ケタ外れの長生き…コイは70年以上生きられるって知ってた?

70年を超えて生きるコイがいるということに関する雑学コイは長生きな魚として知られている。数十年生きる魚はいるが、コイの最高齢とされる年齢は、文字通りケタ外れである。その歳を聞いたら、驚く人も多いだろう。人間よりはるかに長生きで、ギネスブックに掲載されたコイもいるのだ。

また、コイは淡水魚としてはかなり大きな部類であり、コイの仲間には世界最大級の淡水魚も存在するという。

今回の雑学では、コイはどのくらい長生きなのか? どのくらい大きなコイがいるのかについてご紹介しよう。

【動物雑学】70年を超えて生きるコイがいる

コイは非常に寿命が長い魚で、長生きなものは70年を超える。ギネス記録はなんと226歳だ。

【雑学解説】江戸時代から生き続けたコイがいた

江戸時代から生き続けたコイがいた。というトリビア

こちらが花子。いたって普通に見える…

コイは生命力が強く、魚類の中では寿命が長いことで知られている。平均寿命は20年から30年といわれているが、長く生きたものは70年を超える場合がある。ギネス認定された岐阜県東白川村の「花子」という名前のコイは、1751年生まれで 1977年まで生きていた。

これが本当なら226歳ということになり、コイの平均寿命の10倍生きたことになる。花子は江戸時代から7世代にわたって飼育されていたという。花子と同じ池には140歳を超えるコイが5匹飼育されていた。

平均年齢に比べてあまりに長生きなため、正確な年齢かは疑問視されているが、このように長寿だからこそ、龍になるといった伝説があるのかもしれない。

ちなみに、見た目でコイの年齢を推定する方法がある。コイの鱗には、樹木のように年輪が現れることが知られている。これを見ることで、ある程度年齢を推定することができるのだ。

ほかにも、目の近くにある耳石や脊柱骨にも年輪が現れるため、これらを見ることでも年齢が推定できる。ただし、あくまで推定に過ぎないので、正確な年齢がわかるわけではない。どの部分で測るかで、誤差が出ることも多いという。

【追加トリビア①】2メートルを超えるコイがいる

コイの大きさは60センチくらいといわれるが、大きなものでは1メートルを超える。日本のコイは、琵琶湖で1.5メートルのものが捕獲されたという話もある。

下の動画は国内で獲れた大型のコイの映像だ。

しかし日本の巨大なコイもビックリなのが、コイの仲間で世界最大の、タイなどに生息するパーカーホである。下の動画はパーカーホを撮影したものだ。

パーカーホは世界最大の淡水魚の一つとされており、最大級のものは3メートルで、重さは300kgにも達するという。コイは雑食性で食欲が旺盛、何でも食べてしまうイメージがある。しかし、パーカーホは草食性の魚だ。

このパーカーホは乱獲により数が激減してしまい、最近では100kgを超える個体は珍しくなってしまったそうだ。実はパーカーホは日本で飼育することも可能であり、販売もされている。熱帯魚として楽天などでも販売されていることもあるのだ。

売られているものは金魚ぐらいの大きさのものが多いが、飼育下でも1メートルを超える大きさまで成長する。飼育するなら、十分な設備を用意する必要があるだろう。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】滝を登るといわれるコイは実はジャンプが苦手

コイには、滝を登ることで龍になるという伝説がある。登竜門ということわざの語源も、コイが滝を登ったことに由来するのだ。そのため、コイはジャンプすることが多いと考えられている。また一部の種類のコイは、驚くと集団でジャンプする場合もある。

しかし、実際のコイはジャンプすることが苦手だといわれているのだ。高くジャンプするのは基本的に小さなコイであり、集団ジャンプはパニックになっているからである。自発的にジャンプすることは非常に少ないのだ。

コイは水面付近まで上昇し、反転する行動をとることが多い。このとき、水から飛び出したような音をたてるため、ジャンプしていると誤解されるのだそう。

コイは高い運動能力をもっており、かなりのスピードで泳ぐ。しかしイメージと違って、ジャンプすることが得意なわけではないのである。

トリビアまとめ

ケタ外れの長生き…コイは70年以上生きられるって知ってた?というトリビアまとめ

コイがどのくらい長く生きるのか、雑学としてご紹介した。200年以上生きたコイについてはあまりに長生きすぎるため、疑問視する人は少なくない。しかし、70年以上生きるコイがいることは紛れもない事実であり、非常に長生きな魚である。

コイは長生きするほど大きくなるといわれることが多い。しかし、実際はエサを大量に食べたコイほど大きくなりやすく、長生きしたコイほど大きいわけではない。実際、最も長く生きたとされる花子は、そこまで巨大なコイではない。

コイは生きている限り成長するといわれるが、単純に長く生きるほど大きくなるわけではないのだ。また、大量にエサを与えると短期間で大きくなるが、早死にしやすい。

非常に大きなコイとして話が残っているのは、ほとんどが野生のコイである。大きなコイを育てるのはかなり難しいようだ。

関連雑学

満腹感ゼロ。コイには胃がないので生態系をブッ壊すこともある

続きを見る

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.