名言・格言

ファビュラスな言葉。叶恭子の名言36選!人生/恋愛/幸せ/心に響く格言もご紹介!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

叶恭子の名言・格言

この記事では、叶恭子の名言・格言を集めてみた。

セレブの代名詞であり、美の骨頂でもある叶恭子。

そんな彼女のファビュラスな名言の数々をどうぞご覧あれ。

叶恭子のプロフィール

叶恭子

  • 読み:かのう きょうこ
  • 叶姉妹の姉(妹は叶美香)
  • スリーサイズ:98.5-56-92

スポンサーリンク

叶恭子の名言・格言

叶恭子の名言その1

変えられないことに執着するのは、エネルギーの無駄遣いです。 変えられない中でどうするべきかを、考えましょう。

変えられないことも、この世の中にはある。

そこにこだわっていては時間の無駄。

できることでどうすべきかを考えて前向きになろう。

叶恭子の名言その2

何があなたにハピネスをもたらすのかは、あなたにしかわからないもの。

幸せは、自分の中にあって探すことや他に求めることではありません。

幸せは自分のなかに。

自分を幸せにするか不幸にするかはいつだって自分次第だ。

叶恭子の名言その3

少しでも様々なストレスを軽くできる習慣を創り上げていくことが、

幸福を日常的に感じる人生の基盤となり、

幸運を自分自身の手でつかみとる鍵となることでしょう。

ストレスは取り除ける。

自分が不幸だと感じる習慣は取り除いていこう。

叶恭子の名言その4

自分が好きなこと、確信が持てることに従って生きる。

それは、他人に媚びない生き方です。

世の中のすべてから愛されようといった虫のよいことは考えず、 異端を恐れずに進む。

それがわたくしの原点です 。

他人にこびない生き方。これは自分勝手とは違う。

ただ自分の好きな自分でいること。

自分が好きな自分でいれば、幸福な気持ちになれるはず。

叶恭子の名言その5

わたくしの人生にとって何より大切なことは、ほかの誰でもない、わたくし自身がハッピーであると感じられることです。

恋愛においては特に、もっともそのことが問われます。

自分がハッピーかどうか。何を決めるときも結局1番大事なのはこれ。

叶恭子の名言その6

女性はどなたでもキレイの種を持っています。

そしてすべての女性に、それを開花させるチャンスがあるのです。

女性の味方叶恭子さん。

とても元気がもらえる名言である。

スポンサーリンク

叶恭子の名言その7

あなたの人生はすべてあなたの一瞬一瞬の選択の 繰り返しで出来ている。

あなたの人生はあなた自身がつくるもの。

良いことも悪いことも、結局は自分の人生、自分の選択の上で成り立っていること。

避けられないと思えることでも、考え方や行動次第でなんとでもなるものだ。

叶恭子の名言その8

基本的には明日死んでも後悔しないように、いつも生きております

これはマネしたい精神である。

後悔のない人生を歩んでいきたい。

叶恭子の名言その9

意味があるのはただひとつ、自分で選ぶというシンプルなこと

自分の人生、他人決められるなんて絶対いやだ。

自分で決めれば、どんな結果になっても納得がいくもの。

叶恭子の名言その10

お金はラブリーで、 どれほどあっても、 あればあるほどいいと考えています。

それのなにが悪いのでしょう。

お金があれば大概のことは何でもできる。

必要以上に追い求めすぎるのは、大事なものを見失う危険もあるが

お金はやっぱり大事。大事に稼ぎ使い貯めながら生きていこう。

叶恭子の名言その11

「愛されたい」ために相手の男性の好みに合わせ

その結果として自分自身をゆがめてしまう恋愛においては、

女性は決して綺麗になることはできません。

恋愛においても自分自身をしっかり持つこと。

自分の幸福のためには絶対必要なこと。

叶恭子の名言その12

みずからの失敗から、嵐のような混乱を招いてしまい、

その混乱の前で、絶望に打ちのめされた思いで、ただ立ちつくすしかない日もあります。

そのような日は、次の新しい朝が来ることが心の底から恐ろしいものですが、

本当は、朝が来ることそのものが「希望」でもあるのです

何でも考え方次第ということだ。

悪いように変わっていっているように見えても、状況が変化するということは

その悪い状況もまた長くは続かないということ。

スポンサーリンク

叶恭子の名言その13

日々、同じメイクを繰り返すこと、それは私にとっては、美の怠慢なのです

悲しいけれど、時間とともに人は老いるし顔も肌質も変わってくる。

本当に美しくありたいのなら、しっかりと今の自分に合ったケアとメイクをすることだ。

叶恭子の名言その14

"全身が顔"なのです。

地味に、ちょっとドキッとするセリフ。

顔だけを飾っていてもだめなのだな…!

