役に立つ

​氷を30分でつくる方法→アルミカップとアルミバットを使えッ!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

アルミカップとアルミバットを使うと氷を30分で作れるという雑学

お茶やジュースを飲む時ゆでた麺をしめる時につかったり、なにかと活躍する「氷」。気づけば氷が足りなくなってしまった…なんてこと、皆様も一度はあるのではないか。私も以前、つい氷をつかいすぎて足りなくなってしまったことがある。

だからといって買いに行くのも面倒。なるべく短い時間、できれば30分くらいで氷をつくる簡単な方法はないのか…と考えていたのだが、どうやらアルミカップとアルミバットがあれば解決するらしい。今回の雑学では「たった30分で氷をつくる方法」を調べてみた!

【生活雑学】アルミカップとアルミバットを使うと氷を30分で作れる

アルミカップとアルミバットを使うと氷を30分で作れるという雑学

孫ちゃん
あっ!今日友達が来るんだった!どうしよう、ジュース用の氷作ってない!

おばあちゃん
おやおや。たしかアルミカップとアルミバットがあったね。それを使えば30分くらいですぐ作れるよ。

【雑学解説】用意するのはアルミカップとアルミバットだけ!氷を急いでつくる方法

アルミカップとアルミバットを使った氷のつくり方は簡単である。水を入れたアルミカップ数個をアルミバットの上にのせて、冷凍庫に入れて30分待つだけ! アルミバットがない場合は、トースターについているアルミのトレイでも代用ができる。

アルミカップとアルミバットを使った氷の作り方を実演してくれている動画も発見した。アルミカップと同様に普通のカップで作った場合どうなるかも比較してくれているので非常にわかりやすい。見てみると理解が深まる!

孫ちゃん
わ!すご~い!氷ができるスピードが全然違う!
おばあちゃん
アルミは熱伝導率が高いからねぇ。プラスチックに比べてアルミの熱伝導率は約2000倍らしいよ。

【追加雑学①】もっと早くつくりたいなら小さいアルミカップをつかおう

「とにかく急いでいる! もっと早く氷をつくりたい!」という方は、普通のアルミカップよりも小ぶりのものをつかうのがおすすめだ。

大きいアルミカップしかない場合は、水の量を少なめにすれば早い時間で氷をつくることができる。

スポンサーリンク

【追加雑学②】アルミカップなしでも早く氷をつくりたい場合はどうすればいい?

アルミカップなしでも早く氷をつくる雑学手持ちの冷凍庫に「急速製氷機能」などというボタンがついていればラッキー! ぜひその機能を活用してみよう。ボタンを押すだけで氷が早くつくれる、手軽な方法である。

「急速製氷機能」がない冷蔵庫の場合は、水ではなくお湯を凍らせる方法もおすすめだ。20度の水は凍り始めるまでに100分かかるが、100度のお湯は30分で凍り始めるといわれている。水よりお湯のほうが早く凍るのだ。

孫ちゃん
え、なんでお湯の方が早く凍り始めるの?
おばあちゃん
これは「ムペンパ効果」っていって、当時中学生だったタンザニアの男の子が発見したらしいよ。ただ、物理学的にはこの現象はまだ解明されてないみたいだねぇ。

早く氷をつくりたければ、製氷機の耐熱温度をしっかり確認し、製氷機に入れられるくらいの温度まで冷まして入れてみよう。ただ、冷凍庫にすでに入っているものが溶けてしまう可能性もあるので注意が必要だ。

【追加雑学③】時間はかかるけど溶けにくい氷も家庭の冷凍庫でつくれる

次は「時間がかかってもいいから、溶けにくい氷をつくりたい」という方向けの情報だ。コンビニなどで売っているような溶けにくい氷は家庭用の冷蔵庫でもつくることができる。

水道水にはたくさんの空気が含まれているため、早く溶けてしまう。そのため溶けにくい氷をつくるには、まず一度水を沸騰させて、水の中の空気を抜くことがポイントだ。また、凍らせる前には冷蔵庫の設定を「弱」に変えよう。時間をかけて凍らせることで溶けにくい氷になる。

準備した水を冷凍庫で冷やし、半分~3分の2程度の量が凍ったら、残った水を捨ててしまおう。水は不純物の少ないところから凍っていくので、残っている水には不純物が詰まっている。つまり、水を捨てることで氷の中の不純物を捨てることができるのだ。

この方法を試せば市販しているような透き通って溶けにくい氷をつくることができる。あと、最後に冷蔵庫の設定を元に戻すのを忘れずに。

孫ちゃん
へぇ~!家でもお店で売ってるような氷が作れるんだ!?
おばあちゃん
いかに不純物を取り除くかってのがポイントだねぇ。

雑学まとめ

「たった30分で氷をつくる方法」に関する雑学まとめ今回は、「たった30分で氷をつくる方法」などの雑学をご紹介した。足りなくなりがちな氷が、アルミカップで簡単につくれるなんて知らなかった…! トースターについているアルミのトレイでも代用できるのが嬉しい。

ちなみに可愛い形の氷をつくりたい人は、お菓子作り用のアルミカップをつかうのもおすすめだ。この雑学を知っていれば、氷不足に悩まされることはもうないかも! あなたもぜひ試してみてほしい。

孫ちゃん
あ、かわいい形の氷作りたい!たしかそういうアルミカップがあったはず!
おばあちゃん
じゃぁほら、急いで作っておいで。

おすすめ記事

アルミは錆びにくいのではなく"錆びている"。ボロボロにならない理由とは?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー