肉・魚

ハンバーグの名前の由来とは?食べているのは日本だけ…?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ハンバーグの由来の雑学

ファミレスや定食屋さんでもよく見かける人気メニュー「ハンバーグ」。当たり前のようにハンバーグという言葉を使っているが、その由来を知っている人は数少ないだろう。身近な料理だからこそ、あまり深く考えたことがないという人も多いはずだ。

今回はそんなハンバーグの由来と、ハンバーグに関する雑学を併せて紹介していく。

【食べ物雑学】ハンバーグの名前の由来とは?

ぷよぷよくん
ハンバーグってファミレスの定番中の定番メニューで、しかも食べ飽きない料理だよね。…でも、『ハンバーグ』ってどういう意味なんだろう?
ガリガリさん
ハンバーグの正式名称は『ハンバーグステーキ』っていうんだぜ。由来はハンブルグの『タルタルステーキ』といわれているんだ。
ぷよぷよくん
ハンブルグ…ハンブルグ…ハンバーグ…!

【雑学解説】ハンバーグの由来は「ハンブルク」という地名

ハンバーグの由来は「ハンブルク」という地名についてのトリビア

ハンブルク

ハンバーグの由来はハンブルグという都市で作られていた「タルタルステーキ」。日本で食べられているハンバーグとはかなり違い、牛や馬の生肉を細かく切って調味料やオイルと和えた料理である。見た目はハンバーグに近いが、内容は全く違うのだ。

ぷよぷよくん
『たたき』みたいな料理なのかな?

それが日本に伝わり、都市名の「ハンブルグ」をもじってハンバーグと呼ばれるようになった。ちなみに、アメリカでハンバーグと注文しても伝わらないので注意が必要だ。しっかり「ハンバーグステーキ」と言って注文しよう。

【追加雑学①】ハンバーグが人気なのは日本だけ?

実は、ハンバーグをよく食べているのは日本くらいなのだ。アメリカなどではハンバーグよりもハンバーガーが主流で、ハンバーグのみを食べることは少ない。また、ハンバーグよりも「ミートローフ」と呼ばれる食べ物の方がメジャーだ。

ガリガリさん
ミートローフの『ローフ』っていうのは、古英語で『パン』っていう意味なんだ。パンみたいな長方形状のタネをオーブンで焼くことがその名前の由来みたいだぜ。

ミートローフはハンバーグとよく似ていて、ひき肉に香辛料やトウモロコシの粉などを合わせて作られる。以下に作り方の動画を載せておくので、興味がある人はチェックしてほしい。

ぷよぷよくん
丸ごとかぶりつきたいよ…!

スポンサーリンク

【追加雑学②】美味しいハンバーグの秘密

ハンバーグは家庭でもよく出てくるメニューの1つだが、なかなかお店のような美味しいハンバーグを作れない人も多いだろう。ここでは、ハンバーグを美味しく作るコツや秘密を紹介していく。ハンバーグを作る機会があったら、ぜひ参考にしてほしい。

隠し味としておすすめなのが、インスタントコーヒーだ。ハンバーグにコーヒーなんて邪道だと思うだろうが、肉と混ぜることでコクや風味が増すのだ。ちなみに、デミグラスソースなどに入れても美味しいのでおすすめだ。ただし、入れすぎには注意しよう。

ガリガリさん
想像つくと思うけど、インスタントコーヒーを入れすぎると苦みが出るぜ。

また、ハンバーグに欠かせないのが「飴色玉ねぎ」。作るのが面倒なのだが、実は短い時間で作れる裏技があるのだ。みじん切りした玉ねぎをあらかじめ冷凍してから炒めると、あっという間に飴色玉ねぎができてしまう。

冷凍する時間がない人は、切った玉ねぎをレンジでチンしてから炒めてもOKだ。

ハンバーグの雑学まとめ

都市名から!ハンバーグの由来についてのトリビアまとめ

今回はハンバーグの由来と、美味しいハンバーグの作り方を紹介した。

ハンバーグは身近な料理だが、その雑学やトリビアを知っている人は少ないだろう。上記で紹介したワザを使ってハンバーグを作り、友達や家族を驚かせてみてはいかがだろうか。

ぷよぷよくん
ハンバーグの元になった料理は生肉料理だったんだね。タルタルステーキかぁ…両方一気に食べたいな…ぐふふ…
ガリガリさん
肉料理に肉料理を重ねて食ったらさすがに飽きないか…?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー