五輪のスゴい人

オリンピック初の優勝者とその種目は?ハーバードを中退してでも出場!

オリンピック初の優勝者とその種目は?という雑学

ジェームズ・コノリー

なにごとにも「初めての人物」というものがいる。オリンピックにも「初めて優勝した人物」というのがいるものだ。

記念すべきオリンピック初の優勝者は誰だったのか? そしてどのような種目で優勝したのか?

今回は知っているようで知らない、オリンピックの優勝者についての雑学を紹介しよう。

【オリンピック雑学】五輪初の優勝者とその種目は?

新人ちゃん
第1回オリンピックで最初に優勝した、記念すべき人って誰だったんっすか?
マッチョ課長
それはアメリカのジェームズ・コノリーという選手だ。三段跳びで優勝したんだぞ。

【雑学解説】オリンピック初の優勝者はアメリカ人!

記念すべき初のオリンピック優勝者は、アメリカ人のジェームズ・コノリーという人物だった。

アテネで開催された第1回オリンピックで、最初の決勝戦が行われたのが陸上競技の三段跳び。その名の通り「ホップ・ステップ・ジャンプ」とテンポよく3回跳んで、その飛距離を測るものだ。

マッチョ課長
一説によると、古代オリンピックでも三段跳びの起源にあたる競技が行われていたのではないかといわれているんだ。

現在のルールでは、三段跳びは「踏み切った足と同じ足でホップをし、反対の足でステップをし、そこから続けてジャンプをする」というものとなっている。

しかし、ジェームズがオリンピックに出た1896年ではルールがちょっと違う。当時のルールは、「踏み切りと同じ足でホップし、さらにまたホップ」といった具合に、2回ホップをするというものだった(現在ではこの跳び方は禁止されている)。

ジェームズは、この三段跳びで13m71cmの記録を出し、見事三段跳びで優勝した。

ちなみに、ジェームズは同じ第1回オリンピックで走高跳で2位に、走り幅跳びで3位になっている。さらに、パリで行われた1900年の第2回オリンピックでも男子三段跳びに出場。そこでは惜しくも2位の成績となった。

オリンピックに出場したのは2回だけだが、特に初めての出場で3個も成績を残している。どれも跳躍力が必要な種目なので、かなりのジャンプ力があったことが分かる。第2回オリンピック以降にも活躍してほしかったものだ。

ここまで、ジェームズを「優勝者」としてきたが、第一回オリンピック金メダルがなかった。そのため、残念ながらジェームズは「金メダリスト」ではないのだ。

新人ちゃん
え?金メダリストじゃない?どういうことっすか?
マッチョ課長
文字通りのことなんだが…。詳細は以下の記事から見ていこうか。
第1回アテネオリンピックでは金メダルがなかったという雑学
1位は銀メダル。第1回アテネオリンピックで金メダルがなかった理由は?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】オリンピックに出るために大学を中退した!?

初めての優勝者であるジェームズについて、もう1つトリビアを紹介しよう。ジェームズが第1回オリンピックに出た当時は大学生だったのだが、なんと彼はオリンピック出場のために大学を引退していたのだ!

初めてオリンピックが行われることを知ったジェームズは、大学を休学して出場しようと考えていた。しかし大学に申し出てみると、その答えは「NO」だった。

しかし、ジェームズはどうしてもオリンピックに出たかった。

「休学がダメなら、いっそのこと大学を中退しよう!」

そしてジェームズは大学を中退して、オリンピックが開かれるアテネへと向かったのだった。

ちなみに、当時ジェームズが通っていたのはハーバード大学。アメリカでも屈指の名門校だ。しかも、ジェームズは高校を卒業してなかったものの、一念発起でハーバード大学に入学していた。

新人ちゃん
超エリートの学校を辞めてまでもオリンピックに参加したかったんっすか…熱いっすねー!

入学するとしても相当な勉強や苦労をしただろうに、そんな名門大学を中退してでもジェームズはオリンピックに出たかったのだ。彼の並々ならぬ情熱を感じさせるエピソードである。

もしかしたら、ここまでの情熱や行動力がなければ、初の優勝者という結果には至らなかったのかもしれない。

三段跳びがどんなものか動画で見てみよう!

最後に、初めての優勝者であるジェームズが出場した三段跳びがどのようなものか、動画で確認しよう!

動画は、第100回日本陸上競技選手権大会の男子三段跳び決勝のものである。

新人ちゃん
お、お兄さんいい体してる…!
マッチョ課長
新人ちゃん、プレーを見てくれ!

こちらの選手もなかなかの跳躍力だ。

雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。

初のオリンピックで最初に優勝したのは、アメリカの選手ジェームズ・コノリー三段跳びで見事な跳躍力を発揮し、記念すべき最初の優勝者となった。

名門大学を中退してでもオリンピックに出場したジェームズ。オリンピックに対する情熱や行動力がすごい男だ。

マッチョ課長
ちなみにジェームズ・コノリーは、1949年にハーバード大学から名誉博士号授与の申出があったのにも関わらず、それを辞退しているんだ。
新人ちゃん
えー!なんかもったいない話っすね…。

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー