名言・格言

美の化身。IKKOの名言35選!人生/女/恋愛/心に響く格言もご紹介!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

IKKOの名言・格言

この記事では、IKKOの名言・格言を集めてみた。

美の追求に余念のない、日本でも随一のオネエタレント・IKKOさん。

そんな彼女の心に響く名言たちをどうぞご覧あれ。

IKKOのプロフィール

IKKO

  • 読み:イッコー
  • 本名:豊田一幸(とよだ かずゆき)
  • 生年月日:1962年1月20日
  • 出身:福岡県田川郡
  • 身長:171㎝
  • 血液型:A型
  • 職業:ヘアメイクアーティスト・メイクアップアーティスト・タレント・書家(名義:雅冬炎)

スポンサーリンク

IKKOの名言・格言

IKKOの名言その1

愛のないところに

幸せや成功はない。

けっきょく愛こそすべて。

愛があるから幸福を得られるのだ。

どんなに富があっても愛がなければむなしいだけだ。

IKKOの名言その2

人生、思い通りにいくと味がなくなっていく。

思い通りにならないことがあるから、うまくいったとき幸せになれる。

うまくいかなかったとき落ち込むことができる。

人生良いことばかりだと何も感じられなくなってしまう。

IKKOの名言その3

悪くなったのは自分のせい、 良くなったのは他人のおかげ。

自分にはある程度厳しく、他人への感謝は忘れずに。

大事な心意気。

IKKOの名言その4

見栄は一つの先行投資。

見栄を張ることでそんな自分にならないといけなくなる。

一つの戦い方である。

IKKOの名言その5

自分の人生に対して誠実に生きること。

それが自分にたいして誠実に生きることになる。

IKKOの名言その6

人生の宝物とは、頭の中にある記憶である。

記憶こそが宝物。

富や名誉ではなくかけがえのない思い出こそが宝。

IKKOの名言その7

40代は美しさを魅せるときであり

50代からは心の在り方を美しさとして表現していかなければならず、

そのためには性根をもう一回直さないといけない。

50代からは心の美しさが生きてくる。

長生きをすると、心の美しさで人は寄ってくるのかもしれない。

スポンサーリンク

IKKOの名言その8

プライドを持って生きていれば

どんなに苦しくても、どんなにみじめになっても、

ぶれずに正しく生きていける。

自分のプライドが正しい道に自分を導いてくれるはず。

いくらかのプライドは持っておくべきだ。

IKKOの名言その9

上手くいかないときがあっても、

創意工夫があれば乗りきることができる。

今置かれた環境や状況の中で工夫することにより、

より素晴らしい美しいものを作っていかなければならない。

自分の置かれた状況をただ嘆くのではなく、

その状況下でできる美しいものに目を向け実行する。

その勇気が未来を明るくするのだろう。

IKKOの名言その10

本音は背中に現れる。

歳をとるほど現れる。

本音は背中に出る。背中で語る…ともいうし、

確かにこれはその遠いかもしれない。

IKKOの名言その11

岐路に立った時

大切なのは直感。

自分の直感というものは、案外あてにできるもの。

自分の正直な感覚を大事に。

IKKOの名言その12

華のない女に足りないのは光と影。

光だけじゃなく、影も、というのがみそ。

光だけでも、影だけでも、華のある女にはなれないのだ。

IKKOの名言その13

明るく生きていくのがモットー。

どんなときも明るく!

笑っていればきっといいことがやってくる。

IKKOの名言その14

自らの破局経験に生まれた

男の「忙しい」は大体嘘。

女性は頭と胸が痛い名言かも。

ある意味男性も頭が痛いか…。

スポンサーリンク

IKKOの名言その15

自分にとっての本当の幸せを手に入れるには

それなりの時間と手間、努力が必要なんです。

本当の幸せなんて簡単には見つけられないもの。

いろんなものを見て、経験して、自分の本当の幸せを見つけていくのだ。

IKKOの名言その16

めげないめげない。 なにがあってもめげないこと!

人生色々なことがあるけど、 それが自分の引き出しに なっていくんだなと思います。

とても励まされる名言である。

めげずに人生を歩んでいこう。

死んだらすべて終了だ。

IKKOの名言その17

酸いも甘いもある程度分かる年齢になったら、優しさを身に付けなくては。

そうでなければ本当の美しさは出ないと思います。

本当の美しさというものは、いつでも内面の美しさなのかも。

歳をとればとるほど、それが出せるようになる。

IKKOの名言その18

昔、先輩に「良い縁も悪い縁も擦り切れるまで、どんな縁も良縁に変える力が必要」と言われました。

どんな縁も良縁に。

自分次第で人とのかかわりは良くも悪くもなるものだ。

IKKOの名言その19

逆にコンプレックスがあるなら

コンプレックスこそすべての起爆剤よね

コンプレックスがあるから、人は美しくなろうと努力する。

コンプレックスはむしろないと美しくなれないのだ。

IKKOの名言その20

女じゃないから、 女が持っている美をどうしたら私も手に入れられるかを研究し、

いまもたゆまぬ努力を重ねているんです。

だから、コンプレックスがある女の子のほうが

絶対魅力的になれると私は思うの。

これはとても説得力がある。元気の出る名言だ。

IKKOの名言その21

私は常に自分のことは「マイナス300評価」って表現します。

それくらいの位置からの努力を重ねないとIKKOというものは浮かび上がってこないのです。

美しくなるためには努力が大切。

そのためには少しの自信のなさは糧となり力となるのだろう。

スポンサーリンク

IKKOの名言その22

人生思い通りにならないこともたくさんあると感じたけど、今思うと良かった

思い通りにならないとき、その時はつらいかもしれない。

しかし、後になって振り返ってみると

その時間も必要だったと思えてくるはず。

IKKOの名言その23

男性はちゃんと女性に、「今日はきれいだよ」「かわいいよ」「素敵だよ」と声をかけてあげること

男性諸君、わかったな!

男性諸君、わかったな!!(圧)

IKKOの名言その24

人生は創意工夫!

人生は自分で工夫して作り上げるもの!

IKKOの名言その25

自分の居場所は自分で作る!

誰かに受け入れてもらいたいのなら、自分で努力をしてみよう。

何もせずに嘆くのは、やはりもったいない。

IKKOの名言その26

ステキだと思ったものは2ヵ月ぐらい見る。

心に刺さった理由をみつける。

これはIKKOさんらしい、というか、IKKOさんならではの名言。

自分がいいと思ったものにそれくらい時間をかければ、

おのずと自分んもそれに近づけるはず。

IKKOの名言その27

乗りきれなかったら、また同じ所でつまづくから。

苦しくても歩き続ける。

乗り越えることで強くなる。

歩き続けることで人生は進んでいくのだ。

スポンサーリンク

IKKOの名言その28

「愛をこめて」

これは、何かメッセージを伝えたい時、或いは何か文章を書いた時、

その最後に必ず添える言葉です。

どのような人間関係においても、その根っこの所に必要なのは「愛」。

けっきょくなんにしても、原動力の芯の部分は愛であるべき。

そして、愛であるなら、ほかの何よりも強いはずだ。

IKKOの名言その29

自分に否定的な事を言われると

直ぐに「まぼろしー」「幻〜」と否定言葉を打ち消すくせがついている。

そして、自分はなんでも出来る出来ると直ぐに切り返す。

あの「まぼろし~」にはそんな真意が。

とても素敵な言葉だと思った。

IKKOの名言その30

女にとってトキメキは、きれいのエッセンス

いくつになっても、トキメキを忘れずに!

IKKOの名言その31

どれだけ不安を持てるかが幸せへのカギ

不安があるから変わろうとし、チェックを怠らない。

その不安な心が私たちを幸福へと導いてくれるのだ。

IKKOの名言その32

人の意見は聞いても、頼らない

人に意見を聞くのは悪いことじゃない。

迷ったときに信頼できる人間に頼るのは、むしろいいこと。

しかし、その「答え」に頼り、その人の意見にただ流されることはあとから後悔を生む。

スポンサーリンク

IKKOの名言その33

綺麗は努力、恋は努力、お金も努力。

努力で直らないのは性根くらいよ。

努力をすればこの世のほとんどは変えられる。

そして、その努力に必要なのが性根である。

IKKOの名言その34

嫌なことを人に任せてばかりだと

人生は薄っぺらくなる。

嫌なこともやってみると、得られるものがあるのだ。

良いことも悪いことも体験し、心を豊かにしていこう。

IKKOの名言その35

若い女の美しさは絶対に枯れる。

枯れたとき、返り咲くのに必要なのは経験値。

枯れたときのためにたくさんの経験値を蓄えておきたい。

経験は宝なのだ。

IKKOの名言・格言まとめ

この記事では、IKKOの名言・格言を紹介した。

心に響く深い名言がたくさんあったが

「プライドを持って生きていればどんなに苦しくても、どんなにみじめになっても、ぶれずに正しく生きていける。」

「華のない女に足りないのは光と影。」

という言葉が私は特に印象に残っている。

あなたはどの名言が好きだっただろうか?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー