球技

ギネス記録。最速の球技はバドミントンで時速400キロ超え【動画あり】

最速の球技はバドミントンという雑学

男なら憧れるNo.1の称号。あなたは最速の球技を知っているだろうか?

今回紹介する雑学を知れば、明日から「世界最速の球技をやっているんだぜ」とかっこつけることができる。その世界最速の球技は、バドミントンである。しかも断トツ。

そこで、今回はバドミントンの球速がどれくらいなのか、他の球技と比較しつつ紹介していくぞ。これで明日からNo.1の称号を手に入れることができるだろう。

【スポーツ雑学】最速の球技はバドミントン

最速の球技はバドミントンで、時速493kmという世界記録がある。

【雑学解説】バドミントンの球速は時速493kmのギネス記録で最速の球技である

バドミントンの球速は時速493kmのギネス記録で最速の球技であるというトリビア

タン・ブンホン選手

バドミントンの球速ギネス記録は、マレーシアのタン・ブンホン選手が出した時速493kmとなっている。

そのギネス記録を出したときの動画がこれだ。

かっけぇ〜! ラケットから発される音がやばすぎる。

この世界記録は時速493kmだが、バドミントンは平均的なスピードでも約300kmは超えてくる。もちろん球技でNo.1だ。

ただし、この球速は初速なのでネットを超えるころには時速100kmくらいになっている。とは言っても初速が時速300kmを超えるのはやばい。

反射神経にそこそこ自信があったが、実際にバドミントンのスマッシュを受けて唖然としたことがある。マジで速すぎて見えない。

初速が時速300kmを超え、ネットを超えるころには時速100kmだが、ネットを超えてから地面に落ちるまでの距離は数mしかない。100kmを超える速度を数mで打ち返す競技かと思うとバトミントン選手の凄さがわかると思う。

関連雑学

バドミントンの判定には「見えなかった」というものがあるという雑学
速すぎ!バドミントンの判定には"見えなかった"というものがある

続きを見る

スポンサーリンク

【追加トリビア】他の球技の球速を調べてみた

他の球技の球速を調べてみたというトリビア

バドミントンが最速の球技ということはわかっていただけただろうか。だけど、他の球技はどれくらいなのか気になる人も多いだろう。

ということで、メジャーな球技の速度も調べてみた。ギネス記録がある球技もついでに紹介しておく。

野球

野球はイメージしやすいだろう。投手(ピッチャー)のギネス記録は、アロルディス・チャップマンの時速169.14kmとなっている。

サッカー

サッカーの球速はシュートが一番速い。記録としてはロベルト・カルロスの時速140kmとなっている。平均でも時速120kmは超える。

テニス

テニスの球速はサーブが一番速い。平均で時速200km前後となっている。ちなみに、あの松岡修三さんのサーブは時速216kmという記録を出している。

バレーボール

バレーボールの球速は、スパイク時は時速120kmを超える。

卓球

卓球の球速は、スマッシュだと時速200km近くになる。

バドミントン以外の球技の球速を紹介してみた。体感速度だと変わってくるだろうが、時速だとこのようになっている。いかにバドミントンの球速が速いかわかっていただけたと思う。

トリビアまとめ

ギネス記録。最速の球技はバドミントンで時速400キロ超え【動画あり】についてのトリビアまとめ

今回はバドミントンが世界最速の球技であることを紹介した。圧倒的に速いことがわかっただろう。

No.1の称号を手に入れたいならバドミントンをやるといい。この雑学を知ったおかげで、「おれは世界最速の球技をやっているんだぜ」とすぐにでも自慢できる…はずだ。

あんまりイキるのは、おすすめはしないが…。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.