水中の動物

足なのに腕…?イカには"触腕"と呼ばれる足が2本ある【動画あり】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

イカの足10本のうち2本は「触腕」といわれる足という雑学

刺身にしても炒めても揚げても美味しいイカ。タコと並ぶ軟体動物の代表選手である。

イカとタコの違いといえば、足の数だ。イカは10本足タコは8本足。今さら確認するまでもない。しかし、イカの10本のうち2本は「触腕」といわれる足だと聞いた。足なのに触「腕」?

ということで今回の雑学記事では、イカの足について調べてみた。

【動物雑学】イカの足10本のうち2本は「触腕」といわれる足

ライオンくん
イカってたしか足が10本なんだっけ?
ウサギちゃん
えっとね、正確にいうと8本の足と2本の触腕をもっているんだ。

【雑学解説】イカの触腕は他の足より長い!

イカの10本の足をよく見ると、長さに違いがあることがわかる。他の8本の足と比べて、2本の足長い。それが「触腕」である。触腕の先端木の葉状になっていて、そこに吸盤が密集している。長い触腕を自在に動かして、吸盤でエサを絡め獲るのだ。

次の動画をごらんいただきたい。

ライオンくん
早業で獲物をしとめたぞ!

1分9秒あたりで、画面左から出てくるイカが小魚をとらえた。この素早くのびた部分触腕である。素早すぎてよく見えないくらいだ。

エサを腕で引き寄せるように見えることから、その2本の足は「触腕」と呼ばれている。

ただし、種類によっては成長によって触腕が失われ、8本足になるものもいる。その代表格が、テカギイカ科のタコイカの仲間だ。見た目は完全にイカなのに、足が8本しかないため「どっちだよ!」と突っ込まれそうな名前をつけられてしまった。

そういう種類がいることを考えると、エサを獲るという重要な役割をはたしている触腕だが、必要不可欠というわけではないのかもしれない。

【追加雑学①】イカの血は青い

人類をはじめ、脊椎(せきつい)動物の血液赤い。これは血液中のヘモグロビンという色素に由来している。

ヘモグロビンは、ヘモグロビン内にある鉄と酸素を結合して酸化させることで、体内に酸素を運んでいる。鉄の酸化=サビであり、サビの色が血液の色なのだ。

一方で、イカの血液ではヘモシアニンという色素が酸素を運んでいる。

ヘモシアニンには鉄ではなくが含まれており、酸素と結合すると青くなる性質がある。そのため、イカの血液は青く見えるのだ。

ライオンくん
青い血ってなんか怖いな…。

スポンサーリンク

【追加雑学②】セピアはイカ墨色のこと

セピア色という色がある。古く色あせた写真のような、どこか懐かしい印象を受ける色だ。そのセピア色のもとになったのがイカ墨である。耐光性・耐水性のあるイカ墨は、かつて漬けペン用のインクとして利用されていた。

古代ギリシャ語でコウイカをさす「sepia」という単語から、その独特の色味を「セピア」と呼んだのである。

万年筆にもイカ墨由来のインクが使われた。しかし、色の粒子が大きいため万年筆が詰まることが多く、自然と使われなくなった。現在のセピア色はイカ墨ではなく、酸化鉄や酸化マンガンから作られているものが多いという。

ウサギちゃん
ちなみにイカ墨の主成分はメラニンなんだよ。

【追加雑学③】イカは貝の仲間

イカは軟体動物であり、貝の仲間だ。貝殻もないのに貝の仲間!? と思ったのだが、イカの貝殻体内にあるという。

コウイカという種類のイカは、胴体の中に船型の甲(こう)をもっている。これが貝殻の名残(なごり)なのだ。スルメイカなどでは、軟甲(なんこう)と呼ばれる薄い骨のようなものを見ることができる。これもさらに退化が進んでいるが、もとは貝殻だったと考えられている。

【追加雑学④】英語だと体内の甲の有無で呼び名が違う

スルメイカとコウイカは、どちらも日本では「イカ」である。胴体の中に甲があってもなくても、「イカ」は「イカ」だ。

しかし、英語ではそうではない。スルメイカのように甲がないものは「Squid」、コウイカのように甲があるものは「Cuttlefish」と呼び分けるのである。

【追加雑学⑤】イカの数え方は状態によって違う

イカには、状態に応じて3種類の数え方がある。生きているイカは「」・水揚げされた後のイカは「杯(はい)」・干されたイカは「」で数えるのだ。

今まで「イカを数えるなら杯!」と思っていたので、この事実を知ったときにはちょっと恥ずかしい気持ちになった。

ウサギちゃん
日本語ってややこしいね…。
ライオンくん
もうどの状態でも『1イカ・2イカ…』でよくないか?

雑学まとめ

食卓にだされる機会も多いイカだが、知らない雑学がたくさんあった。足なのに触腕。なんともややこしい。

そして、イカの仲間でも足が8本しかないものがいるというのも驚きだった。なんとタコイカという種類のイカもいるんだとか。

またまたややこしい!!

血の色イカ墨の色も、今まで気にしたことがなかった。今度イカをさばくときは、じっくりと観察してみよう。

ライオンくん
タコイカってどんな味がするんだろうな?両方の味がするのかな?
ウサギちゃん
ボクは食べたことないけど、イカの味がするらしいよ。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー