生活雑学

ウソつかれた?不動産の"徒歩5分"が5分以上かかるのはなぜ?|生活雑学

不動産広告の「徒歩5分」が5分以上かかる理由に関する雑学

みなさんはこういった経験はないだろうか。「駅まで徒歩5分って物件情報に記載してあったのに、実際に歩いてみたら10分以上かかった」。

こういったケースが実は非常に多いのだ。なぜこういったことが起こるのだろう。不動産は嘘をついているんじゃないだろうか、と疑いたくなる。

果たして本当に嘘をついているのだろうか。真相を探ってみたぞ!

【生活雑学】不動産広告の「徒歩5分」が5分以上かかる理由

不動産の徒歩時間は1分=80mという基準で決められている。

【雑学解説】不動産の徒歩時間は、一定の基準に従って決められている

不動産の物件情報には「駅まで徒歩○分」と書かれているものが多い。

実は不動産の徒歩時間は、一定の基準に従って決められているのだ。それは、1分あたりの距離を80mと定めている。

つまり徒歩5分ということは、400mの距離があるということだ。だから歩くのが遅い人は当然、5分以上かかってしまうだろう。

1分=80mという基準は、どうやって決めたのか?

これは、健康な女性がハイヒールのサンダルを履いて歩いた平均速度をもとにして決められたものだ。男性よりも歩くのが遅い女性が、ハイヒールという走りにくい靴を履いた場合を基準とすることで、「決して足が早い人を基準にしていない」ことをアピールしている。

なるほど、こういう基準で決められているんだなあ。ところが! 問題はここから。徒歩時間というのは、そう単純な話ではないのだ。

まず、踏切や赤信号などで待たされる時間はカウントしていない。あくまで距離だけを見て、徒歩何分かを図っている。

おまけに、「駅まで○分」というのは「駅の入り口まで○分」という意味であり、駅のホームを歩く時間は全く関係ないのだ。こういったことになっているため、駅まで徒歩5分と書かれていても実際は10分以上かかる場合もあるかもしれない!

言われてみればたしかにそうだよなあという話だ。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】賃貸物件における家賃交渉のコツ

今回は不動産のトリビアということで、賃貸物件における家賃交渉のコツについて紹介するぞ。

たとえば、駅から徒歩5分という物件は家賃が高いことが多い。やはり、値切りをしたくなる人もいるだろう。

家賃交渉のコツは、まず、空室がどのくらいそのアパートにあるのかを確認することだ。

気になるアパートがあったら、不動産の人に「空室はどの程度あるのか」「前の入居者が退去したのはいつぐらい」かをしれっと聞いておこう。空室が多い物件は、いち早く部屋を埋めたいと思っているから、家賃交渉をしてくれる可能性が高い。

また、家賃交渉する際は、あくまで「お願いする姿勢」でいこう。

「値下げして当然だ―!」という態度はNG。「できれば家賃を下げてほしい」と下手に出た方が、不動産の人もこちらに好感をもち、話を聞こうという気持ちが生まれるはずだ。

【追加トリビア②】ベランダとバルコニーとテラスの違いは?

物件情報を見ていくと気になるのが、ベランダとバルコニーとテラスの違いはなんだろう? ということだ。

ここは、けっこう曖昧になっている人が多い。

  • ベランダは、建物から張り出した縁のことであり、屋根のあるもののこと。
  • バルコニーは、同じく建物から張り出したものではあるが、屋根がついていないのもののこと。
  • テラスは、屋根がついておらず、2階ではなく1階につけられたもの。また、リビングやダイニングと連携するように設けられている。

このような違いがあるのである。

なるほどなあ。「ベランダだと思ったらバルコニーだった!」ということがないように気をつけよう…。屋根の有無は大きい。

トリビアまとめ

本記事では、不動産広告の徒歩5分が5分ではない理由について解説した。

不動産の徒歩時間は一定の基準に基づいて決められている。踏切りや信号で待つ時間はカウントされていないため、大きく時間が食い違うことも多い。

物件情報だけで決めるのではなく、実際に歩いてみてから物件を決めたいところだ……。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.