由来

銭湯の背景に富士山が描かれたのはいつから?【動画あり】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

銭湯に初めて富士山が描かれたのはいつ?に関する雑学

「い~い湯だな~♪」と思わず歌いだしたくなる銭湯。最近ではめっきり数が減ってしまったが、それでも日本人と銭湯は切っても切り離せない仲ではないだろうか。

さて、銭湯といえば壁一面に描かれた富士山を思い浮かべる方も多いと思うが、この富士山、一体いつから描かれているのだろうか? というか、なんで富士山なんだろう?

う~ん、次から次へと疑問が出てくる。そこで今回は、銭湯に描かれた富士山の雑学を紹介していくぞ。銭湯好きの方は特に、注目してくれ。

【生活雑学】銭湯に初めて富士山が描かれたのはいつ?

おばあちゃん
最近のスーパー銭湯は、富士山の絵が描いてないから味気ないねぇ。

孫ちゃん
銭湯に富士山の絵を描くようになったのって、いつからなの?
おばあちゃん
銭湯の富士山はね、1912年(大正元年)に東京都千代田区の銭湯に初めて登場したんだよ。

【雑学解説】富士山が初めて銭湯に登場したのは1912年(大正元年)

富士山が初めて銭湯に登場したのは1912年(大正元年)についてのトリビア

銭湯に初めて富士山が描かれたのは、1912年(大正元年)。東京都千代田区猿楽町に「キカイ湯」という銭湯があり、そこの経営者の「子どもたちが銭湯に喜んで入ってくれるような銭湯にしたい!」という思いから実現したのが始まりだ。

当時は今のように一般家庭にお風呂がなかったため、人々の生活に銭湯は欠かすことのできない存在だった。別に銭湯に絵がなくてもお風呂には入れるが、やはりどこか味気ない。

おばあちゃん
昔は、お風呂といったら銭湯で入るものだったからねぇ。

おすすめ記事

江戸時代の銭湯は混浴が当たりまえだったという雑学
羨ましい…?江戸時代の銭湯は混浴が普通だったなんて…!

続きを見る

そこで、1日の疲れをとる銭湯で子どもは楽しく、大人にはゆっくりしてもらいたい、という粋な計らいで、銭湯の壁に絵が描かれるようになったというわけだ。

孫ちゃん
素敵な発想だよね。

静岡県出身の画家に依頼したから、富士山の絵になった!?

銭湯の壁に初めてペンキ画を描くように依頼されたのは、静岡県出身の洋画家・川越広四郎氏である。

銭湯の壁に絵を描くという初めての試み。画家としては光栄だが、同時に何を描けば良いのかも非常に悩んだ。小さな子どもからお年寄り、男女関係なく喜んでくれるもの…。何があるんだろう。

そこで川越氏は、自分の故郷にある富士山をふと思い出した。富士山だったら老若男女問わず愛されている日本のシンボル。銭湯のお湯につかりながら目の前に富士山があるなんて最高じゃないか!!

と、思ったかどうかは今となっては分からないが(恐らくそうであろうといわれている)、そんないきさつで富士山が銭湯の壁に登場したのである。

おばあちゃん
今はいろんな建物があるけど、昔はみんなが知ってる日本のシンボルといえば、富士山を真っ先に思いついたんだろうねぇ。

おすすめ記事

第二次世界大戦中、アメリカの作戦で「富士山を赤く染める」という案が採用されていたという雑学
マジか…。"ペンキで富士山を真っ赤に作戦"がアメリカ軍部で採用されていた【第二次世界大戦】

続きを見る

【追加雑学①】富士山の背景画には3つのタブーもある

富士山の背景画には3つのタブーもあるについてのトリビア

銭湯と富士山というコンビは大当たりで、そこから先は、関東の多くの銭湯でも富士山が登場するようになった。ちなみに関東では銭湯の壁といえば富士山、というほど定番になっているが、関西にいくと必ずしも銭湯には富士山が描かれているというわけではない

銭湯の富士山だが実は、描いてはいけない3つのタブーがある

  1. 猿…客が去る
  2. 夕日…家業が沈む
  3. 紅葉…葉が落ちる、赤くなることから売上減少

…なるほど。銭湯といえども客商売背景画であろうとも縁起が悪いものは避けたいと思うのは当然だ

孫ちゃん
なるほど…。富士山ならどんな絵でもいいわけじゃないんだね。

スポンサーリンク

【追加雑学②】銭湯専門のペンキ絵師は全国でたったの3人!

ペンキ絵師の中でも、銭湯という大きなキャンパスにペンキで絵を描くのはまさに職人技。その高い技術から、現在銭湯専門のペンキ絵師は全国でたったの3人しかいないと思われている。まずはその職人技を実際に見てほしい。

孫ちゃん
うわぁ~!きれいな富士山!
おばあちゃん
職人技だねぇ。79歳でまだまだ現役だって…。わたしも頑張らなくちゃって思わされるよ。

実に素晴らしい! これぞ職人技というにふさわしい。

この動画で職人技を披露しているのは、3人いるペンキ絵師の1人・丸山清人氏である。丸山清人氏といえば、元弟子・勝海麻衣氏(2019年4月5日に師弟関係解消)の盗作疑惑が記憶に新しいのではないだろうか。

この騒動をきっかけに、銭湯絵師を取り巻くごちゃごちゃとした人間関係も浮き彫りになった。結局のところ、誰が本当のところを言っているのかは分からないが、どの業界も人間関係は複雑だということを物語っている。

まぁ、何はともあれこの素晴らしい職人技だけは、後世に残していってほしいと心から思う

【追加雑学③】銭湯が新しいビジネスにつながった

銭湯の壁に富士山の背景画を飾るというこの発想、これをきっかけとして新しい広告ビジネスも一時期広がっていた。

気になるビジネス内容はというと、広告代理店が銭湯専属絵師を抱え、広告料金が改定する時期にあわせ、無料で銭湯の絵を描き替えるというもの。

大正時代は現代と比べるとテレビやラジオが普及していなかった。そのため、多くの人々が集まる銭湯は格好のビジネスチャンスだったというわけだ。いつの時代も商売上手な人はいると感心してしまう。

おばあちゃん
なんでも商売にしてしまうのは、今も昔も変わらないんだねぇ…。

雑学まとめ

大正なんです!銭湯に富士山が描かれたのはいつから?についての雑学まとめ

銭湯の富士山についての雑学を紹介してきたが、いかがだっただろうか?

昔と比べると、今では銭湯に行く機会もめっきりと減ってしまったかもしれない。今後銭湯へ行き、富士山の背景画に出会ったとしたら今回の雑学を思い出し、富士山の絵に思いを馳せてほしい。今まで以上に、その芸術作品に感動できるはずだ。

孫ちゃん
富士山の絵がある銭湯に行ってみたい!
おばあちゃん
富士山を見ながらゆっくりお風呂に入るなんて、なんだか懐かしくてわたしも行きたいよ。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー