水中の動物

感動的じゃなかった…ウミガメが産卵中に流すのは涙ではない…

ウミガメが産卵時に流しているのは「涙」ではないという雑学

ウミガメの産卵シーンをテレビで見たことがないだろうか。海から砂浜に上がってきて、涙を流しながら産卵する…。なんとも感動的な姿である。

やはり人間と同じく、子供を産むときはつらいのね…と、こちらまで泣きそうになる気持ちで見ていたのだが…。実は、砂にまみれた目から流れているのは、「涙」ではないというのだ。

えっ!? めっちゃつらそうに泣いてるじゃん! そう思う人もたくさんいるのではないだろうか。私も同じである。

今回の雑学記事では、陸に上がってきたウミガメが流す「涙」について調べてみたぞ!

【動物雑学】ウミガメが産卵時に流しているのは「涙」ではない

ライオンくん
出産って大変だよな~。ウミガメは涙を流して泣くほどだしな!
ウサギちゃん
ライオンくん、あの涙は出産が辛いから流しているものではないんだ。しかも、あれは目から流れる「涙」ではないんだよ。

【雑学解説】ウミガメの涙は、目の近くの「塩類腺」から出ている海水である

ウミガメが流しているように見える「」は、実は目から流れているものではない。ウミガメの目がしらの横に開いている「塩類腺」という部分から流れているのだ。

その流れているものが何かというと…あれは海水だったのだ。厳密にいうと、「海水の塩分を含んだ粘液」である。

なぜそのようなものを流すのだろうか。

海の中に住む生き物は、エサを食べるときに海水も一緒に飲み込む。そうすると、血液の中に必要以上の塩分がたまり危険なため、体の外に排出しなければならないのだ。

海水魚は、呼吸するときにエラから塩分を排出している。しかし、ウミガメは魚ではなく両生類なので、エラがない

では、どこから余分な塩分を排出するのか。その器官が、目がしらの横にある「塩類腺」なのだ。この塩類腺から、濃い海水である「涙」を流すことで、体内の塩分濃度を調整しているのである。

この塩類腺から流れたものを採取して調べると、なんと塩分濃度9パーセント! 海水は3パーセントほどなので、海水より3倍も濃かったという。

ライオンくん
オレ、今までウミガメの出産シーンに感動してたのに…感動を返せよ!
ウサギちゃん
ライオンくん、そんなどうしようもないこと言わないでよ…。必要な体の機能なんだから…。

なぜ陸に上がったときに流れるの?

実は、陸に上がったときだけ流すのではなく、海の中にいるときも、ずっと「涙」を流しているのだ。

陸に上がってすぐは体が濡れていて分かりにくいのだが、産卵するころには体が乾くため、流れているのが目立つだけだという…。

目の渇きを防ぐ働きもある

産卵のために上陸し、巣穴を掘って卵を産み、砂をかけて卵を隠す。そして海へと戻っていく…。

順調に進んだとしても、その所要時間1時間かかるという。いつも海の中で生活しているウミガメの目は、当然乾いていく…。「涙」は、目の渇きを防ぐ働きもあるそうだ。

ウサギちゃん
ちなみに、ウミガメは100~140個の卵を産むんだよ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】「涙」を流すのは、ウミガメだけじゃない

ウミガメのように「涙」を流す生き物がほかにもいる。カモメのような海鳥や、ペンギンである。

彼らもウミガメと同じように、エサを食べるときに海水も飲み込む。そして、体内の塩分濃度を調整するために、塩類腺から「涙」を流すのだ。

【追加雑学②】ウミガメはなぜ陸に上がってくるのか?

爬虫類の仲間であるウミガメは、息継ぎをしないと呼吸ができない。

あまり活発に動かないときは3時間も潜っていられるのだが、通常は1時間に1度程度は海面に顔を出して息継ぎするのだ。しかし、卵はそうはいかない。海の中で産卵しても卵は呼吸できないのだ。

また、砂浜に産卵することで、卵を太陽の熱であたためてもらえる。

ウミガメの産卵は命がけだ。それでも陸に上がってくるのは、海の中で産卵できないという理由と、自然の力で卵が育つようにという理由があったからなのだ。

ライオンくん
そういえば、ウミガメは満月の夜に産卵するって聞いたことがあるけど…。
ウサギちゃん
ライオンくん、よく知ってるね~!それにはきちんとした理由があるんだよ。

関連雑学

ウミガメやサンゴは「満月の夜」に産卵するという雑学
ウミガメやサンゴが満月の夜に産卵する理由とは?

続きを見る

ウミガメの産卵と孵化(ふか)をとらえた動画がこちら!

命がけで陸に上がり産卵する姿と、孵化した子ガメたちの様子を紹介している動画だ。

ライオンくん
みんな一生懸命生きようとしてるってのが伝わってくるぜ…!

お母さんガメ必死で陸に上がったように、子ガメたち必死に海を目指す。生き物ってすごいよね…と、あらためて思った。

雑学まとめ

今回は、ウミガメの「涙」についての雑学を紹介した。てっきり「お産」がつらくて泣いているのかと思っていた。あれは、海の中で生活するための体の仕組みだったのだ…。

涙ではないとはいえ、手を必死に使って(手ではなくヒレらしいが…)砂浜を這う姿、そして卵を隠してまた海に戻っていく姿…。やはりウミガメの産卵シーン感動的である。

ライオンくん
そうだよな…。出産、産卵っていうのは神秘的で感動するもんだってのは変わりはないことだよな…!
ウサギちゃん
ウミガメに限らず、次の世代の命を生み出すっていう行為は素晴らしくて尊いものだよね!

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー