体の仕組み

重傷/重体/軽傷の違いってなに?治療日数や症状に注目!|人体雑学

重傷・重体・軽傷の違いに関する雑学

交通事故や事件を報じるニュース番組で、「全治2か月の重傷」「意識不明の重体」「軽傷を負う」などの表現をよく耳にする。

しかし、一緒にニュースを見ていた子どもに「どういう意味?」と聞かれたときに、ハッキリと答えられない自分がいた。なんとなく聞き流していて、それぞれがどう違うか考えたことがなかったのだ。

そこで今回は重傷・重体・軽傷の違いについて調べてみた。

【人体雑学】重傷・重体・軽傷の違いとは?

治療に必要な日数や症状の重さで使い分けている。

【雑学解説】重傷と軽傷の境界は30日

重傷・重体・軽傷は治療をするために必要な日数、症状がどれだけひどいのかによって使い分けられている。

軽傷

最もケガの程度が軽いのは「軽傷」。「軽傷」は「軽微なケガで、30日未満で完治するもの」をいう。

重傷

「重傷」は「命に別状はないが、完治するのに30日以上かかる深い傷や重いケガ」をいう。治るまでに2か月かかっても1年かかっても、命に別状がなければ重傷ということになる。

ちなみに、「じゅうしょう」には「重症」という字をあてることもある。こちらは病気やその症状が重いことで、重傷とは区別されることが多い。

また、「彼のアイドル好きはじゅうしょうだ」など、「程度がはなはだしい」という意味で使う場合には「重症」を使うので間違えないように使っていきたい。

重体

最も状態が悪い「重体」は「脳や内臓に大きな損傷があり、生死にかかわる状態」をいう。「意識不明の重体」と言われることも多く、かなり危険な状態といっていいだろう。

このように30日間で治るかどうかで「軽傷」・「重傷」を使い分け、生死に関わるものは「重体」となる。

【追加トリビア①】「心肺停止」は生存の可能性がある

「心肺停止」は「心臓と肺の機能が停止した状態」をいう。読んで字のごとく、非常にわかりやすい。

つまり、まだ亡くなっていないが非常に死が近い状態といえる。しかし、心臓マッサージや人工呼吸などの心肺蘇生法をほどこすことで息を吹き返すこともあるのだ。

スポンサーリンク

ニュースでの「心肺停止」は意味合いが違う可能性もある

ただし、交通事故などのニュースで「心肺停止の状態で見つかりました」という場合は少し話が違ってくる。実はすでに亡くなってしまっている場合もあるのだ。

事故や災害の現場に真っ先にかけつけるのは救急車や警察。現場に着き、明らかに亡くなっていても「心肺停止の状態」と報道される。

なぜ「心肺停止の状態」なのか?

それは死亡の宣告ができるのは医師だけだからだ。現場にかけつけた人たちでは判断を下せないため、医師の確認が必要となる。

よく第一報で「心肺停止の状態」とされながら、後に「その後死亡が確認されました」と報道されるのにはそういう理由があったのだ。

【追加トリビア②】「未明」とは夜中の0時から3時頃まで

重傷・重体・軽傷といった言葉は、事故や事件を報じるニュースでよく聞かれる。同時に、発生時間を表す「未明(みめい)」も聞く機会が多い。「未明」が具体的に何時をさすのか調べてみた。

すると、未明とは「夜中の0時から3時頃まで」の時間帯のことだとわかった。「未だ夜が明けていない時間」という意味でこう呼ぶようになったそう。

時間帯を表す言葉は他にも多数ある。

  • 「夜」…その日の日没以降。
  • 「深夜」…夜中の0時前後。あるいは0時ちょうど。
  • 「明け方」…午前3時頃から6時頃。
  • 「早朝」…夜明けから1~2時間以内の時間。主に、一般の人が活動を始める前の時間。

これらの言葉は、天気予報でもよく使われる。「未明」の雨ならば心配いらないが、「夜」の雨ならば傘を持ってでかけた方がいい。言葉の意味を正しく知っていれば、上手に対処することができるのだ。

トリビアまとめ

重傷・重体・軽傷には思っていたよりも明確な違いがあった。軽傷や重傷ならともかく、重体になることは避けたいものだ。

死亡の宣告をできるのは医師だけ、というのも初めて知った。心肺停止から死亡に変わることが多いと思ってはいたが、そのような事情があったのか! と納得である。

未明といわれる時間帯も、思っていたよりも真夜中で驚いた。もっと明け方に近いイメージだったのに。

言葉の意味を正確にとらえていなくても、実生活に問題はないだろう。しかし、誰かに意味を尋ねられたとき、すぐに「こういう意味だよ」と答えられるとかっこいい。そういうときのために、ぜひこの雑学を頭の片隅にでも置いておいてほしい。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.