野菜

きのこが肺に生える…!?きのこに感染する"スエヒロタケ感染症"とは?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

きのこ感染に関する雑学

秋になると続々とスーパーに並びだすきのこ。食べると美味しいのだが、中には毒のあるきのこなどもあって、常に危険が付いて回る食べ物でもある。

そんなきのこの胞子を吸い込むと、「肺にきのこが生える」という、不思議な病気が存在するのを聞いたことがあるだろうか。聞いただけでも怖いが、たしかに考えてみればきのこは菌類なので感染しないとは言い切れないのだ! 

今回の雑学では、そんなきのこと病気の関係について詳しく紹介するぞ。

【食べ物雑学】きのこに感染する「スエヒロタケ感染症」とは?

ぷよぷよくん
肺にきのこが生える…なんだかSFちっくだけど、そんなことあるの?
ガリガリさん
実際に肺にきのこが生えたりはしないけど、『スエヒロタケ』と『ヒトヨタケ』っていう、人に感染するきのこはあるぜ。

【雑学解説】きのこが肺に生えるわけではないが胞子で感染する

結論からいえば、肺にきのこが生えることはない。しかし、実際にきのこに感染したという症例が報告されているのだ。

きのこの胞子が気管や肺に入り込み、炎症を起こしてしまう。きのこに感染すると、咳や痰が続いて苦しんでしまうのだ!

きのこに感染するなんて…と思う人も多いと思うが、国内ではこれまでに30人ほどの感染が確認されている。いつかは自分も感染するかもしれないと思うと、ちょっとゾッとするのは私だけだろうか。日本国内ではないが、死亡例もあるので注意が必要だ。

ぷよぷよくん
死亡例まで…?!怖くってきのこが食べられなくなっちゃうよ…ボク好きなのに…!

とはいえ、スエヒロタケ・ヒトヨタケはスーパーでは販売されていないため、通常売られているきのこで感染するわけではないので安心してほしい。

ガリガリさん
市販のきのこは安全チェックがされているから大丈夫だけど、自然に生えてるきのこは自己判断で食べるのはやめておいた方がいいぜ。

関連雑学

日本のきのこと食用きのこは何種類?毒キノコもたくさん…【動画】

続きを見る

肺にきのこが生えた女性がいた!?

感染症とは違うが、中国で生のきのこを大量に食べていた女性が腹痛を訴えて病院に運ばれた。その女性の体内には、なんときのこが生えていたというのだ。

よく噛まずに大量に食べたことで、体内で繁殖してしまったと考えられているそうである…。複数の海外メディアで報じられたが、事実がどうかはわかっていない。

ぷよぷよくん
うーん…正直ちょっと信ぴょう性にかける情報な気がするなぁ…

スポンサーリンク

【追加雑学①】実際に「スエヒロタケ感染症」に感染した女優がいる

日本国内では30例ほどが報告されているきのこの感染症だが、実際に感染した女優がいた。その女優というのが栗原アヤ子さん」で、肺に胞子が入り込んでスエヒロタケ感染症を引き起こしてしまったそう。

1993年に感染し、その後の闘病を綴った本も出版している。当時は世界で7例しか報告されていなかった病気で、治療は大変だったと推測される。症例が少ないと治療法も確立されていないだろうし、きっと怖い思いをしたのだろう。

ガリガリさん
栗原さんは『気管支ファイバー治療法』っていう治療法を施されたらしいけど、これはかなり痛いものらしいぜ…手術は毎週1度行われていたっていうから相当つらかっただろうな…

【追加雑学②】「スエヒロタケ」には抗ガン作用がある!?

感染症を引き起こすと紹介した「スエヒロタケ」だが、実は悪いことばかりではない。スエヒロタケには抗ガン作用があるといわれていて、研究が進んでいるのだ!

きのこに抗ガン作用があるなんて、かなり驚きだ。関係ないとは思うが、この話を聞くと毎日きのこを食べたくなってしまう。

「きのこと感染」の雑学まとめ

今回は、きのこについての雑学を紹介してきた。

きのこにはいろいろな種類があり、美味しいきのこもあれば感染症を引き起こすきのこもあるということが伝わっただろうか。きのこは幅広い料理に使うことができ、かなり便利な食材だ。しかし、意外な危険が潜んでいるのである。

体調がすぐれないときは、むやみにスエヒロタケに近づかないことをおすすめする。スエヒロタケは国内にも自生しているので、山登りやキャンプをするときは注意しよう!

ぷよぷよくん
山って怖いねぇ…ボク、家にこもってきのこ料理三昧しようっと。
ガリガリさん
食ってばっかりじゃなくって、たまには外で体を動かせよ…

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー