ためになる

子供を守る!理科室の椅子に背もたれがない理由とは?【動画】

理科室の椅子に背もたれがない理由に関する雑学

「学校の椅子」と言われて多くの人が思い浮かべるのは、おそらく背もたれのある、木と鉄のパイプで作られた椅子だろう。

しかし学校の椅子は、何もその一種類だけではない。理科室の椅子には背もたれがないことに、あなたは気付いていただろうか。

背もたれがないと子供が椅子の上で立ったりして、危ないのではないか? と思わされるが、実はその逆。理科室の椅子に背もたれがないのは、子どもたちを守るための配慮からだった!

【生活雑学】理科室の椅子に背もたれがない理由とは?

背もたれのある椅子は実験の邪魔になるし、もしものときに子どもたちの視界をさえぎってしまう。

【雑学解説】椅子に背もたれがないのは、子どもを危険から守るため!

理科室の椅子に背もたれがないのは、主に以下の2つの理由からだ。

  • 実験の邪魔にならないため
  • 万が一の事故が発生した際、逃げやすくするため

まず理科の実験というと、火や薬品を扱う関係上、座って行うことは少なく、立って行うのが普通だ。そのため、実験の邪魔にならないよう、椅子は机の下にしまえるようになっている。

また火災やガスが発生するなど、万が一の事故が起きたとき、逃げやすくするという意味でも、椅子に背もたれは設けられていない。大人の我々にはわかりにくいが、背の低い子どもの視点では、椅子の背もたれは視界をさえぎるものとなり、逃げる際の障害となるのだ。

また服が背もたれに引っかかって逃げ遅れるなど、想定外のアクシデントも起こりかねない。さらに椅子をひっくり返してフラスコなどを割ってしまったら、事態はより悪化しそうである。

スポンサーリンク

ん~、理科室の椅子…どんな感じだったっけ? という人のために、動画も紹介しておこう。懐かしい! やっぱりどこの学校でも内装は同じ感じなのか。

このように理科室の椅子に背もたれがないのは、子どもたちを危険から守るためなのだ。しっかりと指導を行いながらやるといっても、実験に危険は付き物なのである。

ちなみにこの背もたれを設けない決まりは、国によって定められたもので、文部科学省の発行する『学校用家具手引』のなかにも厳密に記載されているぞ!

【追加トリビア】理科室の机も安全に配慮されたもの

理科室は椅子だけでなく、机も安全に配慮されたものになっている。理科の実験ではガスバーナーなどの火を使う場面が多いため、机には不燃性の塗料が塗られているのだ。

また理科室の机といえば、黒い天板を思い浮かべる人が多いだろう。あの黒い天板が使われているのは、白い粉末や薬品を使うことが多く、それをこぼしてしまったときにわかりやすいからなのだ。

理科の実験には危険がたくさん潜んでいる。万が一も起こらないよう、設備にもさまざまな工夫が凝らされているのである!

トリビアまとめ

理科室の椅子に背もたれがないのは、実験の邪魔になったり、事故の歳に逃げ遅れる子どもが出たりしないようにという、安全面への配慮からだった。机が燃えない素材になっていることも、またしかりだ。

子どものころは気に留めることもなかったが、我々が無事に学校生活を送れたことには、このような大人たちの工夫がいくつも隠されていたのである。大人になった今、私たちも子どもたちのためになるものを残していければ…と思う次第だ。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.