体の仕組み

特徴がある!蚊に刺されやすい人と刺されにくい人の違いとは?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

蚊に刺されやすい人と刺されにくい人の違いに関する雑学

夏場になればどこからともなく現れる、我ら人類の敵・蚊!

いつもちゃんと網戸をしているにも関わらず、どこから侵入したんだと頭を悩ませるものである。ところでこの蚊について、「刺されやすい人と、刺されにくい人がいる」という話は聞いたことがあるだろうか。

両者はいったい何が違うというのか? 今回はそんな、特に蚊に刺されやすい人が、ほかの人とどう違うのかという雑学をお届けする。

【人体雑学】蚊に刺されやすい人と刺されにくい人の違いとは?

科学者くん
わ~ん!僕また蚊に刺されちゃった…!
ダヴィンチさん
科学者くんは体温が高くてよく汗をかくからね。
科学者くん
え?僕みたいな人は蚊に刺されやすいんですか?

【雑学解説】蚊は二酸化炭素の濃度で人を感知する

蚊は二酸化炭素の濃度で人を感知するというトリビア

蚊によく刺される人というのは、実は「二酸化炭素の排出量が多い」という身体的な特徴をもっている場合が多い。蚊は口の周りについたセンサーで、二酸化炭素の匂いを頼りに人を感知しているからだ。

具体的には以下のような人がこれに該当する。

  • 汗をかきやすい
  • 運動をしている
  • 太っている
  • お酒を飲んだ後
  • 体温の高い妊婦さん・赤ちゃん
科学者くん
僕、太ってないし、妊婦でも赤ちゃんでもないのに…。
ダヴィンチさん
でもよく元気に駆け回って汗をかいているだろう?

ご存知の通り、人は酸素を体内に取り込んでエネルギーにした際、二酸化炭素を排出する。つまり酸素が多く必要になればなるほど、二酸化炭素の排出量も増え、蚊にも狙われやすくなるわけだ。

代謝が活発になれば二酸化炭素の排出量は増えるので、汗をかいている状態や運動しているとき、お酒を飲んだときはこれに含まれる。また妊婦さんや赤ちゃんはもともと代謝が活発だ。

太っている人が刺されやすいのは、単純に体に必要なエネルギーが多く、これも二酸化炭素の排出量が増えるからだろう。

また蚊は二酸化炭素の匂いと同時に、温度を感知するセンサーも備えもっている。これにより体温が高い人は総じて刺されやすくなるのだ。

ダヴィンチさん
私はあまり運動もしない低体温の老人だから…蚊にとってもあんまり魅力的ではないだろうね…。
科学者くん
ダ、ダヴィンチさん…!

スポンサーリンク

【追加雑学①】濃い色の服を着ていると蚊に刺されやすい?

濃い色の服を着ていると蚊に刺されやすい?というトリビア

匂いや温度で判断しているとはいえ、蚊にだって一応、視覚がある。しかし白黒でしか見えていないため、基本的には色を濃い・薄いでしか判断できず、濃い色には特に寄り付きやすいというのだ。

「黒→青→赤→茶→緑→黄→白」という色の順番で、蚊が多く飛来したという実験結果もある。なんでも白と黒では、3~4倍も刺される確率が違うそうだ。

黒い服を着ている人はもちろん、日焼けをしている人も刺されやすくなるというぞ!

科学者くん
うーん…僕、夏はあんまり黒い服は着ないことにします!あとは、外に出るときには日焼け止めも忘れないようにしないと…ちょっとめんどくさいけど。

【追加雑学②】足の裏の常在菌が多い人も蚊に刺されやすい

近年の研究によると、足の裏の常在菌に、蚊を引き寄せる化学物質を発生させる種類がいると判明している。そのため常在菌の多い人は、蚊に刺される確率も高くなるという。

夏でも靴下を履いたり除菌シートで足裏を小まめに拭くなどの工夫で、常在菌の出す化学物質を察知されにくくなり、蚊の対策になるのだとか。

そして驚かされるのは、こうした蚊の習性を研究し、発見したのが高校生の男の子だったということ。当時、京都教育大学附属高校に通っていた田上大喜くんは、蚊アレルギーの妹の悩みを解決したいと、研究を開始した。

科学者くん
高校生のお兄さんがこんな大発見をしたのですか!僕もそんな高校生になりたいな…。
ダヴィンチさん
科学者くんの探求心があれば、きっと田上くんのようになれるよ。

彼が大人顔負けの研究結果を見せたこともすごいが、何より妹想いなその人となりに心打たれる話だ!

ちなみに血液型によって刺されやすい人と、刺されにくい人がいるのでは…? というのもよくいわれることだが、蚊は皮膚の上から血液型を察知することはできないという。これに関しての真意はまだまだわかっていないようだ。

雑学まとめ

特徴がある!蚊に刺されやすい人と刺されにくい人の違いについてのトリビアまとめ

蚊に刺されやすい人の特徴について、服の色や足裏の常在菌に関しては対処のしようもあるが、一番大きな要因である「二酸化炭素の排出量が多い」に関しては、正直どうしようもない面がある。

太っている人はまた別かもしれないが、代謝が活発なのは健康的なことだし…。小まめに汗を拭くことで、少しは対策になるというが…うーん、本当に困った虫である。

科学者くん
あ、でも、蚊に刺されやすい人は虫よけスプレーを吹けばいい話ですよね…?
ダヴィンチさん
ああ、言われてみればそれもそんな気もするね…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー