ヨーロッパ

あま~い!イタリアの朝食は手抜き&甘いデザートが中心

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

イタリアの朝ごはんは甘いものしか食べないという雑学

日本では、もはやランチの定番となったイタリアン。おいしいパスタもピザも、デザートもワインも、イタリアンならあますことなく楽しめる。

そんなイタリアンだが、日本人が考えているイタリアンはあくまで昼食や夕食のメニューだ。あなたはイタリア人の「朝食」が想像できるだろうか?

実はイタリアでは、おいしい昼食や夕食を楽しむために、朝食を軽んじる傾向にある。何も食べない人も多いし、もし食べるとしたら…なんと甘いものしか食べないらしい。具体的には一体何を食べているのだろう。今回はイタリアの朝食についての雑学をご紹介しよう!

【世界雑学】イタリアの朝ごはんは甘いものしか食べない

ロバート
オレ達アメリカ人は、朝から卵料理とかハム・ベーコンとかがっつり食べるよな。やっぱり朝はしっかりエネルギー補給しないと!
エイミー
アタシも同意だわ。でも、イタリア人って、塩味のものを朝は食べないし、甘いものばっかり口にするらしいわよ。

【雑学解説】朝からドルチェ(甘いデザート)はあたりまえ!

朝からドルチェ(甘いデザート)はあたりまえ!というトリビア

イタリア人の甘いもの好きは世界的にも有名だ。朝は基本的に「ドルチェ(甘いデザート)」中心である。

生活に根付いた食事としてイタリアンを考えると、朝食は食べないか、うんと軽くして昼をしっかり食べ、夜は9時から夕食スタートということも普通だ。このため、朝はエネルギー源になる小さくて甘い物でじゅうぶんなのだ。

自宅ではなくお気に入りの「バール(バル)」に立ち寄ってカフェラテだけ飲む、という人もいるほどで、目玉焼き・ソーセージ・スープなどのしょっぱいものは一切食べない。

ロバート
オレの感覚とは全く違うな…。朝からスイーツオンリー、それかカフェラテだけなんて…。

イタリア人が好む朝食を挙げてみると、

  • クッキー
  • ビスケット
  • コルネット(クロワッサン風のパン)
  • フルーツ
  • ケーキ類

などとなっている。

コルネットは日本人ならクロワッサンを想像してほしいのだが、砂糖がかかっていたり、ジャムやクリームがはさんである甘いものである。中にイタリア名物「ヌテッラ」というチョコレートスプレッドがたっぷり塗ってあることも…。

お供はカフェラテ・カプチーノ・オレンジジュースなどいずれも甘い飲み物。甘党には最高だが、日本のようにしょっぱいおかずは一切登場しない。

エイミー
アタシ、ダイエット中だからイタリアの朝食はちょっと遠慮したいわ…。

日本在住のイタリア人が朝食を再現。こってり塗ったチョコの分厚さを見よ!

日本人とイタリア人の朝食にかけるテンションの差がよく分かる動画を発見した。こってり塗ったチョコだけでも、甘党は喜びの舞を踊れそうだぞ…!

https://youtu.be/nIr_RKcam4I

ロバート
コーヒーとヌテラ…組み合わせはサイコーだけど…。
エイミー
せめてサラダが欲しいわ…。

スポンサーリンク

【追加雑学①】スーパーマーケットのビスケット売り場がすごい充実

イタリアのスーパーマーケットには、いわゆる朝食コーナーとして棚一面の「ビスケット売り場」がある。棚の端から端まで延々と両側にビスケットが並んでいるのだ。これはイタリア人ならではのビスケットの食べ方にも理由がある。

イタリア人はカフェラテに固いビスケットをジャバジャバひたして食べるのが大好き! このため、カフェラテにひたす用の固焼きビスケットや、ジャバジャバ用の広口マグカップも用意されている。

ロバート
ビスケットはサクサクのが食いたいぜ!

サクサクのビスケットをカフェオレにひたすとフニャフニャに…それがまたいい、とイタリア人は考えるらしい。専用ビスケットのせいで売り場の種類が大変なことになっているのだ。

【追加雑学②】イタリア独自のケーキも朝から大活躍

イタリア独自のケーキも朝から大活躍についてのトリビア

朝からトルテやティラミスなどのケーキも食べてしまうイタリア人。イタリアならではの名物ケーキが、朝ごはんになることも多い。

甘党なら泣いて喜ぶだろうケーキが「ボンバ」だ。日本でいうところの揚げドーナツに近い。ビール酵母で発酵させたふっくらした生地を油で揚げ、たっぷりのグラニュー糖をまぶす。さらに中にカスタードクリームを詰めこんである。

子どもはボンバが大好きで朝からよく食べるし、手軽なおやつとして店で購入も可能だ。

また、「チャンベッローネ」というケーキも女性や甘党の朝ごはん定番。各家庭ごとに味が違う家庭料理(お菓子?)の定番で、レモンを入れて大きな円形の型で焼き上げる。

エイミー
イタリア人の友達が、『チャンベッローネ』って輪状のお菓子全般を指すともいっていたわ。ドーナッツもチャンベッローネって呼ばれることがあるらしいわよ。

朝ごはんのために焼くことも多いケーキなので、日本でお米を炊くようにケーキを焼いているということだろう。

おすすめ記事

ティラミスの意味と由来はかなりアダルトな世界だった!R18指定!?【動画】

続きを見る

雑学まとめ

あま~い!イタリアの朝食は手抜き&甘いデザートが中心についてのトリビアまとめ

イタリアの食文化についての雑学をご紹介してきた。イタリア人からすると、「日本人は朝から米なんて食べられるの? そんな重たいものは無理だ」ということになる。日本に旅行すると、味噌汁や焼き魚のようなしょっぱいものが出てきてとても驚くのだという。

昔はイタリア旅行の朝ごはんが甘いことは有名だったが、最近はホテルの朝食で目玉焼きなどが食べられるらしい。

ちなみに、筆者は超甘党! 朝だけでなくその後でパスタやピザが待っているとなると、イタリアンはカロリーが半端ない。3キロは太る覚悟で、朝ごはんにケーキ無双をしてみたいものである。

ロバート
オレも甘党だけど、さすがに毎朝甘いものはちょっと…。
エイミー
夢みたいな生活だけど、カロリーは本当に恐ろしいわよね…。

おすすめ記事

名古屋名物「モーニング」に関する雑学
朝から豪華!名古屋名物の"モーニング"ってどんなご飯?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー