アニメ 驚き

ディズニー映画の悪役の"最も多い死因"は?死ぬシーンをまとめてみた。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ディズニー映画の悪役の"最も多い死因"についての雑学

ディズニー映画に欠かせないのが、個性豊かな悪役だ。「白雪姫」の継母を筆頭に、「眠れる森の美女」のマレフィセントや「美女と野獣」のガストンなど、名作には魅力的な悪役がつきものである。

悪役といえば、基本的に最後は正義側にやられるものだ。ところで、ディズニー映画では、悪役のやられ方にはちょっとした法則があることを知っているだろうか?

もしも最後に悪役が死ぬ場合、最も多い死に方がある。というわけで今回は、ディズニー映画の悪役に関する雑学を紹介しよう。

【面白い雑学】ディズニー映画の悪役の"最も多い死因"は?

信長さん
ディズニー映画の悪役の死因で最も多いのは『転落死』だ。高いところに悪役が来たら、退場秒読み段階だな。
秀吉くん
なるほど。あとはもう落ちるだけってことっすね。

【雑学解説】ディズニー映画の悪役はこうやって死ぬ…

高いところにきたらフラグだ!というトリビア

ディズニーの悪役は、なんだかんだやられてしまうものだ。悪役が痛い目を見てやられるだけのものもあれば、悪役が死ぬことでハッピーエンドにつながることもある。

悪役が死ぬ展開で、最も多いのが「転落死」だ。どれくらい転落死の展開があるのか、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの長編作品で見てみよう。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの長編作品は、2019年段階で57個ある。その中で、悪役が転落死する展開があるのは、ざっと調べただけでも10作品

キャラクター作品転落死
継母(魔女)白雪姫崖から転落死
マレフィセント眠れる森の美女王子の剣が刺さったうえに、崖から転落死
クマきつねと猟犬滝から転落死
ラティガン教授オリビアちゃんの大冒険ビッグ・ベンから転落死
マクリーチビアンカの大冒険 ゴールデンイーグルを救え滝から転落死
ガストン美女と野獣野獣の城から転落死
フロロー判事ノートルダムの鐘ノートルダム大聖堂から転落死
クレイトンターザン厳密には転落する中、ツタが首に絡まったことによって死亡
カノタウルスダイナソー崖から転落死
マザー・ゴーテル塔の上のラプンツェル塔の上から転落死

このほかの作品では死亡することなく、何かで痛い目をみたり、死亡するとしても転落死以外の方法で「もう生きていない」ことを示唆する表現がされたりしている。

秀吉くん
ディズニー映画の悪役って、思ったより死ぬシーンが少ないってのにも驚きっす。

ちなみに、今回紹介したデータは「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」の長編作品に限ったものである。ピクサーや派生作品も入れると、もう少し転落死の悪役が増えるだろう。

近年の長編映画では、転落死の展開がすっかり少なくなってしまったが、悪役が死ぬとしたら転落死が基本となっている。物語終盤で彼らが高いところにいたら、サスペンス劇場のような犯罪の自供ではなく、転落死を覚悟しよう…。

スポンサーリンク

【追加雑学】印象的なやられ方をしたディズニー映画の悪役たち

印象的なやられ方をしたディズニー映画の悪役たちについてのトリビア

ディズニーの悪役のやられ方は、もちろん転落死だけとは限らない。

転落死以外で印象的なやられ方をした悪役たちを紹介しよう。

キャラクター作品やられ方
サイクスオリバー ニューヨーク子猫物語電車にひかれる
アースラリトルマーメイド王子が操縦する難破船の舳先(へさき)が刺さった
スカーライオンキングハイエナたちに食べられる
シャン・ユームーラン花火と一緒に飛ばされて爆発
ドクター・ファシリエプリンセスと魔法のキス異界の者に引きずり込まれる
信長さん
寺の中で燃やされた奴はいないのだな。
秀吉くん
信長さん…自分が悪役要素あるってことは分かってるんっすね。

これらの悪役たちは、いずれも死亡が示唆された結末をもつ悪役の中でも、特に印象的な最期を遂げたキャラクターたちである。

特に「オリバー ニューヨーク子猫物語」のサイクスや、「ムーラン」のシャン・ユーの最期には衝撃を受けたことを覚えている。

また、生存してはいるものの、痛い目を見ている悪役たちもいる。その一例を見てみよう。

キャラクター作品やられ方
フック船長ピーターパンワニに追いかけられる
クルエラ101匹わんちゃん愛車が大破したことによる自滅
ハデスヘラクレス

死者のいる川へ転落

神様なので死なない

秀吉くん
ハデスの『神様なので死なない』は正論っすわ…。

個人的に、生存したまま敗北する悪役は、どこか憎めないキャラクターであることが多いように思える。特に「ピーターパン」のフック船長や「ヘラクレス」のハデスは、愛すべき悪役といえるだろう。

「ディズニー映画の悪役」の雑学まとめ

悪は"落ちる"…。ディズニーの悪役で最も多い死因はなに?という雑学まとめ

今回はディズニー映画の悪役についての雑学をご紹介した。

悪役には、さまざまなやられ方がある。ディズニー映画の場合、最も多いのが「転落死」だ。

ファンの間では、直接的な描写をしなくて済むことと、ヒーローやヒロインの手を汚さないで成立することが理由で転落死が多いのではないか? と考察されている。

転落死以外でも、印象的なやられ方をしている悪役は多い。ディズニー映画を見るときは悪役の末路にもぜひ注目してみよう。

秀吉くん
ディズニー映画の悪役って、『悪』っていっても魅力的なキャラばっかりなんっすよね~。
信長さん
そうだな。ディズニー映画の悪役たちの雑学はまだあるから、以下にも目を通しておけよ。

おすすめ記事

"Let It Go"のおかげ!"アナと雪の女王"のエルサは悪役設定だった

続きを見る

"リトルマーメイド"のアリエルと悪役アースラの意外な関係とは?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー