ヨーロッパの雑学一覧

イタリアで開催される"かくれんぼ世界選手権"に関する雑学

ヨーロッパ 笑える

イタリアで開催される"かくれんぼ世界選手権"がガチすぎる。【動画】

鬼ごっこと双璧を成す、ド定番中のド定番の子供の遊び「かくれんぼ」。 私も子供の頃はよくやったものだが、鬼になって探すのは面倒だったし、隠れる側になったものの存在感がなさすぎたらしい。みんな筆者のことを忘れて先に帰ってしまったこともあったので、かくれんぼは嫌いだった。 しかし、世界に目を向けると、大人も真剣にかくれんぼをする大会が存在するのだ! 今回は、知る人ぞ知る「かくれんぼ世界選手権」をご紹介していこう。 【面白い雑学】イタリアで開催される"かくれんぼ世界選手権"がガチすぎる。 イタリアで開催されている ...

シルエットの語源はフランスの財務大臣という雑学

ヨーロッパ

ケチすぎた!"シルエット"の語源はフランスの財務大臣

輪郭の中を塗りつぶされた単色の画像をシルエットと呼ぶ。 未就学児のいるご家庭では「シルエット博士」を知っている人も多いのではないだろうか。影が大好きで、いつも子供たちにシルエットクイズを出す子供番組のコーナーで有名なあの博士だ。 そんな「シルエット」、なんでも語源になった人物が実在するという。すっかり聞き慣れた言葉だが、人名が由来だったとは…。いったいどんな人物だったのかを探ってみた。 【世界雑学】シルエットの語源はフランスの財務大臣 18世紀に実在したフランスの財務大臣、エティエンヌ・ド・シルエットがそ ...

乾杯でグラスをぶつける理由と由来に関する雑学

ヨーロッパ

悪魔を祓え!乾杯でグラスをぶつける理由と由来とは?

気の置けない仲間との飲み会から、結婚式の披露宴まで、最初の一杯はグラスをぶつけて乾杯するのが通例である。当然、欧米諸国やアジア圏にも乾杯はあり、もはや世界共通の習慣と言っても過言ではない。 あまりに当たり前になっているので、考えたこともなかったが…乾杯って別に、グラスをぶつける意味なくないか? たしかにグラスを合わせたほうが楽しい感じはするが、なんでお酒だけ? 喫茶店でコーヒーを飲むときは乾杯なんてもちろんしないし…。 ということで、乾杯のときにグラスをぶつける理由に迫った。すると、古代の人々がお酒をどの ...

マッチョの語源と由来に関する雑学

ヨーロッパ 暇つぶし

"筋肉ムキムキ"の意味は日本だけ!マッチョの語源と由来とは?

昨今は筋トレが軽いブームになっているのか、SNSでもジムに通う様子をアップしている人をちらほら見かける。みんなムキムキマッチョを目指して奮闘中である。 筆者はいわゆるやせ型で、筋肉になる肉がないので、まったく興味が湧かないのだが…。 ところでこのマッチョという言葉の本来の意味をご存知だろうか。実は筋肉ムキムキの意味で使っているのは日本人だけ。外国人に使うととんでもない失礼にあたる場合があるというぞ。 【面白い雑学】マッチョの語源と由来とは? スペイン語の「雄の~」を語源にして、「男性優位主義者」の意味が世 ...

フォース鉄道橋の建設において重要ポジションを担った「渡邊嘉一」

ヨーロッパ

日本人スゲえ!スコットランドの紙幣に描かれた渡邊嘉一とは?

渡邊嘉一 イギリスの通貨はポンドだが、イギリス最北端に位置するスコットランドでは、ポンドと同じ価値をもつ別の紙幣が使われていることをご存知だろうか。これにはイギリスの通貨を発行するイングランドと、スコットランドが長く対立してきたことが関係している。 そんな背景をもつスコットランドの紙幣において、2007年からデザインを新しくした20ポンド札には、なんと日本人の姿が描かれているのだ。 同じ日本人としては誇らしいことだが、彼のことを知らない日本人も多い。今回は紙幣にまでなったその偉業に迫っていくこととしよう! ...

ロンドン橋は何度も落ちていて「ロンドン橋落ちた」という童謡まであるという雑学

ヨーロッパ

崩壊しすぎ…。ロンドン橋は何度も落ちていて童話まである【動画あり】

子どものころに多くの人が歌ったであろう童謡の『ロンドン橋落ちた』。陽気なリズムとメロディが覚えやすく、大人になった今聞いても「いい歌だな~」と思わされる名曲である。 ところでこの歌のなかで、何度も「落ちた」といわれるロンドン橋…筆者はジョークのような感じでそう歌われているのかと思っていた。しかし史実を辿るとこの橋は、本当に歌われているぐらいの回数落ちているというのだ! …まさかベニヤ板でできた橋とかいうオチじゃないよな? ということで、今回はこのロンドン橋の雑学に迫っていこう。 【世界雑学】ロンドン橋は何 ...

世界で最も世界遺産が多い国はイタリアという雑学

ヨーロッパ

いまも増えてます。世界で最も世界遺産が多い国はイタリア【動画あり】

ピザにパスタにサッカーと、食にもスポーツにも見どころが多いイタリアだが、やはりもっともそそられるのは、その歴史ある街並みだ。見るも美しい様相のとおり、イタリアには数多くの世界遺産がある。 といっても、イタリアって国としては大きくないし、ほかにもっと世界遺産の多い国もあるでしょ? と思うところだ。…いやいや、イタリアをあなどってはいけない。 実は世界196ヵ国中、イタリアの世界遺産の数は堂々のトップなのである! 【世界雑学】世界で最も世界遺産が多い国はイタリア 2019年に出された世界遺産リスト全1112件 ...

ロシアのクリスマスにサンタクロースはいないことに関する雑学

ヨーロッパ

プレゼントは…?ロシアではクリスマスにサンタクロースが来ない【動画あり】

ジェド・マロ―ス クリスマスはケーキやチキンも楽しみだが、やはり一番の楽しみはサンタクロースからのプレゼントだ。大人になった今でも、サンタさんの存在にワクワクしてしまう。心はいつまでも子どもなのだ。 サンタさんは国を問わず、いい子のところに来ると思っていた。しかし、ロシアのクリスマスにはサンタクロースがいないらしい。…嘘だろ!? じゃあ、プレゼントは? もらえないの? この話が本当かどうか調べてみたので、雑学として紹介させてほしい! 【世界雑学】ロシアのクリスマスにサンタクロースはいない? エイミー ロシ ...

「真実の口」はもともとマンホールの蓋という雑学

ヨーロッパ

ローマにある"真実の口"はもともとマンホールの蓋。

真実の口 オードリー・ヘプバーンが初々しくてうっとりとしてしまう、あの永遠の名画「ローマの休日」に出てきた「真実の口」。ウソの心をもつ人が手を入れると噛み切られてしまうという、ドキドキものの口。みなさんの中にも、実際にローマを訪れてそこに手を突っこんだ人も少なからずおられるのではないだろうか。 その「真実の口」は、もともとマンホールの蓋だったという雑学があちこちでささやかれている。驚くと同時に湧き上がってきた思いは、うーん…あのローマのことだからあり得るかも…であった(汗)。 そこで、今回は、その「真実の ...

リーゼントの由来はイギリスの道という雑学

ヨーロッパ

リーゼントとポンパドールの由来とは?イギリス皇太子が関係していた

エルビス・プレスリーやジェームス・ディ―ンのトレードマーク的ヘアスタイル! 覚えてる? 前髪はニワトリのトサカ、そして側面から流した髪を後部で一直線にまとめたスタイル。整髪料を使用して、ピッタリと固めている。 そう、この髪型こそが、世界的に流行した「リーゼントヘア」だ! 日本ではヤンキーの代表とされる髪型だが、あの髪型をなぜ「リーゼント」と呼ぶのか知っているだろうか? 今回はそんな流行ヘアー「リーゼント」についての雑学である! 【世界雑学】リーゼントの由来は? ロバート 学生時代には、エルビス・プレスリー ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.