体の仕組み

腹筋トレーニングは脂肪を減らす効果がないかも。ダイエット向きじゃない…?

腹筋トレーニングをするとお腹の脂肪はどのくらい減る?に関する雑学

ウエストを引き締める定番のトレーニングとして、腹筋トレーニングがある。皆さんも一度はチャレンジしたことがあるのではないだろうか。あるいは、チャレンジ中の人もいるだろう。

もしくは今現在、腹筋トレーニングをしながら読んでいる人もいるかもしれない。(随分とせわしない人である)

お腹を直接鍛えるトレーニングとして分かりやすい腹筋トレーニングだが、実はウエストを引き締めない…? 一体、どういうことだろうか。

今回の雑学記事では、腹筋トレーニングがどのくらいお腹の脂肪を減らしてくれるのかご紹介しよう。現在、引き締めたくて腹筋トレーニングに励んでいる人は、…ここから先は目を通さない方がいいかもしれない。

【人体雑学】腹筋トレーニングをするとお腹の脂肪はどのくらい減る?

腹筋トレーニングは、お腹の脂肪を減らす効果がないのではという研究があった。

【雑学解説】腹筋トレーニングはお腹の脂肪も体重も減らしてくれないかも

アメリカのサザン・イリノイ大学の研究で腹筋トレーニングについて調べたものがある。この実験では、18歳~40歳の普段運動をあまりしていない男女24名を対象にして、2つのグループに分けて行われた。

① 週に5回、7種類の腹筋トレーニングを10回ずつ2セットするグループ

② 何もしないグループ

普段運動をあまりしていない人には、かなりキツいトレーニングになるだろう。お腹がピクピクしそうだ。

実験期間は6週間で、この期間中は参加者の摂取カロリーに違いが出ないように、食事は調整されている。

そして6週間後に2つのグループのお腹の脂肪などを計測する。①の腹筋トレーニングを頑張ったグループと②の何もしなかったグループを比較してみると、お腹の脂肪の変化がなかったのである。

驚きの結果だ。腹筋トレーニングをしても、お腹の脂肪を減らす効果がないとは。

しかも、ウエストサイズや体重にも違いがなかったのである…! 驚きを通り越して、もはや悲しい結果だ。腹筋トレーニング頑張ったグループ、お疲れ様である。

つまり、6週間腹筋トレーニングをしても、体型には何の影響もない可能性が高いということか。では、どうして何も効果がなかったのだろうか?

どうして体型の変化がなかったのか?

その理由としては、腹筋トレーニングはものすごく消費カロリーの低い運動だからだ。

ただでさえ運動をしても痩せることが難しいのに、その運動の中でも消費カロリーの低い腹筋トレーニングをしていれば、当然効果は薄い。そういわれてみれば、納得である。

ということは、腹筋だけ鍛えても意味がないのか~、と思われるかもしれない。しかし、救いがないわけではない。

腹筋トレーニングにも効果はある。それは、腹筋の筋力がアップするのだ。…これは鍛えていれば当然かもしれないが。

つまり、腹筋トレーニングは、体型や見た目の改善には影響がないが、腹筋の筋力アップには効果があるということになる。

そうなると、通販で売っている腹筋トレーニング器具って…うーん、やめておこう。

そういえば、何年か前に私の両親がダイエット目的で買った腹筋トレーニング器具を壊してしまったことを嘆いていたが、あれはあれで良かったのかもしれない。

スポンサーリンク

【追加トリビア】体脂肪を減らすには無酸素運動と有酸素運動を組み合わせる

では、体脂肪を減らすにはどんな運動をしたら良いのだろうか。それは、無酸素運動と有酸素運動の両方を組み合わせる運動である。

そもそも、有酸素運動だけをすると、カロリーを消費して体脂肪を落としてくれるものの、同時に筋肉も落ちてしまう。筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝によるカロリー消費が下がり、効率的に痩せにくくなってしまうのである。

それを防ぐためにランニングなどの有酸素運動をする前に、筋トレなどの無酸素運動をすると良い。その運動によって筋肉が刺激され、筋肉量が減るのを防ぐ、また増やすことができる。

そうすれば、有酸素運動のカロリー消費と基礎代謝のカロリー消費のダブルでカロリーを消費することができ、痩せやすくなって体脂肪も落とすことができるのである。

無酸素運動と有酸素運動をバランス良くすることが、体脂肪を落とすためには大切ということだ。ランニングと筋トレを試すのが一番手軽な方法だと思う。

主な無酸素運動と有酸素運動

最後に、主な有酸素運動と無酸素運動を紹介しよう。

① 無酸素運動

筋トレ・ウエイトリフティング・短距離走など

② 有酸素運動

水泳・サイクリング・ランニング・ウォーキングなど

何からはじめたらいいか分からない人は、この中からお好きなものを組み合わせてもらえればと思う。

私のおすすめは、定番かもしれないが、先述した筋トレとランニングの組み合わせである。特に道具もいらないので、取り組みやすいと思われる。

関連雑学

ランニングを楽にしてくれるテクニックがあるという雑学
もう挫折しない!ランニングを楽にするテクニックがある

続きを見る

トリビアまとめ

今回の雑学記事では、腹筋トレーニングがお腹の脂肪を減らしてくれない研究についてご紹介した。

腹筋トレーニングは非常にカロリー消費が少ない運動なので、お腹の脂肪も体重も減らしてくれない可能性が高い。腹筋トレーニングは腹筋を鍛えることには効果があるが、ダイエットには向いていないということか。

もしダイエット目的で腹筋トレーニング器具をお持ちの人がいたら、インテリアとして飾るも良し、ネットで売りさばくも良し。あるいは、友達にプレゼントするのも良いかもしれない。

強調しておくが、決して不用品を押し付けるわけではない。小さな親切心なのだ。友達が喜ぶ、あなたもスッキリ、これも一つの平和的解決である。(本当に?)

さあ皆さん、体脂肪を落としたい場合は、明日から筋トレと有酸素運動に励もう。スッキリした部屋で新しいトレーニングを始めるなら、今がはじめどきだ。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.