犬・猫

かわいい…犬が地面にアゴをつけて寝る理由とは?【動画】

犬が地面にアゴをつけて寝る理由に関する雑学

夜眠るときに体を横たえず、スフィンクスのような伏せの態勢で、アゴを地面につけて寝る犬がいる。寝るときぐらい、もっとリラックスしてよさそうなものだが、どうしてあんな疲れそうな態勢で寝ているんだ? 犬にとっては、あの態勢が実は楽だとか…?

いや、犬は決して楽だからといって、スフィンクススタイルで寝ているわけではない。あの寝方には、古来、野生動物として彼らが過ごしていたころより続く、とある習性が隠されているのだ!

【動物雑学】犬が地面にアゴをつけて寝る理由とは?

犬はアゴの骨からの振動を通して、近づいてくる外敵を警戒している。

【雑学解説】スフィンクススタイルは、眠っていても瞬時に反応できる態勢だった!

スフィンクススタイルは、眠っていても瞬時に反応できる態勢だった!というトリビア

犬が地面にアゴをくっつけて寝ているのは、地面の振動で外敵が近づいてきたことを察知するためだ。

犬はアゴの骨が発達しているので、ほかの動物の足音など、微かな振動でも骨を通して感じ取ることができる。アゴを地面にくっつけて寝るのは、古来、野生動物として暮らしていた犬が安心して眠るために、自然と身に付けた習性なのだ。

たしかにスフィンクスのようなあの態勢なら、外敵に気付いたときもサッと立ち上がることができる。飼い犬でもそうやって眠る犬がいるのは、遺伝子レベルで習性が染み付いているから。つまり本能といえよう。

犬の寝方には心理状態が表れる?

犬の寝方には心理状態が表れる?というトリビア

遺伝子レベルの本能も、長く人間に飼われる歴史のなかで多様化しつつあるようだ。現代では犬の寝方にはそれぞれ、その犬の気持ちが表れているといわれる。ざっと以下のような感じだ。

  • アゴを地面にくっつける…警戒心が強い
  • 横向きに寝転がる…リラックスしている
  • 仰向きにひっくり返る…安心しきっている
  • 体を丸めて寝る…自分の内臓や体を温めようとしている

なるほど、睡眠という無防備な状態では、より犬の心理状態もわかりやすいということか。体を丸めて寝るのも、外で暮らしていたころの名残っぽい。

なかにはこの動画のように、微笑みながら寝る犬も…!?

寝顔もツッコミどころ満載だが、何よりそんな態勢で寝て疲れないのか? と思っていたら、案の定、動画後半ではちゃんと横になっている…。幸せそうな顔で、ウトウトしていたのかな?

スポンサーリンク

【追加トリビア】飼い主にアゴを乗せて寝るのは信頼の証

飼い主の膝などにアゴを乗せて寝る場合、その犬が飼い主を信頼していることの証である。犬は甘えたいからアゴを乗せるのであって、信頼していない人にはこの行動は取らない。

敏感に振動を感じ取れるアゴで、飼い主の温もりを直に感じたいのかもしれない。決して振動を察知して飼い主を見張っているわけではないぞ!

以下の動画のように、飼い主ではなくても犬は物にアゴを乗せることが多い。犬の体型からすると楽なのかもしれないな。ウルウルした瞳がとびきりキュートだ!

トリビアまとめ

犬がアゴを地面にくっつけて寝るのは、寝ている間に近づいてくる危険を察知するため。野生で暮らしていたころの防衛本能の名残だった。

ちなみに人間がアゴを床につけて眠るのは、単に疲れるだけなのでオススメしない。…というか、そもそも何かを警戒して眠る必要もない。犬の気持ちになってみるというなら、止めはしないが…。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.