企業・商品

ポッカコーヒー!缶コーヒー初の自動販売機は日本人が作った

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

缶コーヒーの自動販売機を初めて作ったのは日本人という雑学

道を歩いていると必ず見かける自動販売機。自動販売機で売られているドリンクのなかで、とくに男性に人気が高いのが、缶コーヒーではないだろうか。

缶コーヒーを世界で初めて開発したのは、チェイス・アンド・サンボーンカンパニーというアメリカの会社だとされる。だが、缶コーヒーの自動販売機を世界に先がけて開発したのは、日本の企業だったことをご存知だろうか。

この記事では、缶コーヒーの自動販売機と、日本初の自動販売機とコーヒーそれぞれの雑学についてもご紹介するぞ。

【生活雑学】缶コーヒーの自動販売機を初めて作ったのは日本人

昭和40年代半ば、缶コーヒーの自動販売機を世界で初めて開発したのは、日本人。ポッカコーポレーションの創業者だった。

【雑学解説】コーヒーと自動販売機にまつわるトリビア

コーヒーと自動販売機にまつわるトリビアについて

自動販売機やコンビニエンスストアなどで販売されている缶コーヒー。読者の方のなかにも、愛飲している方がいるかもしれない。日本で初めて缶コーヒーが発売されたのは、1959年に外山食品が発売した「ダイヤモンド缶入りコーヒー」といわれている。

では、世界初の缶コーヒーの自動販売機を設置した会社はどこか。それが商品に自社名をつけた「ポッカーコーヒー」で知られる「ポッカコーポレーション(現ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社)」である。

世界初の缶コーヒーの自動販売機を設置した際のエピソードを簡単にご紹介しよう。昭和32年に会社を創業してから12年ほど経った頃のこと。創業者の谷田利景氏(たにだとしかげ)が、岐阜県の養老サービスエリアでコーヒーを買おうとした。

しかしサービスエリアにある店は混雑していたため、コーヒーが出てくるまでに相当な時間がかかったそうである。案の定、出てきたコーヒーはすっかり冷めていた。そこで創業者は閃いた。ホットコーヒーを気軽に飲めるように、缶に詰めるアイデアを思いついたのだ。

さらに販売方法も工夫し、缶コーヒーを自動販売機で販売することにした。こうしたアイデアをもとに、ホット缶コーヒーの自動販売機の第1号機を制作した。

昭和48年、第1号機はアイデアを閃いたサービスエリア内に設置されたという。その7年後には、ホットとアイスを同時に販売できる自動販売機も生み出された。

ホット缶コーヒーの自動販売機は、こうして世間に知られるようになり、爆発的人気となった。これが缶コーヒーの自動販売機、誕生の経緯だ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】日本で初めて作られた自動販売機は、たばこを販売する自動販売機

日本で初めて作られた自動販売機は、たばこを販売する自動販売機についてのトリビア

日本で初めて作られた自動販売機は、山口県・下関に生まれた俵谷高七(たわらやこうしち)が、明治21年に発明した、たばこの自動販売機が最初とされている。

この自動販売機は「煙草販売便器」と命名され、10年間の期限付きで特許も取得した。明治23年、東京で開催された「第3回内国勧業博覧会」に出品されて好評を博したという。

おすすめ記事

日本最初の自動販売機と現存する最古の自販機に関する雑学
日本初の自販機はタバコ!では現存する最古の自販機は?

続きを見る

1904年に製作した木製の「自働郵便切手葉書売下機(じどうゆうびんきってはがきうりさげき)」も、非常にユニークな機械として知られている。

この機械は、切手とはがきを販売するのみならず、ポストの機能をあわせもった画期的な自動販売機だった。また、からくり人形の原理を使い、おつりや売り切れの表示などの機能も備わっていた。現在は、東京スカイツリータウン内にある「郵政博物館」に展示されている。

【追加雑学②】アメリカで初めてインスタントコーヒーを開発したのは日本人だった

アメリカで初めてインスタントコーヒーを開発したのは日本人だったというトリビア

缶コーヒーではなく、インスタントコーヒーを飲む方も多いだろう。じつは、アメリカでのインスタントコーヒーの開発に、日本人化学者が関係していたことをご存知だろうか。

アメリカのインスタントコーヒーの発明者とされるのが、加藤サトリといわれる日本人化学者(男性)である。正式な氏名や生没年などは、明らかになっていない。

アメリカの文献には、彼がアメリカで初めてインスタントコーヒーを発明した人物として記録に残っているという。1901年、アメリカ・ニューヨーク州で開催された「パンアメリカ博覧会」に、「ソリュブル・コーヒー」というインスタントコーヒーが出品された。

これを発表したのが、当時、シカゴに在住していた化学者・加藤サトリだった。1899年、加藤は緑茶をインスタント化する研究の途上、コーヒー液を乾燥させて粉末化にする製法に成功した。

日本ではこの製法は見向きもされなかっため、アメリカに渡ってこのコーヒーの製法を発表したという。だが、残念ながら市場に商品として出回ることはなかったようだ。いわば幻のコーヒーといってもいいだろう。

雑学まとめ

ポッカコーヒー!缶コーヒー初の自動販売機は日本人が作ったという雑学まとめ

ホット缶コーヒーの自動販売機の雑学をはじめ、自動販売機とインスタントコーヒーにまつわるエピソードをご紹介した。世界的に愛飲されているコーヒーにも、国内外で日本人が深く関わっていることが分かっていただけただろうか。

私たちがふだん愛飲している缶コーヒーには、日本人のアイデアと努力が詰まっていた。淹れたコーヒーに負けない缶コーヒーの香りとコクを、これからも堪能したいものだ。糖分の摂取には気をつけながら。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー