海外の法律

シュール。アラスカ州には"ヘラジカ"に関する謎の法律がある【動画あり】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ヘラジカに関するアラスカ州の雑学

今回の雑学テーマは、ヘラジカについて。

ヘラジカと聞いて、あなたはどんなシカを想像するだろうか?

たぶん、体長3メートル・体重800キロのシカを想像する人は少ない。ヘラジカは「森の王」とも呼ばれる最大級のシカである。その頭には「王」の名にふさわしい大きすぎるツノが。

アメリカアラスカ州に住む人は、あろうことかこの「ヘラジカ」と隣り合わせの生活をしている。なんとアメリカでは、ヘラジカが原因で亡くなる人が年間250人!

そんなアラスカ州にはこんな法律があっても不思議に思う人は誰もいない…。

【ルール雑学】アメリカアラスカ州には「ヘラジカ」に関する法律がある

ネコちゃん
アラスカ州にはヘラジカに関係する謎の法律がいくつかあるって聞いたんですけど…どんなものニャンですか?
魔女さん
『ヘラジカの脅威』ゆえに作られた法律なんだよ。これから一緒に見ていこうかねぇ?

【雑学解説】ヘラジカに関する法律で実在するもの

ヘラジカに関する法律で実在するものというトリビア

 

これらはヘラジカに関する実在する法律である。

  1. ヘラジカ狩りをしている人の耳元で囁いてはいけない
  2. 飛行機からヘラジカを見下ろしてはいけない
  3. 飛んでいる飛行機からヘラジカを突き落としてはいけない
ネコちゃん
えっと…どれも意味がよく分からないですニャ…。

謎すぎる法律だらけだが、どんなシチュエーションで活躍するか想像してみよう。

スポンサーリンク

ナゾ法律①ヘラジカ狩りをしている人の耳元で囁いてはいけない

たしかにヘラジカ狩りをしている人に話しかけるのは危険だ。ハンターが驚いて、もしヘラジカに気づかれたら?  一歩間違えば命を失いかねない!

でもこの法律には落とし穴がある。それは普通に話しかける分には法に触れないということだ。

ナゾ法律②飛行機からヘラジカを見下ろしてはいけない

ナゾ法律②飛行機からヘラジカを見下ろしてはいけないというトリビア

ヘラジカはその体の大きさゆえに、飛行機の上からでも地上にいるのが確認できてしまうだろう。飛行機からあんな恐ろしい動物を見つけてしまったら、地上に戻るのが嫌になってしまうのも無理はない!

ネコちゃん
…でも、ヘラジカを飛行機から見て法に触れるのはおかしくないですかニャ?

ナゾ法律③飛んでいる飛行機からヘラジカを突き落としてはいけない

これは納得できる。普通のシカならまだしも、よりによってヘラジカを飛行機から落とすなんて。地上にもしも人がいたら大けがどころでは済まない。それになんの罪もないヘラジカを思うと心が痛む。

もし飛行機にヘラジカを積むことができればの話だが。

【追加雑学】想像を超えてきた! ヘラジカの大きさがよくわかる動画

魔女さん
こんなでっかい動物が人間の住む場所に出没するんだから、妙な法律を作っちまうのだって理解できるとは思わないかい?
ネコちゃん
うーん…。そういうものニャのかな…。

まるでCGかと思うような迫力である。こんなのに街中で遭遇してしまったら、もう覚悟を決めてしまいそうだ…。

関連記事

ヘラジカの大きさやスピードがすごいという雑学
体重800キロなのに時速72キロ…ヘラジカはデカくて速い…【動画あり】

続きを見る

雑学まとめ

今回の雑学では「ヘラジカ」に関する謎の法律について紹介してきた。一生のうちに、ヘラジカハンターの耳元で囁いたり、ヘラジカを飛行機から突き落とす機会はたぶんない

ないけど、この大きさを見ると念には念を入れて法律を作っておきたくなるアメリカ人の気持ちがわからないでもない…。

魔女さん
今回のもの以外にも、世界には変わった法律がたくさん存在するんだよ。この『雑学カンパニー』にはたくさんの情報が詰まっているから、他の記事も読んでいくんだよ?
ネコちゃん
人間の世界は不思議ですニャ…ボク、これからもっと人間について勉強するニャン!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー