ヨーロッパ 暇つぶし

エロくない街。オランダには"スケベニンゲン"というリゾート地がある【動画】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

オランダには「スケベニンゲン」という街があるという雑学

地図を見ていると、日本には変わった地名読み方のわからない難しい地名など、いろいろな地名がある。難読地名は、クイズの問題としても人気だ。

日本だけでなく、海外の街の名前も調べてみるとおもしろい。漢字でも日本とは読み方が異なったり、カタカナの場合には舌をかみそうな難しい発音だったりする。

海外の変わった地名として有名なのが、オランダのスケベニンゲンである。スケベな人間とは、本当にそんな名前の街が存在するのか? そこで今回は、オランダのスケベニンゲンについての雑学を調べてみた。一風変わった行事もある、おもしろい街だったぞ!

【面白い雑学】オランダには「スケベニンゲン」という街がある

ロバート
スケベニンゲン?!そこはスケベな女の子たちがわんさかいるバラダイスかい?
エイミー
アンタって本当にバカよね。スケベニンゲンはオランダ南西部の南ホラント州にある、リゾート地として人気の街なのよ。

【雑学解説】「スケベニンゲン」はオランダで人気のリゾート地

スケベニンゲンという街は、オランダの南西部の北海に面した地域にあった。オランダ語では「Scheveningen」と表記されている。たしかに、スケベニンゲンと読める。

だが、本当にスケベニンゲンと読んでいいのだろうか? 実は、スケベニンゲンではなく「スヘーヴェニンゲン」と発音するのが、オランダ語の発音に近いようだ。地図によっては「スヘフェニンゲン」という表記もみられた。

なぜ日本では実際と違う発音で地名が定着してしまったのか。その理由は発音の難しさにあった。スヘーヴェニンゲンとスヘフェニンゲンはどちらも発音が難しいため、Scheveningenを日本語読みして、スケベニンゲンとしたとする説が有力だ。

エイミー
オランダ語って発音難しいもんね…特に日本人にとってはハードだと思うわ。

また、日本語だとスケベな人を連想させる地名であるが、オランダ語では「斜面の村」という意味だった。スケベな意味は込められていないのか…。海に面しているので夏には海水浴で訪れる人も多く、オランダで人気の海辺のリゾート地でもあった。

スポンサーリンク

【追加雑学①】スケベニンゲンの恒例行事は1月1日の寒中水泳大会

夏は海水浴客でにぎわうリゾート地でも、冬は訪れる人が少なく閑散としてしまう場所が多い。しかしスケベニンゲンは、真冬でも人が大勢訪れる特別な日があるのだ! その様子を動画でごらんいただこう。

ロバート
WHAT…?!!ちょっと待ってくれ…これが冬の光景なのかい?!

水着姿の人々が、続々と海に入っていく。よく見ると、人だけでなく犬も海へとダッシュしているではないか! 海に入っていない人は厚着をしているので、気温の低い寒い日だと予想される。

楽しそうにしているが、すごく寒そうだ…。

スケベニンゲンでは、1月1日に寒中水泳大会を行うのが恒例となっている。この動画は寒中水泳大会の様子を撮影しており、参加者の被っているおそろいの帽子は大会のスポンサー企業のものである。

1月1日の寒中水泳大会は、スケベニンゲン以外にもオランダ各地で行われているようだ。新年をオランダで迎える機会があれば、寒中水泳大会に参加してみるのもいいかもしれない。

エイミー
アタシはパスね…。

【追加雑学②】フローニンゲンという地名もある

オランダにはスケベニンゲンのような、名前にニンゲンと名のつく地名がいくつか存在する。有名なのが、オランダ北東部の「フローニンゲン」という街だ。サッカーチームの名前でこの街の名を知っている人もいるかと思う。

フローに不老や浮浪といった漢字をあてると、まるで不老不死の人間や浮浪者という意味にもみえてくる。だが、フローニンゲンはオランダ語で書くと「Groningen」となり、そのまま読むとグロニンゲン。グロテスクな人間を連想してしまう地名だ。

ロバート
グロニンゲン…こいつは日本人的にはあんまりよくない響きだよな…。

ニンゲンという地名の多い理由として、「ingen」で終わる地名が多いことがあげられる。ingenには「~へ」といった意味があり、「場所へ」という形で街の名前をつけたときに、「場所」を示す言葉がnで終わると「ningen」でニンゲンと読めるのである。

フローニンゲンではを意味する「groen」に、ingenがついたと推測されている。スケベニンゲンの場合は、昔のオランダ語で斜面を意味した「scheve」とingenを組み合わせた形だと考えられる。街の名前からどんな土地かわかるとはおもしろい。

雑学まとめ

今回はオランダのスケベニンゲンという、変わった名前の街についての雑学を解説した。名前が変わっているだけでなく、あれほど陽気に寒中水泳を楽しんでいるとは驚きだ。

外国にはスケベニンゲン以外にも、おもしろい名前の街がたくさんある。世界地図を見ながら変わった地名を探してみるのも、楽しいのでおすすめだぞ!

ロバート
オランダのスケベニンゲンか…。オランダ人ってけっこう身長高くて、オレにはちょっと威圧的な感じもするけど、そういうお姉ちゃんにイジメられるのも悪くはないぜ…。
エイミー
あらそう、ロバート?アタシは背の高いオランダ人じゃないけど、アンタをたっぷりイジメてあげられるわよ?
ロバート
OH…そいつは遠慮しておこうかな…。

おすすめ記事

世界で一番細長い国は南米の「チリ」という雑学
世界一"細長い国"は南米のチリ!"ウンコ通り"もあるよ。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー