肉・魚

食べづらくなる…?ホタテ貝には◯◯が80個もある。

刺身・炒め物・バター醤油焼き・炊き込みご飯…。何にでも大活躍する高級食材、それが「ホタテ貝」だ。貝柱は子どもから老人まで愛されているアイドル食材だろう。

でも、通ならやっぱりホタテのヒモ! 刺身の食感も捨てがたいし、干物になっているのは噛めば噛むほど旨みがにじみ出てくる。酒好きにはホタテのヒモ好きが多い。

でも、あのヒモの秘密を知ってしまうと、ちょっと…いや、だいぶ食べにくくなってしまうかもしれない。

それでも知りたい人は、いざ行かん! 今回の雑学記事で紹介する、ホタテのヒモについている大量の「アレ」の秘密へ…!

【食べ物雑学】ホタテ貝には目が80個もあり、宇宙望遠鏡並の性能がある

個体差はあるが60~120個ほどの目が「ヒモ」の部分に点在している。光の集め方はNASAが開発している多層鏡型ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に似ている。

【雑学解説】あのヒモに目玉が80個もついているなんて…!

あのヒモに目玉が80個もついているなんて…!についてのトリビア

ホタテに目があるということ自体驚きだが、その目の位置はなんとあの「ヒモ」の上。刺身状態になったホタテをよく観察すると、黄色がかった白いヒモの上に、小さな黒い点々が散らばっていることに気がつくだろう。それがホタテの目なのである。

ヒモの正式名称は「外套膜(がいとうまく)」といい、その上に平均で80個ほど目が点在している。

水中で殻を開けているホタテを見たことがある人は少ないと思うのだが、見ないままの方が幸せかも? というくらい、ちゃんと「目玉」をしている。至近距離では青っぽかったり赤っぽかったりするらしい。

人間をはじめ多くの生き物の目は水晶体というレンズで光を集める構造になっているが、ホタテの目は特別製だ。非常に複雑な視覚システムを駆使し、鏡を使って光を集めている。

しかも20〜30枚の鏡のようなタイルが重なって光を集めるそうで、そのシステムはアメリカ航空宇宙局(NASA)が中心となって開発している赤外線観測用宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」と酷似しているんだとか!

それが、ひとつのホタテのヒモに60〜120個は密集している。おまけにホタテの目の視野角度は100度。ありえないほど広範囲に、光をかき集めていることになる。

生きてるホタテは意外と行動派

あんまり意識すると食べられなくなるかもしれない、といいつつ、見てみたいのが人のサガ。ということで、生きたホタテがよく分かる動画をどうぞ。

こうやって見るとヒモに黒い点々がたくさんついている。あれが目か! そして謎の触手…こんなにアグレッシブに泳ぎ回るとは驚きだ。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】脳みそが無いせいでせっかくの情報を活かしきれていない?

ホタテの目の構造が非常に高度なことは昔から知られていたが、最近の研究で実はその視覚を活かしきれていないことが判明した。

そう、ホタテには高度な情報処理をする脳みそが無いのだ。「遠位像」・「至近像」を見分ける能力もあるらしいのに、まったく活かされていない。

ホタテは発達した貝柱のおかげでスイスイと水中を移動するが、そのぶん隙が多くなる。そのため、視覚を「光の感知」に総動員している。

ホタテのいる深い海底にも届く青と緑の光の波長を捉え、光がかげる=外敵の接近とみなして殻を閉じるというわけだ。この間、ホタテは青と緑の「2種類の視野を同時に見ている」という。

せっかくすごいことをしているその割に、脳筋のせいで(失礼)活かしきれていないとは…。そして、なぜ目の数が80個も必要なのか、視野が100度もあるのかはいまだに不明なままなのである。

【追加トリビア②】他の貝にも目はあるのか?

巻貝の仲間には目のある貝がいる。カタツムリなどを想像すると分かりやすい。だが、アサリやハマグリのような二枚貝の中では、目があるのはホタテだけ。相当すごいことなのだ。

ホタテは生物学上「イタヤガイ科」に属しているが、そこに属する貝にはホタテのように目があるものもいる。

海底で静かに暮らす貝には本来目が必要ないのだが、ホタテは進化の過程で目を得た珍しい個体だといえるだろう。

トリビアまとめ

宇宙望遠鏡レベルの性能!ホタテ貝には目が80個ある。というトリビアまとめ

ホタテについての雑学、いかがだっただろうか。もしかしたら知らない方が良かったかもしれない…。

噛めば噛むほど味わい深い、そして知れば知るほど食べるのが怖いホタテのヒモ。あなたが食べたそのツマミ、目玉がギッシリついてますよー!

水中をスイスイ泳ぐホタテには衝撃を受けたが、何より衝撃だったのは生きたホタテの触手と目玉。ヒモも食べるためには、いろいろと見ない方が身のためかもしれない…。

筆者のようにチキンハートでない人は、ぜひ次の機会にホタテのヒモを観察してみよう。あなたのホタテ、いったいいくつ目があるだろうか。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.