武道・格闘技

キックボクシングとムエタイの違い…実はいろいろあった!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

キックボクシングとムエタイの違いは?に関する雑学

「最強の格闘技は何か?」

格闘技ファンが集まれば、一度は盛りあがるこの話題。柔道やボクシング、格闘技は数あれど、その中でも「これぞ最強!」と必ず候補に挙げられるのが…ムエタイ!

格闘技ファンではなくても、一度は聞いたことがあるのではないだろうか? ムエタイはタイの伝統的な、立ち技打撃系格闘技で、手・足・肘・膝が使えるのが特徴だ。しかし、こんな風に思っている人はいないだろうか?

あれ? ムエタイとキックボクシングって違うの?

最近では広瀬すずなどの女性芸能人も、ハマっていると話題になるなど、女性にも人気のキックボクシング。これも立ち技打撃系を代表する格闘技で、手足を使って戦う競技だ。

ムエタイとキックボクシングの違い、実はこれ、格闘技ファンでもちゃんと説明できない人が意外と多い…というわけで、今回はこの二つの格闘技の違いや雑学について語っていこう。

【スポーツ雑学】キックボクシングとムエタイの違いは?

新人ちゃん
課長、キックボクシングとムエタイって一緒ではないのですか?
マッチョ課長
同じ立ち技打撃系の格闘技だが、それぞれに違いがあるんだ。
新人ちゃん
どんな違いですか?
マッチョ課長
それぞれの発祥地・使っていい技・体の部位などが異なっているぞ!

【雑学解説】ムエタイはタイ、キックボクシングは日本発祥!その違いは首と肘!!

ムエタイはタイ、キックボクシングは日本発祥!その違いは首と肘!!というトリビア

それではムエタイとキックボクシング、二つの格闘技の違いを比較してみよう。

まずはその歴史。400年以上の歴史をもつタイ発祥のムエタイに対して、キックボクシングは、1966年にムエタイにヒントを得た、野口修氏が始めた日本発祥の競技なのだ。このトリビア、意外と知らなかった人も多いはず。

次にルール。どちらも同じ立ち技打撃系だが、大きな違いはこれ…

  • 首相撲・肘打ちをしていいのがムエタイ
  • 首相撲・肘打ちをしちゃダメなのがキックボクシング (一部使用を認めている団体もある)

つまり、首と肘の使い方が、ムエタイとキックボクシングの、大きな違いなのだ。

新人ちゃん
キックボクシングの禁止技は、ムエタイではOKなんだぁ~。

地味でエグイ!それがムエタイの首相撲

首相撲とは、選手同士が密着したときに、相手の首に手を回して組むこと。でもこれ、ものすごーく地味…。

だけどね、この状態からの膝蹴りをお腹になんかもらうと…もう最悪。そう、首相撲は試合をコントロールする重要な技で、ムエタイの強さは首相撲で決まるといっても良いぐらい、大事な技なのだ。

新人ちゃん
昔よくやりました!相手の親指を押さえつけて…
マッチョ課長
それは指相撲っ!

ちなみにキックボクシングで、首相撲が禁止されている理由の一つは、ムエタイ経験者の首相撲が強すぎて、手が付けられないから…なんていう説もあるぐらい、ムエタイ選手の首相撲はエグイことで知られている。

お手軽な危険技!それがキックボクシングの肘打ち

お手軽な危険技!それがキックボクシングの肘打ちというトリビア

次に肘打ち。キックボクシングでは、肘打ちを禁止している団体は多い。というのも、肘打ちは出血をする可能性がとても高く、顔に傷が残りやすく危険だからだ。

新人ちゃん
うわぁ~痛そう…
マッチョ課長
格闘技もあくまでルールあってのものだからな。

たしかに肘打ちは、軽くエクササイズ♪ なんて思っている人にはあまりに生々しいのだが、実は護身術に一番有効なのはこれだともいわれていて、強力な技なのは間違いない。

スポンサーリンク

【追加雑学①】トータルバランス・多種多様な技がキックボクシングの魅力

「なんかさっきからこの人、ムエタイのことばっか褒めてなーい?」

いや、違うんだ…(注:筆者はキックボクシング歴10年のインチキファイターです)。決してキックボクシングが弱いとか、大したことない、などといっているつもりはない。本当に…

キックボクシングの魅力は、ムエタイや空手などの長所を取り込んだ多彩な技。そして、キックに偏りがちなムエタイに比べて、パンチとキックのバランスが非常に優れているのが、キックボクシングの魅力だ。

新人ちゃん
純粋にパンチとキックを組み合わせた格闘技というわけですね!

そしてその強さも世界中が認めるところだろう。事実、「立ち技格闘技最強を決める」をコンセプトに、世界中からファイターを集めた人気格闘技イベント「K-1」の歴代最強選手は誰か? とファンが議論するときに、必ず名前が挙がるホーストアーツは、キックボクシング出身の選手だ。

世界一完璧といわれている、アーネスト・ホースとのコンビネーション! とにかくカッコいい。

マッチョ課長
ホーストは強かったなぁ~。私も憧れたぞぉ!

【追加雑学②】美を競う?ムエタイの判定基準

美を競う?ムエタイの判定基準についてのトリビア

ムエタイの方からは、ちょっと面白いトリビアを一つ。

激しい試合が繰り広げられるムエタイだが、制限時間内に決着がつかない場合は、判定で勝敗が決まる。その勝敗の基準は、もちろん試合を有利に進めた方が勝ち…なのだが、ムエタイではそれに加えて、なんと技や動きの美しさという芸術点的な判定項目がある。

新人ちゃん
格闘技に芸術点があるとはびっくりです!

たしかにムエタイを極めたタイ人の動きははっきりいって神がかっており、その攻撃のなめらかさはまるでダンスや演舞のように美しい。

マッチョ課長
「蝶のように舞い、蜂のように刺す」というわけだな。

伝説のムエタイ選手といわれたセンチャイの華麗な足技の数々…練習風景を見せるだけで、金が取れる!!

雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。

ムエタイとキックボクシング、それはルールこそ違えど、修練を重ねたトップファイターたちが互いの魂をぶつけあう戦いの場所なのだ。

マッチョ課長
「魂をぶつけあう場所」…おお、なんといい響きだろう!
新人ちゃん
(また始まった…)

この雑学記事を読んで興味をもった方がいたら、ぜひ一度、試合会場に足を運んでみていただきたい。そこには、テレビでは伝わらない感動がきっとある…。

おすすめ記事

「チェス」と「ボクシング」を交互に行うスポーツがあるという雑学
過酷すぎ…!チェスとボクシングを繰り返すスポーツとは?【動画あり】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー