植物・木

江戸時代の賢い知恵。桜が土手沿いに多く咲いているのはなぜ?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

桜が土手沿いに多いのはなぜ?という雑学

桜は日本を代表する花といっても過言ではない。春になると美しく咲くのが毎年楽しみだ。ところで桜といえば、多くは土手沿いに生えているものである。川と合わさったシチュエーションが相まって、それもまた綺麗だ。

しかし実のところ、桜は景観だけを意識して土手に植えられたわけではない。なんとこれには、災害に立ち向かおうとした、昔の人の知恵が関係していたのだ! 今回の雑学では、桜が土手に多い理由について解説していくぞ!

【自然雑学】桜が土手沿いに多いのはなぜ?

桜が土手沿いに多いのは、川の氾濫による決壊を防ぐため。江戸時代の人たちの知恵である。

【雑学解説】江戸時代の知恵で災害対策!

土手沿いに咲く桜の景色は、もとはといえば江戸時代の人たちが、災害対策のために作ったものだ。

当時の人たちが特に困った自然災害は、大雨が降って川が氾濫することだった。この川の氾濫によって、土手が決壊してしまうようなこともしばしばあったのだ。

土手の決壊を防ぐためには、地面を固めておく必要があった。しかし、広範囲に及ぶ土手の地面を固めようと思うと、人件費がかかり過ぎてしまい、政府も頭を抱えていた。そこにこんな案が飛び込んできたのだ。

「桜を植えて、そこに人を集めれば自然と地面が踏み固められるのではないか?」

桜の見物にやってきた人を利用してしまうとは、これは名案である! 人員や道具などをわざわざ集める必要もなければ、かかる費用は桜の苗ぐらいだ。

花見を奨励する事業をする必要などはあったが、単に地面を固める作業を行うくらいなら、こちらの方が幾分か積極的に取り組める。

こうして桜が成長するにつれて、集まってきた花見客によって自然と地面が踏み固められ、悩まされ続けていた土手の決壊を防げるまでにいたったのである。

残念なことに、この案を出した人物が誰なのかは定かではない。その人のおかげで、川沿いの桜並木の美しい光景が今も見られるのだから、歴史に名を残しても良い功績だと思うのだが…。

おすすめ記事

盛大なお花見をするのは日本だけの文化という雑学
日本だけ!海外にも桜はあるけど"お花見"はないんです

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】お触り厳禁!桜は意外と繊細

綺麗な花を見ると、摘んで持って帰りたくなる人もいるだろう。その気持ちはわかる。しかし、いくら桜の花が美しいからといって、枝を折ることはしないでほしい。

実は桜は不用意に枝を折られてしまうと、そこから雑菌が入ってしまい、病気にかかってしまうことがある。そうなると、もう美しい花が見られなくなってしまうのだ。

もちろん引っ張ったり、曲げたりというのもダメだ。そもそも桜の枝は手で触っただけでも、菌が木に侵入しやすくなる。桜は触るものではなく、あくまで目で見て愛でるものだととらえておこう。

また、桜の木の根元に腰掛けるのもいけない。実は桜は地面の浅いところまでしか根を張らないため、多くの人が根元に座って地面が固められると、栄養を吸収しずらくなったり、呼吸しずらくなったりするのだ。

このように、桜はとてもデリケートな植物である。人間の何気ない行動で、桜を苦しめないように気をつけたいところだ。

ちなみに桜を剪定(せんてい)しているプロの職人は、知識をもったうえで触っているので、その点は安心してほしい。

雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。桜の木が土手沿いに多く植えられているのは、江戸時代の人たちが災害から身を守るための知恵だった。人々に花見を楽しんでもらいながら、自然と地面を固めていく…。

土手沿いの花見を奨励していくというのは、単純作業で土手を固めていくのに対し、とても建設的で楽しい事業のように思える。そういった意味で財政面だけでなく、多くの人にとってメリットのある案だったといえるだろう。

土手沿いに綺麗に咲いた桜も、そういった当時の時代背景を思いながら見れば、また違った楽しみ方ができるかもしれない。

おすすめ記事

桜の開花には「600℃の法則」という目安があるということに関する雑学
600℃の法則!桜の開花には目安があるんです

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー