麺・カレー

麺はクロレラ入り!ヤクルトはインスタントラーメンを開発していた

ヤクルトでは「クロレラ入り」のインスタントラーメンがあるという雑学

ヤクルト本社

子どものころによく飲んだ飲み物といえば? 人によっていろいろな回答があると思うが、「ヤクルト」と答える人は多いのではないだろうか。私はお腹の弱い子どもだったので、乳酸菌飲料のヤクルトはよく飲んでいた。

ヤクルトは乳酸菌飲料だけでなく、インスタントラーメンの開発も行っているのをご存知だろうか? しかもそのラーメンは、意外なものを入れた健康志向の商品なのである。

いったい何が入っているんだ…。まさかヤクルト? 今回は、ヤクルトのインスタントラーメンについての雑学を紹介していく!

【食べ物雑学】ヤクルトでは「クロレラ入り」のインスタントラーメンがある

昔はクロレラ入りの「ヤクルトラーメン」を販売していた。現在は粉末青汁入りの「麵許皆伝」にリニューアルして販売している。

【雑学解説】クロレラ入りラーメンは青汁入りラーメンに進化した

ヤクルトは乳酸菌飲料などの、体にいい商品を手がけているイメージが強い。そのヤクルトが、どちらかといえば不健康そうなイメージのインスタントラーメンを作っている。この事実だけでも、驚く人がいると思う。

ヤクルトでは1965年からインスタントラーメンの販売をしており、隠れた人気商品である。発売当時は「ヤクルトラーメン」という名称で、特別な材料が使われていた。

麺に「クロレラ」が練りこまれていたのだ。ヤクルトじゃないのかよ!

クロレラは緑藻類という藻類の一種で、たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどを含むため、健康食品として注目を集めてきた。このクロレラを麺に練りこむことで、かんたんに食べられて栄養にも配慮したインスタントラーメンが誕生したのである。

ヤクルトラーメンはクロレラを入れたことによって、見た目にもおもしろい特徴が。麺の色が緑色だったのだ。

クロレラは緑藻類の名のとおり、緑色をしている。クロレラの緑色によって、麺自体も緑色に染まったということか。

クロレラ入りインスタントラーメンの販売は、すでに終了している。残念だ…。

しかし、いいニュースもある。麺に粉末青汁を練りこんだ、「麵許皆伝(めんきょかいでん)」へとリニューアルしたのだ! 健康志向のラーメンマニアにはおすすめだぞ!

青汁入りラーメンを実際に食べている動画を発見!

青汁入りのラーメンは健康にはよさそうだけど…。美味しいの? そんな疑問と不安を解消してくれる、こちらの動画を紹介しよう。青汁入りラーメンを実際に食べている動画だ!

画質はあまり良くないが、麺がほのかに緑色をしているのがわかる。この緑色が、青汁が練りこまれている証なのだろう。

ヤクルトの麵許皆伝シリーズは、定番のしょうゆ味など以外にも、しお味・みそ味・カレー味も発売されている。ラーメンだけでなく、青汁を練りこんだソース焼きそばもあるので、食べたい人は好みの味から試してみよう!

スポンサーリンク

【追加トリビア】クロレラ入りの謎のご当地麺「グリン麺」

青汁入りラーメンも気になるが、やはりクロレラ入りの麺が気になる。どこかで食べることはできないのか…。実は、日本のとある地域ではクロレラ入りの「グリン麺」という、ご当地麺が食べられているとわかった。

グリン麺は北海道の上川郡(かみかわぐん)清水町にある、田村製麺工業が手がけるひやむぎだ。麺にクロレラが練りこまれているため、色は鮮やかな緑色をしている。ひやむぎは本来は白色だから、きれいな緑色に染まるのだろう。

食べ方としては、冷たいひやむぎを食べるときと同じように、めんつゆにつけて食べる。薬味はショウガが定番のようだが、地元の人の中にはわさびをつけて食べる人もいるらしい。そばにわさびをつける感覚か?

暑さで食欲の落ちる夏には、ただのひやむぎよりもクロレラ入りのグリン麺のほうが、栄養がとれそうな気がする。暑い夏に備えて、北海道からグリン麺を取り寄せたい。

トリビアまとめ

今回の雑学ではヤクルトの珍しい商品、クロレラ入りインスタントラーメンについて解説した。インスタントラーメンは時代とともに進化しているが、青汁を入れるとは思わぬ方向の進化だ…。さすがヤクルト。

いつものインスタントラーメンを青汁入りのラーメンにし、食後にヤクルトを飲む。それだけで健康になるわけではないが、健康な食生活への第一歩として無理なく始めるには、このくらいがちょうどいいのかも。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.