芸術・文学

"ムンクの叫び"は4種類あるって知ってた?正式なタイトルは?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「ムンクの叫び」には4種類あるという雑学

画家エドヴァルド・ムンクの代表作である「叫び」は、「ムンクの叫び」という呼び名でお馴染み。

その有名なムンクの叫びだが、実は4種類あるのをご存じだろうか。そう、お馴染みのあの「叫び」以外にも、3種類の作品が存在しているのだ。

今回は4種類のムンクの叫びについて、それぞれをチェックしていこう。

【歴史雑学】「ムンクの叫び」は4種類ある

秀吉くん
えっ?ムンクの叫びって1つだけじゃないんっすか?
信長さん
実はあの作品には様々なタイプが存在しているのだ。

【雑学解説】似た構図・構成で描かれる「ムンクの叫び」

似た構図・構成で描かれるムンクの叫びたちについてのトリビア

では早速だが、様々な「ムンクの叫び」を以下にリストアップしていく。どれも構図はあの有名な「叫び」と同じだが、描くのに使用された画材が異なっているのだ。

  • 油絵
  • クレヨン
  • パステル
  • テンペラ

上記4種類の画材で、4枚のそれぞれの叫びが描かれたのだ。また、4種に加えてさらにモノクロバージョンが大量生産された過去もある。

信長さん
画材を変えると作品の雰囲気も違って面白いぞ。

それに加え、有名な哲学者ニーチェの肖像画を「ツァラトゥストラの詩人」として描いているのだが、その絵の構図・背景・モティーフは「叫び」とかなり似た描かれ方なのである。

ニーチェから依頼され肖像画を描いたのはすごいが、それもそのはず、当時ムンクは肖像画家としてもかなり有名・人気を得ており、非常に数多くの肖像画作品を残している。

ムンクの叫び・関連作について

ムンクの叫び・関連作についてのトリビア

エドヴァルド・ムンクの「絶望」

ムンクの叫びには、関連作が存在している。実は、ムンクが「叫び」の第一作として挙げているのは1892年の「絶望」という作品なのだ。

こちらは有名なムンクの叫びと同じような背景・モティーフが描かれている。また、1894年には「不安」という、こちらも同じような描かれ方の作品が製作されている。

このように関連作が多く描かれているのも、ムンクの叫びという作品の大きな特徴なのである。

秀吉くん
でも、なんで『叫んでる』んっすか?

では、「ムンクの叫び」において叫んでいるのは何か、理由などを簡単に解説していこう。

「ムンクの叫び」という作品は、中央に描かれている男性が叫んでいると勘違いされがちだが、実際は異なる。これは、男性が突然「幻覚・幻聴」に襲われ、恐怖や不安と戦っているさまが描かれているのだ。

この幻覚・幻聴はムンク自身が襲われた経験があるようで、そのときの様子が日記に残されていたりする。

信長さん
自身が悩まされていたがゆえに、ここまでたくさんの『叫び』の作品を残したのかもしれないな。

スポンサーリンク

絵のタイトルは「ムンクの叫び」ではない?

日本では「ムンクの叫び」という呼称が一般的だが、実は絵のタイトルは「ムンクの叫び」ではない

実際のタイトルは「叫び」という単語だけであり「ムンクの」という言葉は入らないのだ。本来は「ムンクが描いた叫び」という意味である。

秀吉くん
へぇ~っ。でも単純に『叫び』ってだけより、『ムンクの』っていう枕詞が入った方が語呂いいと思うっすよ。

「ムンクの叫び」は2度も盗まれている

1944年、オスロ国立美術館に保管されていたムンクの叫びは盗難被害に遭っている。このときは3ヵ月ほどで返ってきたそうだが、犯人は当時「お粗末な警備をありがとう」というメッセージを残していたそうだ。

秀吉くん
めっちゃ嫌味じゃないっすか!

よっぽど簡単に盗めてしまったのだろうか…盗賊も気持ち良くなってしまったのかもしれない。

そして、2度目の盗難被害は2004年のことだった。こちらは美術館が開館しているにも関わらず、武装した強盗によって「マドンナ」と共に盗まれてしまったのだ。

2度とも結果的に返ってきてこそいるが、やはり「ムンクの叫び」には何か人を魅了する特別な力・雰囲気があるのかもしれない。

信長さん
この2作品とも破損しており、『マドンナ』は完全に修復されたが『叫び』の方は完全な修復はできなかったようだ…。
秀吉くん
芸術作品を傷つけるなんてゲスなヤツラもいたもんっすね!!

【追加雑学】エドヴァルド・ムンクについて

ムンクは1863年に生まれ、1944年に80歳で死没している。

ムンクは、幼少期に母・姉を亡くしてしまっているのだ。これが後のムンクの作風に大きく影響しているとされている。事実、ムンクの作品には「愛」や「死」が題材とされているものが多く存在している。

ムンクはどこか、愛情に飢えていたのかもしれない。そして、「死」を恐れていたのだろうと考えられる。そんなムンクの作品の一部を、下の動画でご覧いただきたい。

信長さん
どれも感情に訴えかけるような素晴らしい作品だな。

「ムンクの叫び」の雑学まとめ

"ムンクの叫び"は4種類あるって知ってた?という雑学まとめ

ここまで、「ムンクの叫び」に関する雑学を紹介してきた。

一口に「叫び」といっても、関連する作品が存在していることや、同様の手法が用いられた作品があるということは、ご存じない方も多いかもしれない。

ムンクは今回ご紹介した「叫び」が有名だが、他にも数多くの魅力あふれる作品を残している。興味のある方は、ぜひチェックし、さらなるムンクの魅力を確認してもらいたい。

信長さん
ちなみにパステル画の『叫び』は長年個人所有だったのだが、2012年にオークションにかけられることとなり、なんと1億1990万ドル…日本円にして約96億円で落札されたのだそうだ。
秀吉くん
96億っすか?!まぁ世界的にも超有名な画家っすもんね…!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー