得する

雨を弾かなくなった傘にはドライヤーの温風を当てろッ!【撥水】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

雨をはじかなくなった傘はドライヤーの温風を当てると元に戻るという雑学

雨の日の必需品・傘。最初は撥水性も高く、雨水を弾いてくれるのだが、使い続けると雨を弾かなくなってしまう。撥水性の衰えた傘を使っていると、気が付けば足元が濡れている…。

「もう買い替えないといけないかなぁ」と思っている方、ちょっと待ってほしい。

実は、簡単に傘の撥水性を復活させることができるのだ! 今回は、そんな便利な雑学を紹介しよう。

【生活雑学】雨を弾かなくなった傘はドライヤーの温風を当てると元に戻る

孫ちゃん
なんか私の傘、水弾かなくなっちゃった~。新しいの買わなきゃいけないかな…。
おばあちゃん
あぁ、それならドライヤーで温風当ててごらん。撥水性が回復するよ。
孫ちゃん
えぇ!?うそだ~!?

【雑学解説】温風で撥水性のあるフッ素樹脂が回復!

温風で撥水性のあるフッ素樹脂が回復というトリビア

傘の撥水性がなくなってきたなと思ったら、まずはドライヤーの温風を当ててみよう。傘から大体5センチぐらい離して、5秒くらいゆっくりと温風をかけていこう。

特に折り目の部分は雨水がたまりやすく、撥水性が弱くなりがちなので、念入りにするのがコツだ。

孫ちゃん
うんうん。折り目のところは撥水性がなくなって布がダレちゃうよね。

たったこれだけで、傘の撥水性が回復する。

しかし、これは布製の傘に適応される方法だ。ビニール傘では、ドライヤーの温風で撥水性を復活させることはできないので覚えておこう。

なぜ傘の撥水性が復活するのか?

さて、一体どうして傘の撥水性が復活するのだろうか? それは、傘に使われている成分に秘密がある。

布製の傘の表面には、雨水を弾くためにフッ素加工が施されており、フッ素の樹脂を細かく並べて加工している。そうすることで空気の層ができ、雨水を弾けるようになる。

ただ、このフッ素樹脂も使い続けているとやがて倒れてしまう。そうなると、空気の層もなくなって、雨水を弾くことができなくなるのだ。

孫ちゃん
「倒れる」ってどういうこと?
おばあちゃん
フッ素樹脂は、目に見えない細かいトゲトゲのような状態で加工されるんだよ。長く使ってるとそのトゲトゲが倒れちゃうってことだね。

しかし、ドライヤーの温風を当てることで、倒れていたフッ素樹脂が元に戻り、また水を弾くことができるようになるというわけ。

とはいえ、布製であっても何年も使い込まれた傘の場合は、フッ素加工自体が取れてしまっている可能性がある。そうなると、ドライヤーで回復させることはできないので、新しい傘を買うようにしよう。

「数か月前に買い替えたばかりなのに、もう弾かなくなってる…」と思っても、諦めるのはまだ早い。ドライヤーの温風でケアをして、できるだけ長く大切に傘を使えるようにしよう。

孫ちゃん
これ、ほんと使える技!

実際に動画で見てみよう!

さて、ドライヤーを使って傘を復活させる動画を見つけたので、最後に確認しよう!

孫ちゃん
最初に水かけなきゃいけないの?
おばあちゃん
いや、どちらでもいいみたいだねぇ。でも汚れがついてるときは落としてからだよ。雨水も汚れてるんだから、雨に濡れた傘にそのままドライヤー当てればラク~!とか思わないようにね。
孫ちゃん
あはは…。私の思考回路、おもいっきりバレてる…。

ドライヤーをかけるだけで、撥水性が復活するとは、なんともお手頃だ。梅雨や長雨で傘の撥水性が弱まってきたら、ぜひ試してみよう。

スポンサーリンク

【追加雑学】「傘の日」という日がある

せっかくなので、1つ傘にまつわるトリビアを紹介しよう。実は傘には「傘の日」という日が設けられているのをご存じだろうか?

「傘の日」にあたるのは6月11日。日本洋傘振興協会という団体によって、1989年に制定された日だ。

どうして6月11日が「傘の日」なのかというと、この日が「入梅(にゅうばい)」の時期に当たるからである。「入梅」というのは、暦でみると梅雨入りの時期。梅雨に入れば傘が活躍するので、この日に「傘の日」を作ったというわけだ。

ちなみに、同じ理由で「雨漏り点検の日」というのも、この日に作られている。

「傘の日」だからといって、特別何かをする日ではないのだが、梅雨に向けて傘の確認や雨具の準備などをしたほうが良いのかもしれない。

雑学まとめ

雨を弾かなくなった傘にはドライヤーの温風を当てろッ!【撥水】についての雑学まとめ

今回は傘にまつわる便利な雑学をご紹介してきた。傘の撥水性がなくなってくるのは、相当使い込まれていない限り、フッ素加工が崩れたのが原因だ。そうなったら、ドライヤーの温風を当てて、傘をケアしよう。

「また傘を買い変えないと」と諦めるのはまだ早い! お気に入りの傘を少しでも長く使うために、ドライヤーでの回復方法は覚えておこう。

おばあちゃん
傘を開いて、裏から弱~中くらいの温度のアイロンをあてるのも効果があるよ。傘の布自体もパリッとしてきれいになるしねぇ。
孫ちゃん
あ、それもいいかも!家にあるもので簡単に復活するなんて便利~。
おばあちゃん
ドライヤーもアイロンも、熱くしすぎないように気を付けるんだよ。

おすすめ記事

ビニール傘に書いてある「APO」と「EVA」の意味は?に関する雑学
エヴァではない。ビニール傘のAPOとEVAってどういう意味?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー