人体の不思議

グループ活動におすすめ!会議がスムーズになる飲み物がある。|人体雑学

会議がスムーズになる飲み物があるという雑学

皆さんは会議がなかなか進まないという経験はないだろうか。会議が停滞していて、いまいち議論が活発にならないという悩みを持っている人も多いだろう。

生産性を上げるために開催している会議であるにもかかわらず、時間ばかり過ぎてしまい、逆に生産性が落ち込むことすらある。しかし、そんな問題を解決してくれる飲み物がある。

今回は、会議がスムーズになる飲み物についてご紹介しよう。司会や進行役を任されて困っている人は、次の会議にぜひ準備して臨んでほしい。

【人体雑学】会議がスムーズになる飲み物がある

カフェインを摂るとチームパフォーマンスが上がるという研究がある。つまり、コーヒーを飲むと会議がスムーズに進むようになるのだ。

【雑学解説】コーヒーが会議の役に立つ

アメリカのカルフォルニア大学の研究で、グループ活動とコーヒー・カフェインについて調べたものがある。この研究では、2つの実験が行われているので、1つずつ紹介しよう。

1つ目の実験は、学生72名を対象として、コーヒーを飲んでもらうグループとコーヒーを飲まないグループに分けて、15分ほど討論をしてもらった。内容はアメリカでよく議論のネタにあがる「ウォール街運動」を選んだ。

実験の結果、コーヒーを飲んだグループは、討論の相手にポジティブな姿勢をとって、相手のことを良い人と判断する確率がアップしたのである。また、実験終了後も自ら率先して討論を続ける傾向がみられた。

つまり、コーヒーは相手のことを好意的に捉えやすくなり、積極性も増すということか。

2つ目の実験は、学生61名を対象として、カフェイン入りのコーヒーを飲んでもらうグループとカフェインレスコーヒーを飲んでもらうグループに分けて、1つ目の実験と同様の討論を行ってもらった。

その後、コーヒーの効果を測定したところ、カフェイン入りのコーヒーを飲んだ人ほど注意力が上がったのである。そして、注意力が上がった人ほど自分と他人をポジティブに評価したのだ。

研究者は「コーヒーで注意力が高まるとチームにポジティブな影響を与え、さらにパフォーマンスも高まる。これは注意力が高まることで、自分と他人の貢献度がより深く理解できるからだろう。おかげで、ポジティブなムードが高まるのだ。」と言っている。

つまり、コーヒーでチームパフォーマンスが上がるのは、注意力が向上したことが要因ということである。コーヒーで注意力を高めることで、自分と他人の良い点が目につきやすくなるのだろう。

そうと分かれば、今度の会議から飲み物はコーヒーにしたい。

スポンサーリンク

【追加トリビア】その他の会議をスムーズにする方法

コーヒーを飲むこと以外にも会議をスムーズにする方法がいくつかあるので、紹介しよう。

① 資料と議題を事前に共有しておく

会議で使用する資料を会議の参加メンバーに事前に配布し、資料の内容を確認してもらう。そうすることで、検討するべき課題が明確になるとともに、会議中に資料を確認することも少なくなる。そして、参加メンバーが会議に集中できるようになり、会議をスムーズに進めることができる。

ただし、直前にもらっても確認する時間がないと効果を発揮しにくいので、できれば会議の2、3日前には配布するようにしたい。

② 会議の目的とゴールを設定しておく

会議中、誰かの思いつきなどで話が脱線してしまうことがある。そのまま話が横道に逸れてしまい、収拾がつかなくなったり、目的を見失ってしまったりすることもあるだろう。

それらを防ぐために、会議の冒頭で目的とゴールを参加メンバーに伝えるようにしよう。目的とゴールが明確になることで、目的以外の話をしないように意識させることが大切だ。

③ 会議の参加メンバーを厳選する

参加メンバーを増やしてしまうと、発言できない人がでてきたり、意思決定までに時間がかかってしまったりすることがある。

それを防ぐために、参加メンバーは厳選しよう。参加メンバーを選ぶときは、どうしても必要な人とできれば参加してほしい人だけに絞ることで、会議がスムーズになるだろう。

トリビアまとめ

今回は、会議がスムーズになる飲み物についての雑学をご紹介した。

コーヒーを飲むと注意力が高まり、チームパフォーマンスが向上する傾向があることがわかった。ぜひ、会議や打ち合わせをするときは、コーヒーを飲むようにしていきたい。

また、会議は事前準備も大切なので、資料の配布やゴールの設定などをしっかりと行うと、会議がよりスムーズに進めることができるかもしれない。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.