世界雑学

サグラダ・ファミリア スペインのバルセロナにある「サグラダ・ファミリア」という有名な世界遺産をご存知だろうか。天才建築家「アントニ・ガウディ」が設計した建築物で、城のような見た目だが実際は巨大な教会だ。バルセロナといったらサグラダ・ファミリアというくらい有名である。 2016年に、そのサグラダ・ファミリアがずっと違法工事を続けていたと大々的に報道されたので、そのニュースでサグラダ・ファミリアを知った人も多いだろう。 しかし違法工事を続けていたというが、そもそも建て始めた当初に建築許可を申請しなかったのだろ ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.