意外 江戸時代

江戸時代と現代で物の値段はどう変わった?いろいろ比較してみました

江戸時代の品物の値段は現在だといくらくらい?に関する雑学

時代劇で登場人物が呑み食いをしているシーンがあるけど、団子とかお酒とか、現代だと一体いくらなんだろう? って思ったことはないだろうか?

そんな疑問に答えるため、ここではドラマの時代設定でもよく使われる、江戸のさまざまな物の値段を調べ、雑学として紹介しよう!

「蕎麦(そば)一杯は今だといくら?」といった、今も存在する食品のことから、当時の娯楽にもスポットを当て、現代の値段に換算していこうと思う。

この雑学で現代と江戸の値段の違いを比べてみると、物によってはその価格の差に驚くことだろう。

【歴史雑学】江戸時代の品物の値段は現在だといくらくらい?

江戸時代の蕎麦一杯は264円、米一升(1.5キロ)は1,650円、マグロ一匹は3,300円である!

ここでの値段の出し方は後ほど。

【雑学解説】値段の出し方!

まずは、ここでの雑学は「現代ならだいたい○○円」という「目安」であることを理解してほしい。なぜかというと、江戸時代は数百年あまりも続くため、時代の状況により、物の値段やお金の価値が必ずしも一定ではないからだ。

実際に、最小通貨の一文銭は江戸の初期だと25円だったのが、中期くらいには12円になっており、時代変化とともに通貨の価値も変わっている。

そこで江戸時代の物価の大まかな値を出すため、下の換算値で計算することにした。これは江戸を初期~後期までざっと通してみた場合の、通貨のおおよその平均だ。

金1両(小判1枚)=約6.6万円=銀60匁(もんめ)=銭4,000文(1文あたり約16.5円)

ここまでは大丈夫だろうか。もう少し説明が続くが、ちょっとだけ我慢してほしい。と、言ってもあとは値段を当てはめるだけだから、そんなに難しくならないことは保証しよう。

当てはめるとこうなる!

はじめに書いた蕎麦の値段を、円換算で出してみよう! 江戸時代は蕎麦一杯16文が一般的。使う貨幣は最小通貨の一文銭で、あとは上の換算値を代入するだけだ。

一文銭1枚が平均16.5円ということは、換算すると16.5×16文=約264円になる。計算自体はとってもシンプルな掛け算だ。

こうして値段をあらためて見ると、蕎麦はなかなか安いのではないか?

【追加雑学①】食べもの代表、お米はいくら?

次に、わたしたち日本人の主食、米の値段だ。米は武士の給料である禄高(ろくだか)として使われるほか、江戸の物価の基準にもなっていて、食べる目的以外にも重要な品物だった。

これが江戸時代での米のだいたいの価格だ。

米一升100文=1,650円

米一升は約1.8リットル、1.8リットルは約1.5キロくらいだ。現在だと米1.5キロは大体1,000~1,500円くらいになる。当時もそこまで高級というわけではないのだろうが、少しだけ割高に感じる。飢饉(ききん)や不作のときはもっと高いのだろう。

スポンサーリンク

【追加雑学②】色々あるぞ!江戸の物価その一

さて、他の食べ物や飲み物の値段はどのくらいだったのだろうか。

食品
  • 団子一串(4文)=66円
  • 寿司一貫(8文)=132円
  • 酒一合(180ml)30文=485円

庶民の食べ物とお酒。このあたりは、現代の価格とそんなに変わらない気がする。

魚介類
  • イワシ1尾(5文)=83円
  • シジミ一升(10文)=165円
  • マグロ1尾(200文)=3,300円

サイズにもよるが、マグロが破格の安値! ちなみに、初ガツオはマグロよりもはるかに高く、5200文=85,800円! …超高級品である。

関連雑学

大正時代までマグロの「トロ」は捨てられていたという雑学
モッタイナーイ!大正初期までマグロのトロは捨てられていた

続きを見る

【追加雑学③】江戸の物価その二

食べ物や飲み物の他に、雑貨やサービスなどの値段について調べてみた!

雑貨
  • 歯磨き粉1袋(8文)=132円
  • 手ぬぐい3尺(117文)=1,931円

歯磨き粉が安い。だが果たしてこの時代の成分効果に期待できるのかナゾだ。そして手ぬぐいが高い…製造機械がなく、すべて手作りだからか?

その他・サービスなど
  • 瓦版(新聞)1部(4文)=66円
  • 銭湯大人(8文)・子供(6文)=それぞれ132円・99円
  • 飛脚普通便書状一通(江戸〜大阪間25日・30文)=495円

銭湯入浴代は、現代なら大人400~500円くらいだ。それに比べてかなり安いが、江戸時代の大衆銭湯は汚かったらしく、衛生面はあまりよろしくないらしい…。

なお、飛脚に関しては特急便を使うと、同間およそ2〜3日で着くらしいが、書文一通(124文)=運賃2,046円へ一気に上がるようだ。

関連雑学

江戸時代の新聞販売員は内容を読み上げて客の気を引いていたという雑学
売上を伸ばす!江戸時代の瓦版の売り込み方法とは?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学④】まさしく江戸ならでは! 特殊な物の値段

江戸の娯楽は、まさにこの時代ならではの特別なサービス商品。以下が目安の値段だ。三つほど挙げるが、これまでと違い、文銭価格ではなく、値段もグーンと上がるぞ!

  • 吉原の太夫(最上位の花魁)一回挙げ代(1両2分)=99,000~?円
  • 歌舞伎の芝居・浅敷席(特等席)一席(銀164匁)=180,400円
  • 富くじ(宝くじ)一枚(2分)=33,000円

※2分=二分金=33,000円

江戸の物価を紹介している動画も発見!

動画では、この記事にない物の価格も出ているぞ! しかし…ゆで卵と豆腐の価格に正直ビビッてしまった。あと、日本刀ってやっぱり高かったんだな…どおりで上流階級の武士にしか帯刀が許されていないわけだ。

【追加雑学⑤】高級サービスについての補足

歌舞伎を見る場合、特等席の18万円は庶民におよそ手が届かないように感じてしまう。けれど安席の値段はそうでもない。一番安い立見席は、およそ16文=264円だ(蕎麦と一緒)。これなら庶民も芝居見物ができる。しかし、席の値段にここまで差があることに驚いただろう。

吉原の太夫と楽しいひと時を過ごすのも高い対価が必要で、上記で出した99,000円はあくまで一席辺りの目安の値段だ。しかも席代以外にもさらにいろいろとお金がかかるという話。太夫とムフフな関係までたどり着くには、実際、数百万円くらいかかるのかもしれない。

いずれにしろ、こんな高級サービスを楽しんでいるのは、○○屋の金持ち若旦那よろしく、一部のセレブだけであっただろう。

なお、富くじの当選金は一千両=6千6百万円だ! この時代でもやはり破格。千両って数字もキリがよく、江戸らしい。だが、くじ一枚が33,000円とは…。

ここで寸劇を一つ

ネットなどの情報手段が普及していないこの時代だ。そこいらへんの人の言葉やうわさ一つで物価が変わるのが普通だったのかもしれない。たとえばこんな感じで…。

町民A 「奥さん、あの魚屋のイワシ1匹4文ですって!」

町民B「あら、じゃあ今度はそっちの魚屋で買いましょう! 最近は亭主の酒代もバカにならないし、物は少しでも安い方がいいわ」

別の魚屋A「良いことを聞いたぜ、ならこっちは1匹3文で売ってやらぁ」

別の魚屋B(じゃあうちは少し鮮度が下がったイワシを…ブツブツ…)

別の魚屋C(なら、うちは腐りかけを…ハヘヒヒッ…)

最後の魚屋はかなり悪意があるが、こんなふうに安売り競争が江戸中で行われていたのかもしれない…。

雑学まとめ

江戸時代の物価に関する雑学を紹介したが、いかがだろうか。かつての江戸では、現代で高い物が安かったり、反対に安価なイメージの物が当時は高かったりと、逆転した値段にもなっていて、実にさまざまである。

もし筆者が江戸で暮らしていたら、やはり現代と同じように、少しでも安い店や、安い商品を探してまわりそうな気がしてくる。

そうなると歌舞伎の特等席や遊郭のような高価な娯楽は手が伸びづらい。ただ、もしかすると歌舞伎に安席があるように、あまりお金のかからないで済む、庶民に身近な娯楽が江戸にはたくさんあったのかも知れない。

関連雑学

江戸時代にも百円ショップがあったという雑学
商人魂!江戸時代にも百円ショップ(100均)みたいなお店があった

続きを見る

いま読まれている記事

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.