叶恭子の名言その15

「自分は自分である」という考えに立っているために、

世間がわたくしに向ける言葉には、

わたくしとしても、 影響の受けようがないのです。

世間から何を言われようが自分は自分。

たとえ自分のことを他人に何か言われようが、それは他人の意見でしかないのだ。

気にすることは何もない。

叶恭子の名言その16

人様のことをとやかく言うことは、もっとも嫌いです

言われるも言うのも野暮なことでしかない。

叶恭子の名言その17

「ルックス」「資産状況」「無償の愛」。

この中の二つ以上に当てはまることが、愛すべき男性の最低条件です。

頭の片隅に入れておきたい。

恋愛の指針にしたいものだ。

叶恭子の名言その18

自分自身を知った上でで幸せを追及し、幸せを見い出して、幸せに生きるということがいかに大切であるか。

生きるということはそういうことだと思うのです。

人生幸せでなんぼである。

幸せを追い求めるのは当たり前のあるべき姿。

せっかくの人生、自分を目いっぱい幸せにしてあげよう。

スポンサーリンク

叶恭子の名言その19

何をしてもうまくいかず、気持ちがふさぐ日。

そのような日こそ、ただシンプルに、 最善をつくしてすごすこと。

これもまた元気の出る名言である。

できることをやっていれば、たとえ今がどんな状況でも、必ず良い方向に動くはずだ。

叶恭子の名言その20

男性と女性が出会い、お互いを欲する。

そうすると、人は体を受け入れます。

その時肉体の快感だけでなく、愛情の伴うもの、精神的なつながりを伴うものがメイクラブです。

恋愛の名言。さすが恭子さんといったかんじ。

心が通って初めて本物の愛となる。

叶恭子の名言その21

たとえ100万人の人が、どんなに楽しそうにしていたとしても、

そこに真から楽しめるものがなければ、

『この世にたった一人のあなた』は、無理に笑うことはありません。

自分の感情を大切にしてあげよう。そんな風に思える名言。

無理に笑う必要なんてないのだ。

叶恭子の名言その22

他人のせいにばかりしていくことは、結局、ご自身の人生を台無しに行くことになると思います

自分の人生、背負っていくのは自分なのだ。

それなら他人のせいにしてうだうだしているのは本当にもったいなさすぎる。

叶恭子の名言その23

明日死んでも後悔しないような生き方をしなさい

心に掲げておきたいこの名言。

人間いつ死んでしまうかわからないのだから。

叶恭子の名言その24

人様に恥じない自分でいるよりも

自分に恥じない自分でいることのほうが よっぽど大切なわけですから。 

自分に恥じない自分。

いつでも、自分に嫌われないような自分でいたい。

スポンサーリンク

叶恭子の名言その25

美は1日にして成らず

毎日の行動が美を作る。

美しさは簡単には手に入らないのだ。

叶恭子の名言その26

「あなたのためを思って」と言う人に対しては、

まず、「自分のために生きてください」と言葉を返していきましょう。

その人のためを思った行動がその人のためになるかは、その人にしかわからない。

感謝の押し付けほど迷惑なものはないぞ。

叶恭子の名言その27

大人であるということ、それは自分の中の子どもである部分に正面から向き合えるということです

大人になっても、心なんて子供と大して変わらない。

重要なのはその子供の部分を「自分は子供だ」と理解できるかどうかだ。

叶恭子の名言その28

すべての人が求めているかのような「恋愛」ですが、本当は誰もがしなければならないものではありません。

その人にとって興味がなければ、一生しなくても全くかまわないのです。

食べ物の好き嫌いがあるように、一般的に幸せとされていることが自分にとっても幸せかどうかはわからない。

きちんと自分の物差しで物事が判断できるようになろう。

叶恭子の名言その29

わたくしは自分の価値観で、生きています。

色々なことを言われているのは、知っていますけれども、

わたくしの価値観や生き方を、変えるつもりはありません。

たとえ、そのことによって、誰からも好かれないとしても、 かまわないのです。

他人に好かれる自分でなくて、自分に好かれる自分になる。

これが幸福を手にする条件だろう。

叶恭子の名言その30

何をするかは大切ですが、何をしないかも大切です。

これは個人的にかなりグッときた名言。

取捨選択は取「捨」選択だ。

スポンサーリンク

叶恭子の名言その31

他人への心からの「思いやり」は、自分に「余裕」があってこそ生まれます。

余裕のある人間でいることは、自分のためにも他人のためにもなる。

頑張りすぎないで生きていこう。

叶恭子の名言その32

ヌードの世界に驚く人は、服を着なければならないと思い込んでいるのです

自分の固定概念に縛られるのは世界を狭めてしまう。

もっと自由な目で物事を見てみよう。

叶恭子の名言その33

未来とは、この一瞬とつながっており、

あなたの手で選び取られることの積み重ねによって、

柔軟にその姿を変えたいと願っているものなのです。

未来は自分の手ですぐに変えることができるということ。

変えたいと思えば今すぐにだって変えられるのだ。

叶恭子の名言その34

どんなドレスアップよりも オーラをまとうことが大切

恭子さん、オーラの塊ですもんね…!

めっちゃ説得力あります。

叶恭子の名言その35

愛においては、わたくしは自分の気持ちに素直に行動します。

同時に、「これは『愛』であるかどうか」を深く考え、冷静に見極めてもいます。

愛に見えるも乗って実は意外と存在する。

情や依存ではなく、本当にその人を愛しているか。

豊かな人生にするためにきちんと「愛」は見極めていきたい。

叶恭子の名言その36

目で見えるものが、全てでは、ありません。

時には、目に見えないもっと大切な物があります。

心のままに感じて。

目に見えない部分に大切なことは隠れていたりする。

ときにはそっと目を閉じて、見えない部分に寄り添ってみよう。

叶恭子の名言・格言まとめ

この記事では、叶恭子の名言・格言を紹介した。

心に響く深い名言がたくさんあったが

「意味があるのはただひとつ、自分で選ぶというシンプルなこと」

「何をするかは大切ですが、何をしないかも大切です。」

という言葉が私は特に印象に残っている。

あなたはどの名言に胸打たれただろうか。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー