麺・カレー

名古屋名物"台湾ラーメン"は日本生まれだった【味仙】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

名古屋飯といえば、ひつまぶし・手羽先・味噌煮込みうどんなど、さまざまなジャンルがあるが、「台湾ラーメン」も名古屋めしの人気メニューの一つだ。激辛のスープがクセになる。そして名古屋で「台湾ラーメン」といえば、「味仙(みせん)」というお店が人気を博している。

以前ニュースで眺めていたが、味仙が東京の新橋に出店し、名古屋に出張するたびに味仙に行っていた人は「これからいつでも楽しめる」とインタビューに答えていた。(だいぶ前の放送だったのでおぼろげだが…)

名古屋に近い地域の私にとっては、「台湾ラーメンは東京の人にとって特別なものなんだー」と思いながら眺めていた。しかし、なんでもその台湾ラーメンが、台湾では「名古屋ラーメン」として販売されているらしい。

え? どっちが本場なの? と、こんがらがってしまいそうだ。では、今回は、その雑学に迫りたいと思う。

【食べ物雑学】名古屋の「台湾ラーメン」は台湾で「名古屋ラーメン」として販売されている

ぷよぷよくん
名古屋には『台湾ラーメン』があって、台湾には『名古屋ラーメン』があるの?なんか混乱しちゃうよ…
ガリガリさん
最初に名古屋で台湾ラーメンは考案されて、それが台湾に渡って『名古屋ラーメン』っていう名前で売られてるんだ。

【雑学解説】台湾ラーメンは名古屋の「味仙」の台湾人オーナーが考案した

なんだかわけが分からなくなりそうだが、もともと名古屋の「台湾ラーメン」は名古屋に本店がある「味仙」が発祥である。だから、「じゃあ、台湾に行って台湾ラーメンを食べよう!」と思ったところで、台湾には名古屋の「台湾ラーメン」というものが存在しないのだ。

では、もう少し台湾ラーメンのルーツについてお伝えしよう。台湾ラーメンは元々味仙の従業員のまかない用だったのだが、常連さんからの「美味しそうだから食べたい」というリクエストに答え、メニューに加えたそう。

そして、台湾人であるオーナーが開発したから台湾ラーメン。わ…分かりやすい! よって、あくまでも名古屋のラーメンということで、台湾では「名古屋ラーメン」として売っているそうだ。

ぷよぷよくん
名古屋発祥のラーメンだから『名古屋ラーメン』なんだね。

【追加雑学①】味仙の人気度の高さや口コミは?

さてさて、そんな味仙だが、人気の高さや口コミはどのようになっているのだろうか? そこで某有名サイトでの口コミ点数を調べてみると…

店舗によって多少のバラつきはあるものの、名古屋周辺の店舗はほとんどが5点中3.5を超えていた。おお! 凄いぞ。どれどれ口コミの内容も見てみよう。

内容はかなり高評価となっている。口コミを見ていると「お酒に合う~!」とか、「無性にたまに食べたくなる」などの意見も目立った。

あるよね! たまにあそこのあのラーメンが食べたい! ってなるとき。

ガリガリさん
味仙は中華料理屋だけど、名古屋めしの代表的な店としても知られているんだ。
ぷよぷよくん
名古屋の人にとって欠かせないお店なんだねぇ。

スポンサーリンク

【追加雑学②】お手軽に作れる!台湾ラーメンご紹介

なんだよー。名古屋遠いよー。でも食べてみたいよー。という方のために、動画で台湾ラーメンの作り方をご紹介する。頑張って再現してくれ!

ガリガリさん
再現率99.9%とは強気だな…

この動画を見て作れば、どんな味か食べてみたいという人も体験できるぞ! 作り方も簡単なので、ぜひ挑戦してみよう。

雑学まとめ

台湾ラーメンについての雑学を紹介してきた。

実はわたくし、台湾ラーメンがかなり浸透している地域に住んでいるため人気があるのも知っていたが、ガッツリ名古屋発祥とまでは知らなかった。しかも味仙発祥というのも知らなかった。

それだけこちらの地方では、どのお店にも台湾ラーメンのメニューが置かれているのだ。辛いものが大好き! という人は一度食べてみても損はしないと思う。汗を垂らしながら食べる台湾ラーメンをビールで流し込む瞬間は「生まれて良かった!」と感じられるぞ。

ガリガリさん
台湾ラーメンは全国的には知名度はそれほど高くないけど、名古屋市内の70%程度の中華料理店で取り扱われているほど名古屋市民には親しまれているんだ。
ぷよぷよくん
そんなに浸透しているんだね!台湾ラーメン、食べてみたいなぁ…じゅるり…

おすすめ記事

R-20指定のラーメン屋があるという雑学
テキーラ入りのラーメンを出す店とは?未成年者と運転者はダメ【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー