海外の法律の雑学一覧

ドバイの地下鉄では居眠りをしたら罰金という雑学

海外の法律 面白い雑学

2019/10/15

うとうと禁止。ドバイの地下鉄で居眠りをすると罰金。|面白い雑学

ドバイ 地下鉄駅 毎日働きづめで、一日の終わりには疲れてしまって、うっかり電車やバスでうとうと…ということもあるだろう。 「お疲れ様です!」という言葉をかけつつ、どうかドバイではそのうとうと居眠りを絶対にしないように気を付けてもらいたいと思っている。 今回はそんなドバイのルールについてご紹介しよう。 【面白い雑学】ドバイの地下鉄では居眠りをしたら罰金 ドバイの地下鉄で居眠りをしたら罰金刑になる。 【雑学解説】ドバイの地下鉄ではうっかり寝過ごしたりしてもアウト。公共でのルールが厳しい国だった ドバイの地下鉄 ...

イタリア・ローマのスペイン広場でジェラートを食べたら罰金という雑学

海外の法律

2019/10/4

美しい景観を守る!ローマのスペイン広場でジェラートを食べたら罰金|ルール雑学

ヨーロッパは日本人にとって人気の観光エリアだ。その中でもイタリアやスペインなどは有名な建造物が多く、映画にも使われた場所は実際に行ってみたいと感じる方も多いだろう。 イタリアで映画の舞台になったところといわれれば、ローマのスペイン広場が有名だ。オードーリー・ヘップバーンの「ローマの休日」である。 古い映画だが今もなお人気のある作品だ。この映画の中で主人公のオードリーがジェラートを食べるシーンがある。 しかし、現地で再現をすると罰金刑になってしまうのだ。 【ルール雑学】イタリア・ローマのスペイン広場でジェラ ...

アフリカで「おなら禁止法」が成立しそうになったことがあるという雑学

海外の法律 面白い雑学

2019/10/17

国民も大反対!"おなら禁止法"が成立しそうになった国がある【マラウイ共和国】|面白い雑学

当たり前のことだが、人前で遠慮もせずにおならをするのはマナー違反である。そんなわかりきったこと…という人もいるだろうが、世の中には人前でも平然と大きなおならをする輩はいるものだ。 そんな失礼なヤツらは全員取り締まってほしい…と思ったこともあるだろうが、たかがおならで逮捕というのは、さすがに行き過ぎである。しかし、アフリカでは「おなら禁止法」が成立する可能性があったらしいのだ! いったい、なぜそんな法律が検討されたのか? 今回はおならにまつわる法律について、いくつか紹介していきたい。 【面白い雑学】アフリカ ...

イタリア・ベネチアでは「ハトに餌をやってはいけない」という法律があるという雑学

海外の法律 面白い雑学

2019/10/6

イタリアのベネチアでは"ハトに餌をやるな"という法律がある|面白い雑学

イタリア・ベネチア ハトというと皆さんはどんなイメージをもつだろうか。やはり私は「平和の象徴」というイメージが強い。 なんとなく、映画とかで白いハトがバァーっと飛び立っていくシーンのハッピーエンドというイメージだ。もしくは怪盗キッドの二択である。 そんな「平和の象徴」といわれるハトが、イタリアのベネチアでは平和っぽくない話題を振りまいているのである。 【面白い雑学】イタリア・ベネチアでは「ハトに餌をやってはいけない」という法律がある イタリア・ベネチアにあるサンマルコ広場では、ハトがエサをついばむことで建 ...

カナダでは雪男を殺してはならないという雑学

海外の法律 面白い雑学

2019/10/6

衝撃の法律。カナダでは"雪男を発見しても殺してはならない"|面白い雑学

都市伝説として語られる生き物は世の中にたくさん存在する。日本でいえば河童やツチノコ、海外でもスレンダーマンやネッシーなどが有名だろう。 怖い存在だったり、神秘的なものだったりといろいろな設定はあるものの、いまだに解明されていない。 その中で、日本でも耳にしたことがあるであろう「雪男」について、おもしろいトリビアを発見したのでご紹介したいと思う。 【面白い雑学】カナダでは雪男を殺してはならない カナダでは雪男を発見しても殺してはいけないという法律がある 【雑学解説】カナダでは雪男を殺してはいけないという法律 ...

昔イギリスでは、自殺未遂をして生き延びてしまった人は犯罪者だったという雑学

海外の法律

2019/10/7

自殺=重罪。イギリスでは自殺未遂をすると死刑になっていた!|ルール雑学

現代でも諸外国の文化を辿ってみると、日本との違いに驚かされることが多々ある。時代が変われば、なおのこと現代とは違った価値観に驚かされるものだ。 そして今回耳に入ってきたのは「イギリスでは自殺未遂者が絞首刑にされていた時代がある」という話。未遂ということは、死のうとは思ったが助かったということだ。助かった人をわざわざもう一度殺そうというのか…。 これはなんとも奇妙な考えに思える。真相を辿ってみると、そこには中世ヨーロッパの宗教的価値観が大きく関係していた! 【ルール雑学】昔イギリスでは、自殺未遂をして生き延 ...

フランスでは「豚にナポレオンと名付けてはいけない」という法律があるという雑学

海外の法律

2019/10/7

フランスでは"豚にナポレオンと名付けてはいけない"という法律がある|ルール雑学

皆さんは自宅でペットを飼っているだろうか。ペットといえば犬や猫が一般的だが、爬虫類のような変わった生物を飼育している人もいるだろう。 そしてペットを飼い始めるときの楽しみといえば名前をつけることだ。これから家族となるペットに長く愛着をもてる名前を考えていたらワクワクが止まらないものである。ペットの名前を聞けば飼い主のセンスがわかるところもまた面白い。 そんなペットの名前だが、フランスではつけてはいけない禁止された名前があるそうだ。禁止されるくらいなのだから、よほど常識に外れた名前なのだろうか…。 気になっ ...

フランスでは「女性のパンツスタイル禁止」という法律があった雑学

海外の法律 面白い雑学

2019/10/15

差別感ヤバい!フランスに"女性のパンツスタイル禁止"という法律があった|面白い雑学

フランス…。この言葉を聞くだけで、どことなくオシャレな空気が漂ってくる。これは私だけだろうか? それはさておき、このフランス。ファッションの流行を生み出す場所として知られているが「女性のパンツスタイル禁止」という驚くべき法律があるというのだ。今回は、この法律に関するトリビアを紹介していくぞ! 女性の方は特に注目してほしい。 【ルール雑学】フランスでは「女性のパンツスタイル禁止」という法律があった 流行の発信地であるフランスには、「女性のパンツスタイル禁止」という驚くべき法律があった。 【雑学解説】約200 ...

シンガポールではチューイングガムが禁止されているという雑学

海外の法律

2019/10/15

100万円の罰金!?シンガポールはガムの購入/販売/持ち込み禁止。|ルール雑学

食後の後はガムを噛んで、息スッキリ! …CMのセリフみたいだが、実際食後の口直しや眠気覚ましにガムを噛む方は多いのではないだろうか。 日本人にとってなじみ深い、このチューイングガム。なんとシンガーポールでは禁止されているというのだ! そう、マーライオンで有名なあのシンガポールだ。 今回は、シンガポールでのチューイングガムについてのトリビアを紹介していくぞ! シンガポールへ旅行予定の方は、特に注目してほしい。 【ルール雑学】シンガポールではチューイングガムが禁止されている マーライオンで有名なシンガポールで ...

「目には目を、歯には歯を」は過剰な報復を防いでいたという雑学

海外の法律

2019/10/15

実はスゴい法律。"目には目を、歯には歯を"の深い理由とは?【ハンムラビ法典】|ルール雑学

ハンムラビ法典 少し前の話だが、「やられたらやり返す、倍返しだ!」の決めゼリフで有名なドラマが流行ったのを覚えている人も多いだろう。 日頃から仕事などでストレスを受けることも多い現代人だからこそ、あのドラマの決めゼリフが心に染みて大流行したに違いない。 とはいえ、現代においては「目には目を、歯には歯を」という生き方は野蛮であり、なかなか難しいといえる。やはり、「目には目を、歯には歯を」というのは、昔だから成り立つものだったのだろう。 …と思っていたが、「目には目を、歯には歯を」の由来を調べてみたところ、こ ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.