球技

ギネス記録。最速の球技はバドミントンで時速400キロ超え【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

最速の球技はバドミントンという雑学

男なら憧れるNo.1の称号。あなたは最速の球技を知っているだろうか?

今回紹介する雑学を知れば、明日から「世界最速の球技を知ってるんだぜ」とかっこつけることができる。その世界最速の球技は、バドミントンである。しかも断トツ

そこで今回は、バドミントンの球速がどれくらいなのか、他の球技と比較しつつ紹介していくぞ。

【スポーツ雑学】最速の球技はバドミントン

マッチョ課長
新人ちゃん、最速の球技は身近なスポーツ…バドミントンって知ってたか?時速493kmという世界記録まであるんだぞ!
新人ちゃん
バドミントンなら私もやったことあるっすけど…。あれが最速の球技なんっすか?

【雑学解説】最速の球技!バドミントンの球速は時速493kmのギネス記録

バドミントンの球速は時速493kmのギネス記録で最速の球技であるというトリビア

タン・ブンホン選手

バドミントンの球速ギネス記録は、マレーシアのタン・ブンホン選手が出した時速493kmとなっている。

そのギネス記録を出したときの動画がこれだ。

マッチョ課長
どうだ、びっくりするほどのスピードだろう!

かっけぇ〜! ラケットから発される音がやばすぎる。

この世界記録は時速493kmだが、バドミントンは平均的なスピードでも約300kmは超えてくる。もちろん球技でNo.1だ。

ただし、この球速は初速なのでネットを超えるころには時速100kmくらいになっている。とはいっても初速が時速300kmを超えるのはやばい。

私は反射神経にそこそこ自信があるほうだが、実際にバドミントンのスマッシュを受けて唖然としたことがある。マジで速すぎて見えない

ネットを超えるころには時速100kmといっても、ネットを超えてから地面に落ちるまでの距離は数m。つまり100kmを超える速度を数mで打ち返す競技が、プロのバドミントンなのだ。

新人ちゃん
バドミントンって子供のころよくやってたっすけど…プロにもなると相当ヤバいスピードで勝負するんっすね…。

おすすめ記事

バドミントンの判定には「見えなかった」というものがあるという雑学
速すぎ!バドミントンの判定には"見えなかった"というものがある

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】他の球技の球速は?

他の球技の球速を調べてみたというトリビア

バドミントンが最速の球技ということはわかっていただけたところで、他の球技はどれくらいなのかを見ていこう。ギネス記録がある球技も紹介していくぞ!

野球

野球はイメージしやすいだろう。投手(ピッチャー)のギネス記録は、アロルディス・チャップマンの時速169.14kmとなっている。

サッカー

サッカーの球速はシュートが一番速い。記録としてはロベルト・カルロスの時速140kmとなっている。平均でも時速120kmは超える

テニス

テニスの球速はサーブが一番速い。平均で時速200km前後となっている。ちなみに、あの松岡修三さんのサーブは時速216kmという記録を出している。

マッチョ課長
松岡修造のサーブ、あれは強烈だったな~!
バレーボール

バレーボールの球速は、スパイク時は時速120kmを超える。

卓球

卓球の球速は、スマッシュだと時速200km近くになる。

メジャーなところを挙げるとこんな感じだ。体感速度だと変わってくるだろうが、時速だとどのスポーツもバドミントンに遠く及ばない。

新人ちゃん
やっぱバドミントンがダントツ速いんっすね。あれっすかね、打つのが軽い羽根みたいなヤツだからっすかね?
マッチョ課長
あの羽根は、正式には『シャトル』というんだぞ。

雑学まとめ

ギネス記録。最速の球技はバドミントンで時速400キロ超え【動画あり】についての雑学まとめ

今回はバドミントンが世界最速の球技であることを紹介した。やはり時速493kmは半端じゃない!

No.1の称号を手に入れたいならバドミントンをやるといい。世界最速の称号を手に入れられる日が来るかも…!?

新人ちゃん
バドミントンか…。久しぶりにやってみようかなー。
マッチョ課長
新人ちゃん、オレたちも最速の球技をしないか?!
新人ちゃん
課長とはしたくないっすね。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー