ためになる

サイレンに注意!もし救急車が交通事故を起こしたらどうなる?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

救急車が交通事故を起こしたらどうなるかという雑学

救急車と交通事故を起こしたらどうなるんだろう?」

みなさんはこんな疑問を頭に浮かべたことはないだろうか。

救急車は一刻も早く病院へとたどりつかないといけない。そのため通常車は救急車が来た場合、道を開けて救急車を通れるようにする。

しかし、道を開けるときにハンドル操作をミスってしまい、救急車と激突! なんていうのもありえない話ではない。救急車とぶつかってしまったら、洒落にならない。

今回の雑学では、救急車と交通事故を起こしたらどうなるのか、具体的に調べてみたぞ。

【生活雑学】救急車が交通事故を起こしたらどうなるの?

おばあちゃん
あれあれ、また救急車と一般の車の事故があったらしいねぇ。
孫ちゃん
もし救急車と車が事故を起こしたら、どっちが悪くなっちゃうの?
おばあちゃん
う~ん、まぁ状況によるかもしれないけど、たいていの場合の過失割合は7:3で、一般車両の方が責任が重くなるみたいだねぇ。

【雑学解説】救急車と交通事故を起こしたら、過失割合は7:3になる

救急車と交通事故を起こしたら、過失割合は7:3になるというトリビア

救急車をはじめ、消防車パトカー、他にもガス会社の作業車や、自衛隊の車両。こういった車は、「緊急自動車」と呼ばれており、一部の道路交通法の適用を除外されている。

具体的には、信号が赤でも救急車は止まらずに先へ進んで構わない、などなど。

そしてこういった緊急自動車が来た場合、一般車両は進行を妨げないように進路を譲らないといけない。交差点付近では一時停止しなくてはいけない。

孫ちゃん
救急車ってけっこう走ってるけど、サイレンを鳴らして近付いてるのに全然譲らない車もたまに見かけるよね。

また、緊急自動車と一般車両が万が一衝突してしまったら、だいたいの場合、一般車両側の責任が重くなる。過失割合はだいたい7:3になることが多い。

たとえ交通ルールを厳守して青信号で侵入した場合でも、交差点で救急車とぶつかってしまったら、一般車両が悪いということになってしまう。

このようになるのは、それだけ救急車などは一刻も早く目的地まで向かわないといけなく、優先されるべき存在だからだ。

もし、救急車のサイレンが聞こえたら、進行妨害にならないように気をつけないといけない……。

おばあちゃん
救急車1台譲ったくらいで到着時間に大差があるわけでもないだろうからねぇ。それで事故なんか起こしたら、あとあともっと大変だよ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】救急車が白い理由とは?

救急車が白い理由についてのについてのトリビア

救急車が白い理由をみなさんはご存知だろうか。理由は至って単純で、日本で初めての救急車の色がたまたま白であり、その後統一されたからだ。

先程も記述した通り、救急車が通りかかるときは一般車両に気を配らないといけないので、なるべく分かりやすい車であることが望ましい。そのためわかりやすく、白一色で統一されているのである。

おばあちゃん
これは、昭和26年に運輸省が「消防車は朱色、それ以外の緊急車両は白」っていう保安基準を決めたからなんだよ。今ほど車が一般的じゃないころは、真っ白の車ってあまりなかったからねぇ。
孫ちゃん
へぇ~。でも今でもああいう形で白い車ってあんまり見かけないからわかりやすいよね。

なるほどなあ、たしかに白で統一してくれた方が、車を運転する身としては助かるな……。

おすすめ記事

パトカーはもともと白一色だったという雑学
パトカーはもともと白一色だったって知ってる?

続きを見る

【追加雑学②】救急車のサイレンの音量は頼めば下げてもらえる

救急車のサイレンの音量は頼めば下げてもらえるというトリビア

救急車のサイレンの音がけっこううるさいこともある。特に夜中だと小さい子供が起きてしまったりして、近所迷惑になる恐れがある。

そういう心配がある場合は、実は頼めば救急車のサイレンの音量を下げてもらえるのだ。

おばあちゃん
近所でもたまにあるねぇ。ちょっと遅めの時間に、サイレンがまったく聞こえなかったのに赤色灯だけ光ってて、それで救急車が来てたことに気付いたりとかね。

救急車のサイレンは、急いで現場に向かっていることを周囲の車に知らせるために鳴らしている。だが夜中ならほとんど車も走っていないし、サイレンを鳴らす必要性はそこまでない。音量を下げてほしい場合は、救急車を呼ぶ人が消防署に電話をする際に伝えるようにしよう。

まあたしかにサイレンは夜中だとうるさいもんな……。音量を下げてくれるなら下げてほしい。ただ問題は、緊急時にサイレンの音量にまで気を配れる余裕はあるのかどうかだ。

孫ちゃん
あ~、それはあるかも。冷静でいられる自信はないな~。

雑学まとめ

サイレンに注意!もし救急車が交通事故を起こしたらどうなる?というトリビア

本雑学記事では、救急車が交通事故を起こしたらどうなるのかについて解説した。

救急車と交通事故を起こすと、一般車両の方が過失割合が高くなってしまう。救急車は一刻も早く現場に向かう必要があるため、車を運転する人達は気を配る必要があるのだ。

人命に関わることだし、一般車両の責任が重くなっても仕方がないかもしれないなあ。救急車が近くを通るときは慎重に運転するよう心がけよう……。

孫ちゃん
車の免許持ってない私でも、救急車が来たら道を譲るなんてことは知ってるよ。自転車でもちゃんと救急車が過ぎるのを待つもん。
おばあちゃん
普通に考えたら、緊急車両に譲るのは当然なんだけどねぇ。救急車と一般車両の事故なんてニュースは聞きたくないもんだよ。

おすすめ記事

救急車を呼ぶのに迷ったときは「7119」にかけることができるという雑学
緊急時に…!救急車を呼ぶか迷ったときは"#7119"で相談できる

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー