ヨーロッパ 盛り上がる

イタリア語の"恋人の呼び方"いろいろ!アモーレ以外にもたくさんある!

イタリアには恋人に対する様々な呼び名があるという雑学

日本で使われる恋人に対する甘い呼び方は、いったいどれくらいあるのであろうか? アメリカならば「ハニー」「ベイビー」などがあるが、日本ではこういった類のものは、めったに使われない気がする。少なくとも、筆者は聞いたことがない。

ところで、筆者の暮らすイタリアには、無限じゃないかと思うほど大量に、恋人に対する呼び方が存在する。よく使用されるメジャーどころから、「リアルで使っている人は見たことがない」というマイナーどころまで、今回は様々な恋人への呼び方をご紹介したいと思う。

【世界雑学】イタリア語の「恋人の呼び方」いろいろ

信長さん
イタリアでは『アモーレ』以外にも、動物や食べ物の名前なども恋人に対する呼び方として使われているらしいぞ。
秀吉くん
さっすが愛の国イタリア!…っていうか、食べ物の名前も恋人に使うってどういうことっすか?!

【雑学解説】愛と情熱の国・イタリアで使われる恋人の呼び方

説】アモーレだけじゃない、愛と情熱の国イタリアで使われる恋人の呼び名についてのトリビア

「amore(アモーレ)」という言葉は、イタリア語で「愛」という意味を表し、愛しい相手に対する呼びかけに使われる。プロサッカーの長友佑都(ながともゆうと)選手が使用したことで、日本でも知名度が上がったイタリア語である。

イタリアでは、このアモーレという言葉は、カップルや親子の間で日常的によく使われる。しかし、愛と情熱にあふれたこの国では、これ以外にも実に様々な恋人に対して使われる言葉が存在しているのだ。

まず、よく使われるのは「tesoro(テゾーロ)」。これは、「宝物」という意味である。恥ずかしげもなく、こんな単語を恋人に使ってしまうイタリア人。いやはや、さすがである。

「小さい」という意味をもつ「piccola(ピッコラ)」や、「星」を表す「stella(ステッラ)」なども定番のようだ。

秀吉くん
ステッラって響きもなんかいい感じっすね。僕、今度使ってみよっかな…。
信長さん
お前が使うのはやめておけ。ひたすら気色が悪いだけだ。

動物の名前を使用した恋人の呼び方

このほか、動物や食べ物の名前すら、イタリアでは恋人への呼び方へと変身してしまう。まずは、動物からご紹介しよう。

  • 「gattina(ガッティーナ)」:子ネコ
  • 「cagnolina(カニョリーナ)」:子イヌ
  • 「farfallina(ファルファッリーナ)」:チョウチョ
  • 「tartarughina(タルタルギーナ)」…子カメ…カ、カメ?!

「アルマジロ」「トガリネズミ」なんて表現もあるらしいが、これらをリアルで見たことがある人はいったい何人いるのだろうか…? 私の知人は、「リアルでこれ使っている人、僕はさすがに見たことはないわ」と言っていた。

秀吉くん
アルマジロとか…めっちゃガードの堅い彼女に使えそうな表現っすね。

また、男性に対して使われるものとして、「tigrotto(ティグロット)」:子トラなどもある。「男は皆トラになりたいからね…たとえ可愛い小さいトラでも!」とは、イタリア人男性談である。まことにかわいらしい発言ではないか。

ちなみに、イタリア語では基本的に、語尾が「o」の場合は男性を指し、「a」の場合は女性を指す。ガッティーナは女性に対して使うので、男性に対して使いたい場合はガッティーノとなる。また「~イーノ/~イーナ」と語尾に付くものは「小さい」というニュアンスを含む。

臨機応変に語尾を変換して、これらの単語を使ってみてほしい。

秀吉くん
…信長ッティーノ。
信長さん
なんだ貴様、俺のことを侮辱しているのか?

スポンサーリンク

食べ物の名前を使用した恋人の呼び方

食べ物の名前を使用した恋人の愛称についてのトリビア

そして、食べ物。こちらも、なんとなく理解できるものから意味不明なものまである。

  • 「zuccherino(ズッケリーノ)」:砂糖
  • 「biscottiono(ビスコッティーノ)」:ビスケット
  • 「merendina(メレンディーナ)」:おやつ
  • 「formaggino(フォルマッジーノ)」:チーズ
  • 「cipollina(チッポリーナ)」:小玉ねぎ…ちびまる子ちゃんのクラスメイト・永沢君かよ。

チーズとか玉ねぎと呼ばれてうれしいのかは微妙であるが、このほかにも、チェリー・ビスケット・塩・じゃがいも・にんじん・オリーブ・肉団子など、もうイタリアにあるすべての食べ物が恋人の愛称に使えるんじゃね? というほどの量の愛称が存在するのだという。

秀吉くん
肉団子?!これちょっとひどくないっすか?!

このほかに男性に対してのみ使える愛称として、「panzerotto(パンツェロット)」というものがある。意味は、ズバリ「揚げピザ」である。感覚的には、ぽっちゃり系彼氏に使う言葉らしい。

この単語は、女性には絶対に使ってはいけない。これを女性に使ってしまったら、殺されても文句は言えないであろう。

「いや、男性でもこの呼び方はないっしょ」と言うと、「え~、でも揚げたピザはおいしいからね!」という、謎のコメントがイタリア人男性から飛び出した。

【追加雑学】彼氏がイタリア人の筆者のケース。

相方がイタリア人の筆者のケースについてのトリビア

さて、筆者の彼氏はイタリア人である。ここで、その彼氏が筆者に対して使う呼び方をご紹介しよう。やはり、アモーレは外せない。大体感情が高ぶるときに使用する。

そのほか筆者はナッツ類が好きなので、「子リス」を意味する「scoiattolina(スコイアットリーナ)」もよく使われる。にんじんをまるかぶりしたら、それ以来「coniglietta(コニリエッタ)」つまり「子ウサギ」も彼の愛称リストに追加された。

しかし、この彼氏が一番愛用している単語は、「子ブタ」である。「porcellina(ポルチェリーナ)」と言われたときはかなり微妙な心境となったが、イタリアでは愛する者に対して使用される言葉らしい。

ただし、ただのブタを意味する「porco(ポルコ)」日本と同様に良い意味をもってはいないので、こちらは恋人に対して使わないようにしていただきたい。

信長さん
おい、ポルコ!
秀吉くん
僕ブタじゃなくって『サル』っす!…ってアレ…サルを認めてしまった…?

イタリア語の「恋人の呼び方」の雑学まとめ

アモーレ以外も!イタリア在住の私が紹介する"恋人への呼び名"いろいろ。についての雑学まとめ

イタリアでは、アモーレ以外にも様々な恋人への呼び方が存在することを、雑学として紹介してきた。その量はあまりにも多く、もはやその恋人間で通じれば何でもいいんじゃね? と思ってしまうほどだ。

ちなみに、筆者の相方は日本びいきで、イタリア人というよりも慎み深い日本人に近い性質をもった男性である。そんな彼でさえ、恥ずかしげもなく様々な愛称を繰り出してくるので、イタリアンDNAは強いということであろう。

信長さん
ちなみに『サル』はイタリア語で『scimmia(シンミア)』と言うそうだが、あだ名としてはかなりひどいものらしい。人種差別に近い表現だそうだぞ。
秀吉くん
これは絶対使っちゃダメなヤツっすね…。

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー