米・パン

赤飯をおめでたい日に食べる理由とは?おいしい炊き方もご紹介【動画】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

赤飯なぜめでたい?に関する雑学

お食い初めや長寿祝いなど、おめでたい日に食べる赤飯。そう頻繁に食べられるものでもないので、楽しみにしている人も多い。私もそのひとりだ。

なぜおめでたい日に赤飯を食べるのか?  小豆の赤とご飯の白で「紅白」的な意味合いがあるのかと思っていたが、どうやら違うようだ。

今回の雑学記事では、赤飯がめでたい日に食べられるようになった歴史から、おいしい赤飯の炊き方まで詳しく紹介しよう。

【食べ物雑学】赤飯をおめでたい日に食べる理由とは?

ぷよぷよくん
ボク、おめでたい日じゃなくてもお赤飯食べるよ~!…でも、どうしてお赤飯はおめでたいときに食べるの?
ガリガリさん
それはな、赤色に邪気を払う力があると信じられていたからなんだよ。

【雑学解説】赤飯にはもともと魔除け・厄除けの意味があった!

赤飯にはもともと魔除け・厄除けの意味があった!というトリビア

日本では、赤色には魔除け・厄除けの力があると信じられていた。神社にある鳥居が赤色なのも、これを意味している。

昔は医療もそこまで進歩していなかったこともあり、乳幼児の死亡率が高かった。そのため、生後7日目に行われる「お七夜」や、生後100日目に行われる「お食い初め」などのときに、魔除けの力がある赤飯を食べるようになったのである。

歴史をもっとさかのぼって、縄文時代。中国から初めて日本にお米がやってきたとき、今のような白米ではなく、インディカ種といわれる炊くと赤色をしたお米だった。

日本でも米が作られるようになったといっても、収穫量も少なく非常に貴重なもので、穫れたときは神様にお供えをしていた

その後、ジャポニカ種といわれる、収穫量も安定している今のような白米が作られるようになったが、赤米を神様にお供えする風習だけは残ったのである。

つまり、今は白いお米をわざわざ小豆を使って赤色にしているが、昔はお米自体が赤色をしていた。

現代で作られる赤飯には、胡麻がかけられているのをよくみる。これは、赤米ではなく、小豆を使って白米を染めているのを、ごまかすためである。

ぷよぷよくん
胡麻だけにごまかしてたんだ~!
ガリガリさん
すっごく面白くないぞ。

スポンサーリンク

【追加雑学】赤飯を仏事に食べることもある

地方によっては赤飯を仏事に食べることもあるというトリビア

魔除け・厄除けの意味から、悪いことがあったときに赤飯を食べる地域もある。「凶を返して福とする」、よく耳にする言葉に言い換えれば、「災い転じて福となす」といったところだろうか。

縁起直しの意味で赤飯を食べる地域として現在確認が取れるのは、福井県と群馬県の一部である。おめでたい日に赤飯を食べる私にとって、お葬式の日に赤飯が振る舞われるのは、なんだか不思議な感覚だが…あなたはどうだろうか?

ぷよぷよくん
ボクはいいと思う!悲しいときこそ美味しいものを食べて幸せになりたいもんね!

おすすめ記事

赤飯はもともと葬式のときに食べるものだったということに関する雑学
赤飯はかつて葬式でも食べられていた!その理由とは?

続きを見る

おいしい赤飯の炊き方【動画】

赤飯にはもち米が使われているため、蒸さなきゃいけないから家で作るにはめんどくさい…と思っている方必見! 炊飯器で作れる、おいしい赤飯の炊き方をYoutubeで発見! その動画がコチラ。

ガリガリさん
炊飯器ならどの家庭でもあるし、覚えておいて損はないよな。

蒸し器など使わなくても、炊飯器のボタンを押すだけでできるなら簡単! これなら家庭でも赤飯を作ることができる。

重箱に入ったお赤飯、とてもおいしそうで見ているとお腹が空いてきた。ぜひ私も作ってみたい。

赤飯の雑学まとめ

今回は、赤飯に関する雑学をご紹介した。

おめでたい日に赤飯を食べる(供える)習慣が、はるか昔、縄文時代からあったとは驚きだった。そして、それには魔除け・厄除けの意味があったとは…。

小豆に含まれている栄養素を、そのままお米と一緒に炊きあげるのだから、体に良いのは間違いない。赤飯を食べる理由を知ることで、また一段と赤飯がおいしく感じられそうだ。

ぷよぷよくん
さっそく今からスーパーに行って、もち米と小豆を買お~っと!あ、あとごま塩も!
ガリガリさん
簡単に作れる方法知ったからって、あんまり食べすぎるなよ…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー