人体の不思議

同じではない!男の子と女の子が生まれる確率はどっちが高い?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

男の子と女の子が生まれる比率は?に関する雑学

いつの時代も、男は女性にモテたいもの。

男の子と女の子の数が一緒であれば、数字上男の子は全員女の子と個別に付き合えることになるが、実際はそう上手くいっていないようだ…。男の子と女の子の比率は違うのだろうか。

というわけで今回は、男の子と女の子が生まれる確率についての雑学をご紹介しよう!

【人体雑学】男の子と女の子が生まれる確率は?

科学者くん
男の子と女の子って生まれる確率は同じなんですか?
ダヴィンチさん
う~ん…。厚生労働省が発表した日本の人口動態統計調査によると、男の子が生まれる確率のほうがほんのわずかだけど女の子よりも高いんだよ。

【雑学解説】男の子が生まれる確率がわずかに高い

男の子が生まれる確率がわずかに高いというトリビア

男の子が生まれる確率が高いといってもその差はわずかなもの。だいたい同じと結論付けても間違いではないだろう。

ただ数が多くなると、その差ははっきりと表れてくる。1000人の赤ちゃんがいるとしたら、約513人が男の子、約487人が女の子になる。差は26人だ。そう考えるとばかにはできない差である。

違いがあることは分かったが、こうなると気になるのはその理由だ。なぜ男女で生まれてくる数に差があるのだろうか? その答えは…。申し訳ないが、はっきりとした理由はわかってはいないようだ。

仮説としては、女性のほうが平均寿命が長いので、男女比を調整するために、生まれてくる男性の数を増やしているのでは、ということ。たしかにこれはしっくりくる理由だ。現在の日本では、女性の方が男性より6年も寿命が長い。

ダヴィンチさん
生物学的にみて、女性の方が強いから寿命が長いという意見もあるね。

だから生まれた時点、そして若い年代では男性のほうが多いのだが、高齢になると逆転し、おばあちゃんの方がおじいちゃんよりも多くなるのだ。男性としては青春時代に女性の数が多い方がいいのだが…。そのほうが花の青春を楽しめそうだ…。

おすすめ記事

人間の寿命は125歳が限界という雑学
寿命はどこまで伸びる?人間は最高125歳までしか生きられない?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】希望通りの性別の赤ちゃんを生むには?

希望通りの性別の赤ちゃんを生むには?についてのトリビア

男の子のほうがわずかに生まれる確率が高いことは分かったが、出来れば生まれてくる赤ちゃんの性別を事前に決めたいという人もいるだろう。ここではそんな産み分けをしたい方向けに、確率を高める産み分けの方法を紹介する。

科学者くん
え!男の子と女の子を産み分けるなんてことできるんですか?!

『エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92』によると、性別を決めるのにカギとなるのは男性の精子。精子には2種類あり、どちらが卵子に受精するかで性別が変わってくる。具体的にはXの精子が卵子と受精したら女の子Yの精子が卵子と受精したら男の子になるのだ。

そして、Xの精子は酸性に強くYの精子より数が少ないという特徴がある。またYの精子は逆に酸性に弱く数が多く、スピードが速いという性質がある。またY精子は寿命が1日であるのに対し、Xの精子の寿命は3日と長い。

また女性の膣内は排卵日が近くなるほど酸性が弱まる性質があるが、排卵日2日前ならまだ酸性が強い。

以上の精子と膣の性質を踏まえると、排卵日2日前に性交すれば数が少ないXの精子でも酸性が強い膣内なので、受精する可能性が高くなる

また排卵日2日前なので、スピードの速いY精子が先に卵子と巡り合う場所(子宮膨大部)にたどり着いても、排卵日が来る前にY精子は寿命を迎えてしまう。

つまり、女の子(Xの精子)を生みたければ排卵日2日前に性交を行うといいのだ。

ダヴィンチさん
産み分けをしたい女性は、基礎体温を測ったり、検査薬や病院などで排卵日を把握しておく必要があるね。

逆に男の子を生みたければ排卵日当日が勝負。排卵日は膣内の酸性も弱まるので、酸性に弱いX精子にとってベストコンディションとなるのだ!

ただ、上記で解説したのはあくまで確率の話。夫婦間でも協力はもちろんのこと、生まれてくる赤ちゃんに罪はない。希望通りの性別でなくとも、ガッカリ顔を赤ちゃんに見せないようにしたい。

雑学まとめ

同じではない!男の子と女の子が生まれる確率はどっちが高い?についての雑学まとめ

いかがだっただろうか。今回は男の子のほうが生まれてくる確率がわずかに高いという雑学をご紹介した。子どもをプロ野球選手にさせたいと考えているお父さんにとっては、朗報だ。逆にAKBのエースにさせたいと思っているアイドルオタクのお母さんにとっては悲報だろう。

まあ差はあるといっても大した差ではないので、あまり気にかける必要はないかもしれない。

ダヴィンチさん
男の子であろうが女の子であろうが、生まれてくる赤ちゃんが親たちにとって大切な存在なのは変わりないよ。
科学者くん
そうですよね!お母さんは本当は女の子が欲しかったらしいけど、『世界で一番大切な子どもだ』ってボクのことをとっても大事にしてくれています!

おすすめ記事

ワニ・トカゲ・カメは卵を温める砂の温度で「性別」が決まるという雑学
赤ちゃんはオス?メス?ワニ/トカゲ/カメは卵の環境温度で性別が変わる【TSD】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー