自然現象

天気予報ができる!"遠くの音が聞こえると雨が降る"といわれるのはなぜ?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「遠くの音が聞こえると雨が降る」と言われる理由に関する雑学

昔、祖母からこんなことを言われたことがある。

「遠くの船の汽笛が聞こえたら、雨が降る」

私はこの言葉を信じ続けている。自宅から距離があるはずの船の汽笛が聞こえたら、その後日は高確率で雨が降るのだ。

私の場合は遠くの汽笛だが、遠くの鐘の音や遠くの電車の音などでも同じことがいえる。いったいどうしてなのだろうか?

今回は、そんな不思議な雑学を紹介しよう。

【自然雑学】「遠くの音が聞こえると雨が降る」と言われる理由

「遠くの音が聞こえると雨が降る」というのは、大気の温度の状態で音の伝わり方が変化することが関係している。

【雑学解説】空の気温で音の方向が変わる?!

空の気温で音の方向が変わる?!というトリビア

大気の気温の変化で、音が伝わる方向が変わる。晴れの日は地表の温度が高く、上空の温度は低い。音というのは、温度の高い方から低い方へと伝わっていくので、晴れの日は音が上方向へ移動する。そのため、遠くの音は聞こえない。

しかし、雨が降る前の大気は違う。雨が降る前は、前線の関係で上空も暖かくなってくる。

そうなると、地表と上空の温度差が縮まるわけだ。温度差が縮まることによって、音が晴れの日のように上へと移動しない。

暖かい大気に音がぶつかって、地表へと跳ね返ってくる。そのため、普段は聞こえないはずの遠くの汽笛や鐘の音などが聞こえるのだ。そして翌日、もしくは後日、雨が降るので「遠くの音が聞こえると雨が降る」といわれるようになった。

もちろん、必ずしも遠くの音が聞こえたら雨が降るというわけではない。しかし、結構な高確率で雨が降るように感じるので、参考にする価値はあると思う。

ある意味、自然が天気を教えてくれているのかもしれない。私は今でも遠くの汽笛の音が聞こえると、「明日は雨かな?」と思い、天気予報で確認する習慣がついている。

スポンサーリンク

【追加雑学】「ツバメが低く飛ぶと雨」といわれる理由は?

「ツバメが低く飛ぶと雨」といわれる理由についてのトリビア

「○○だと雨が降る」という迷信のような言葉繋がりで、もう1つトリビアを紹介しよう。

あなたは「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」ということを聞いたことはないだろうか? 私は理科の教科書か、理科系の本でこのような言葉を見たことがある。実はこれも、雨を予測するには参考になる。

ツバメは飛びながら餌である虫を捕まえる習性がある。

雨が降る前は湿度が高くなり、虫の羽が湿気る。そうなると、虫はうまく羽ばたけずに、低い位置を飛ぶようになる。虫が低く飛ぶので、追いかけるツバメもあわせて低く飛ぶのだ。

ツバメが盛んに低く飛ぶ光景を目にするようになると、近いうちに雨が降る可能性が高い。こちらも100%ではないが、低く飛ぶツバメを見たときは、その後の天気に注意したほうが良いだろう。

雑学まとめ

天気予報ができる!"遠くの音が聞こえると雨が降る"といわれるのはなぜかについての雑学まとめ

「遠くの汽笛(鐘・電車など)が聞こえると雨が降る」

まるで迷信のような言葉だが、大気の温度の違いで、音の伝わり方が変わるという現象によるものだった。

遠くの音が聞こえるときは、雨の前線などの影響で、上空の温度が下がっている。そして、地表との温度差が縮まっているので、遠くの音が聞こえるのだ。

「必ず雨が降る!」というわけではないが、天気予報を見る前の参考としては、使える雑学ではないかと私は思っている。

おすすめ記事

落雷が近いか遠いかは、光と音で判断できるぞ!

続きを見る

降水確率の決め方に関する雑学
降水確率の意味とは?100%と0%ってどういうこと…?【天気予報】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー