コンドーム情報

オリンピックとコンドームの関係とは?なぜ選手村で配布される?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

オリンピックとコンドームの関係についての雑学

「アスリートは性欲が強い」というのはもはや周知の事実。

身体を鍛えると男性ホルモンが多く分泌されるため、そのぶん夜のほうも積極的になるのだとか。ある意味、身体を危険にさらしているということで「子孫を残さなきゃ」という本能が働くみたいですね。

【性の雑学】オリンピックとコンドームの関係とは?

ウマさん
アスリートたちが集まるオリンピック…選手たちって性欲強そうだし、夜は夜で『大人のオリンピック』が開かれてそうだね~。
パカちゃん
も~、そんなつまんないこと言わないでよ~!でも、選手村ではコンドームが無料で大量配布されているんだよ。
ウマさん
大量に?やっぱだれかれかまわずやりたい放題なんじゃないの~!?

2016年リオオリンピックでのコンドーム配布数は約45万個!

2016年に行われたリオオリンピックには、タレントの猫ひろしさんもマラソンランナーとして出場しましたよね! その際、猫さんも選手村の食堂にて、以下のような機械が設置されていたことをツイートしています。

ウマさん
何この機械?僕初めて見たよ!

ガチャポンのような装置になっていて、回せば無料でコンドームをゲットできるんです。え! そんなの貧乏根性丸出しで回しまくっちゃいそうだけど…と、思っていたら、案の定猫さんも100個以上持って帰ったとのこと。

まあ…リオオリンピックでは45万個のコンドームが配布されたといいますから、そのぐらい持って帰っても問題ないっちゃないんでしょう。

オリンピック選手村ではセックスばっかりしてる…?

気になるのは、「なんでオリンピックの会場でそんなにコンドームが必要なの?」ということですが、これに関しても興味深い証言が多数あります。

女子サッカーアメリカ代表のホープ・ソロ選手は「建物の陰や芝生のうえなんかで、みんなセックスしているわよ」などと言っていますし、ロンドンオリンピック水泳競技の金メダリスト、ライアン・ロクテ選手は「7割がやっている」などとも…。物騒な話だと、選手村の女性清掃員にセクハラをして捕まった人もいます。

やはり…家族もマスコミも立ち入り禁止の選手村では、アスリートたちも性欲が爆発してしまうのでしょうか?

ウマさん
選手村…行ってみたいかも…。
パカちゃん
コラァ~!!!

コンドーム配布の実情は「性感染症予防のプロモーション」のため

…と、妄想も十分に膨らんだところで種明かしをすると、実際は「選手たちがお盛んだから」という理由ではなく、あくまで「性感染症予防のプロモーション」として配布しているとのこと。

なるほど、オリンピックのアスリートからコンドームの普及をしていこうということですね! 彼らの影響力はすごいですから。

特にリオオリンピックに関しては、土地柄で「ジカ熱」や「デング熱」などの感染症も流行っていたため、より多くのコンドームが配布されたのだといいます。

うおお…選手村で流行するようなことがあったら、オリンピックどころの話じゃなくなっちゃいますね…。みんなヤリまくりだなんて不謹慎な想像してごめんなさい! …でもそれなら、数々のお盛ん証言はなんなんだ?

パカちゃん
…まぁ、プロモーションと選手たち自身の性欲の両方の面から必要っていうことで…

東京オリンピックは世界に日本の技術力を示すチャンス!

リオオリンピックでは過去最多のコンドームが配布されましたが、東京オリンピックではさらに増えるかもしれません! なんてったって、日本は世界最高峰の技術を誇るコンドーム大国ですから。

日刊スポーツの記事「2020年東京からコンドーム愛を世界に配信」でも、東京オリンピックに向けて「相模ゴム工業」「オカモト」「不二ラテックス」という、日本コンドーム業界の三本柱が特集され、それぞれに「日本の技術を世界に示すチャンス」「コンドームはアダルトグッズではなく、生活用品という認識をもっと広めたい」などと意気込みを示しています。

特に相模ゴム工業やオカモトが販売している0.01~0.02ミリのポリウレタン製は、日本企業しか成し得ていない領域の薄さを誇ることもあって、海外勢からは注目されそうです。実際、観光客でも珍しがってお土産にする人が多いといいますよ。

ウマさん
日本のコンドームってそんなにすごかったんだ~!誇らしいね!

日本の技術力に感心した世界の人々が、さらにコンドームを普及させていってくれることに期待です!

雑学まとめ

アスリートの性欲が強いのはたしかにそうかもしれませんが、実際のところオリンピックで大量のコンドームを配るのは、性感染症予防の意識を広げていくため。オリンピックは平和の象徴といわれるように、社会貢献の場としても大きく活用されているのです。

…でも、キュっと引き締まったアスリートたちの身体はやっぱり魅力的。そういう間違いが起きても全然おかしくないよね…というのもまた、正直な感想です。

ウマさん
確かにみんないい体してるし、ついついムラッってきちゃうのは分かるな~。
パカちゃん
ちょっとウマさん!いい加減怒るよ?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー